<   2010年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

大井町でおいしいグラタン

a0015766_1795279.jpg

大井町にあるグラタンとピザの専門店。寒くなると無性に食べたくなるのがグラタン。なかなかお店で食べられるお店が少ないので、寒くなってくるとグラタンが食べたくなりつい行ってしまうお店です。お店はオリガノというお店です。こじんまりとした街の人がふらっと通う感じのお店です。
a0015766_17124394.jpg

まずはグリーンサラダ。ひんやり冷えたサラダです。アンチョビドレッシングでいつも食べていたのですが、今回はマヨネーズ。家庭的な感じなサラダです。1人で食べるにはちょっと量が多いですがサラダなのでさっと食べてしまいます。
a0015766_1716227.jpg

エビマカロニグラタン。お皿からあふれそうなぐらいのチーズがのっかったグラタンです。表面にちょっとこげ目があるのもうれしいですね。フゥフゥいいながら食べました。ほかのメニューのピザもあるのですが、そのピザもイタリアンな感じではなく洋食屋のピザという感じで気になっているのですが、やはり、グラタンがおいしいのでグラタンをファーストチョイスとしてしまいます。ということでこの日も熱々のグラタンをおいしくいただきました。


[PR]

by y_flugels | 2010-12-31 17:06 | +おいしいもの

【J特】判断ミスで逃した元旦国立 vs 鹿島

a0015766_14445129.jpg

1年ぶりの準決勝進出となった天皇杯。試合前にはドロンパにあいました。準々決勝の熊谷での試合ではいまいちな運営だったのですが、さすがホーム国立、ホットミールやホットドリンクの売店もたくさんあって、カップ麺専門コーナーなどもあり寒さ対策は万全でした。せめてこれくらいの運営を各サッカー協会もやって欲しいものです。
a0015766_1450643.jpg

準決勝の対戦相手は鹿島アントラーズ。リーグ優勝どころかリーグ3位以内も逃し、ACL出場を狙っているチーム。もちろん、東京もACL出場のためには負けられない試合です。そして13年前に準決勝で同じカード、そのときも敗れているだけにリベンジをしたいところです。
a0015766_14523797.jpg

この試合のスタメンは前回の準々決勝とは変えてきてどちらかというと守備重視なのかな?という布陣でした。鹿島はほぼ前回の名古屋戦と同じ布陣。前半はどちらかというと東京ペースでした。鹿島がよくなかったこともあるのでしょうが比較的、東京はボールポゼッションもできていて押し気味に試合を進めます。守備も試合開始早々あわやというシーンもありましたが権田がしっかり押さえてからは安定した守りを見せてくれていました。先制は東京。リカのあげたボールを平山がまさかのオーバーヘッド。あれが枠に行っちゃったんだからびっくりだよ。で、てっきりバーに当たってゴールを割っていないから、その後押し込んだ椋原のゴールかと思ってしまったよ。いや、ある意味、椋原のゴールならそれはそれでおもしろかったけど。ただ、やはり1点だけでは勝てないなぁとは常々思っていたので追加点が欲しいところでした。
a0015766_154557.jpg

後半に入り、鹿島は布陣を変えてきました。おそらく東京に主導権を握られていたのを修正してきたのだと思いますが、そのあたりはさすが、だと思いました。引退を決意した大岩を早々に下げて勝ちに徹するのは常道ですがこの交代がうまくはまります。そうなると徐々に鹿島が攻撃の勢いを持ち替えしてきますが、まだ東京にも勢いがあったように感じました。決定的チャンスもありそこでシュートが打てなかったのが、今年、何度もみたシーンで、そういうところで流れがだんだん向こうに行ってしまうのでは?とも思いました。ゴール裏の雰囲気も前半のイケイケな雰囲気からちょっと押され気味な感じになってしまいました。そんな中、見事に同点ゴールを決められてしまいます。ただ、それでも同点にはなりましたが、東京にもつけいるチャンスというかもう一度突き放せる、という感じはありました。交代も2枚切った後にリカが足を痛めて明らかに運動量が落ちてサイドの推進力が落ちていたのに、交代しなかったベンチワークには疑問がありました。試合よりもいつ交代するのか?の方が気になって集中できなかったのは事実です。
a0015766_15121255.jpg

そして延長戦へ突入。ただ、正直、このときも鹿島が勝っても東京が勝ってもおかしくないと思っていました。それほどみていて大きな差はないと感じていました。ただ、リカのところが気がかりだったので延長に入るときに交代するのかと思ったらそのまま続行。延長戦は鹿島が息を吹き返しかなり防戦一方。特に鹿島の場合、FKですら一発で決める力があるのでファールですら与えてしまうとどきどきでした。そして致命的なプレーがあります。米本が延長前半に2枚目のカードをもらって退場に。正直、この日のジャッジの基準で言えば、あのカードは大いに疑問が残るところではあります。かなり流し気味にしていただけに、あれカード?という感じでした。そこまで比較的安定なジャッジをしていた佐藤主審なだけに残念でした。
ただ、1枚失っても東京はしっかり最後のところでぎりぎりで守っている感じでした。ただ後半から気になっていたリカのところ、全く持って交代の気配がないベンチワークにはかなりいらいらしていました。
a0015766_15171037.jpg

延長後半もピンチを権田が気合いで抑えたりでなんとかしのいで時間が過ぎていきます。東京はPK狙いなのかな?とも思える感じもありましたが、とにかくリカを変えろ、と思っていました。でようやく残り10分のところで交代。ここでまた、え!?と思った交代。1枚減っていて、守備もしつつ攻撃もできる選手を入れると思っていたので、羽生か松下かと思ったのですが、大竹。ここも正直、疑問が残りました。もちろん米本が残っていれば大竹という選択肢はあったでしょうが、守備力が落ちているのですからそれはないだろう、と思いました。
大竹も数回は決定的なチャンスも作りましたが時間が刻一刻と過ぎていきロスタイムに。ここまできたらしっかり試合をクローズしてPK勝負、かと思った矢先に、まさかのロスタイムに失点。しっかりクリアしたりキープしたりで時間を使っていくべきところを不用意にボールを取られての失点、今年、幾度となく見た、引き分けを負けにされた試合、勝ち試合を引き分けにされた試合、ここでまた見ることになってしまいました。
こうなるともう時間も選手の気持ちもありません。1-2で敗戦、準決勝敗退となりました。

結局、今年を象徴する試合でした。90分では先制したものの逃げ切れず引き分けにされた試合、延長戦では引き分けで逃げ切れるのに最後の最後で失点して勝ち点を失った試合、最後まで残念な結果でした。

判断ミス、まずはやはり述べたように交代の切り方。これは疑問の残ったものでした。特に最後の1枚の投入の時間帯、チョイス、正直、来年、大熊でいいの?とすら信頼が揺らぐほどのものだったと思います。
そしてもう一つの判断ミスはゴール裏。勝っていたり、まだ負けていないのに、負けフラグのあのテンションの下がる「La EDOGAWA」(戦え~俺の東京、今日も勝利を信じて、はじけようEL TOKYO 負けるわけはないさ」を歌い続けたこと。いずれの失点シーンもこの歌を歌っているときに取られました。前から私の観戦仲間とは言っているのですが、この曲を歌って逆転した記憶がない、というほど、負けソングだと思うのです。負けている状態で歌うのはいいのですが、リードしている、同点でこの歌はないだろ~とは思っていたら、案の定でした。

何度も言うように勝てた試合だったとは思いますが判断ミスにより決勝元旦国立が手から滑り落ちた、そんな印象の試合でした。

そして試合後、続々と移籍情報なども発表になり、赤嶺はもとよりキムヨングンの完全移籍も決まりました。この試合でもいい守備を見せていただけにかえすがえすも残念でなりません。

ところで社長は退任、コーチ陣も監督の大熊さん以外は交代、と選手も現場も血が流れました。
でもさ、本当に血が流れなきゃいけない強化部、特にそこの責任者は前の2005年、2007年の不振の時にも責任をお取りになりませんでしたが、今回も自分だけは安泰なのでしょうか?最近の強化方針の迷走ぶりの責任はあなたにあるんじゃないですかね?強化部長さん。逃げてないでしっかり自分の言葉で2010年の結果の総括と責任をお取りになっていただけないのでしょうかね?
[PR]

by y_flugels | 2010-12-30 23:43 | ++FC TOKYO

【J特】 熊谷でもらったクリスマスプレゼント vs アビスパ福岡戦

a0015766_22573321.jpg

FC東京とアビスパ福岡の試合がなぜか?なぜか?熊谷で開催という嫌がらせにも負けずに熊谷まで行ってきました。ということでただでは転ばない・・・熊谷グルメをまずは堪能。ということでエキナカにあった熊谷うどん。熊たまやに入りました。
a0015766_2305891.jpg

店内に入るとまずは七味とゴマ。自分で混ぜ合わせて食べることができるので出てくるまでオリジナル七味を作って待ちます。が、この日はサッカー開催を想定してなかったのか?かなり厨房や店内はパニック気味。しかもお昼を過ぎた後なのにご飯がなくなるという事態。うちのイナゴどもが食い尽くしたのでしょうかね?
a0015766_235166.jpg

結局並んでいる時間を含めると1時間近くかかってようやくうどんにありつけました。地産地消ということで埼玉の素材を使ったメニューです。久々に卵かけご飯を食べました。
a0015766_2364292.jpg

熊たまぶっかけうどん。温玉、焼豚、茸炒め、とろろなどがトッピングしていました。時間がなかったので、ちょっとかっ込む形になってしまったのが残念でしたが、意外とおいしかったです。
a0015766_231099.jpg

食後、試合開始1時間半前に駅のバス乗り場に行ったところ、大行列。しかもバスがほとんど来る気配なし。まぁ自分もちょっとのんびりしすぎた部分は否定しないにせよ、ちょっとひどい。結局、1時間待たされて、スタジアムに着いたのは試合開始4分前。こう言っては何だが、埼玉県サッカー協会も天皇杯を主管するのなら、少なくとも自由席の売れ具合は分かっているわけだから、事前にバス会社ともっと調整すべきだと思う。まして、Jを2球団抱えているサッカー協会なのだからノウハウがないとはいいがたい。そもそも熊谷でやること自体、非常識極まりないのだが。浦和が埼玉スタジアム、大宮がNACK5を使うことを拒んだのだろうか?
a0015766_23155145.jpg

この日はクリスマス、ということで、スタンドにはサンタ帽をかぶったサポーターがたくさんいました。
a0015766_23165297.jpg

前半。東京も福岡も一進一退の攻防を見せるものの、なんだろう?京都戦から2週間、あの時からどのくらい変化したか、と期待を持って見ていましたが残念ながら、改善された部分は少なかったように感じました。
そして京都戦を引きずるようにあっけなく失点してしまいます。北斗はその直後に交代したから、なんかアクシデントがあって失点、という感じだったのでしょうか?いずれにしても、京都戦と同じようないやなムードが漂います。深いところまで押し込んでいるのですが、なかなか点が入らない、ゴール前で横パスといういつもの展開です。
そういえば交代で入ったヨングン、将来性を感じるよなぁ~大宮がちょっかい出しているみたいだけど、残って欲しいなぁ。
a0015766_2333669.jpg

ハーフタイム。トイレから帰る途中、富士山が見えました。さすが・・・。なんかいいことあるかな?
a0015766_23341157.jpg

後半。多少修正されてきて攻撃のリズムは出てくるものの福岡の守備も堅い。なかなかチャンスをつかめずとにかく時間だけが過ぎていきます。決定的チャンスもオフサイドの判定。
風邪を押して言ったのですが、自然と試合中はのども痛みも咳も出なかった中でとにかく応援していきます。しかし、ほんとに京都戦と同じように焦りは感じるもののぜんぜん得点の匂いがしない、そしてつまらないミスが多く目立つようになります。梶山のパスミスや、リカルジーニョの独りよがりなプレーなど・・・イライラとJ2降格して天皇杯ではJ1昇格のアビスパのお膳立てをしてこのまま「負け犬」で終わるのか?そんなことも頭をよぎり始めます。
そんな中、「意地見せろ」コール。ここでちょっと折れそうになった自分の心にももう一度奮い立たせることができました。そしてロスタイム。ほんとになかなかチャンスは作るものの点が入らず、ロスタイムももう終わりじゃない??と思ったまさにラストプレー・・・点が決まったときは誰だかわからなかったのですが、とにかくネットが揺れてゴール・・・。今年、こんなシーンを見たことあった?というくらい劇的な同点ゴール。しびれました。(むしろこんなシーンを何度見せられたことか・・・)京都戦に欲しかったこのゴール、決めたのはナオ。自身のブログで常々、サポーターに恩返しをしなくては、と言っていた男の一振りで東京は首の皮がつながりました。
a0015766_23455821.jpg

ハーフタイム。意気消沈する福岡側に対して東京は選手もサポーターも今までの鬱憤を吹き飛ばすようないい雰囲気。クリスマスソング→J1なんてラララ→J1だけには負けられない~!とメドレーで盛り上がります。自虐的とかいろいろ意見あるけど、東京のゴール裏なんてもともとやんちゃなんだし、他のチームみたいにきちんとやらずに即興でチャントができたりグダグダ感があったほうが東京らしい。
a0015766_234935100.jpg

すっかりナイター状態になった延長戦。東京は一気にガクッと来た福岡を攻め立てます。ゴール裏も今年はシーズン早々に封印してしまった♪東京こそすべて、で一気に盛り立てます。こうなると見えない呪縛から解き放たれたかのように選手が躍動しだします。平山が相手DFを吹き飛ばしてゴールを狙えば、大竹が絶妙のスルーパス、ナオは平常心でGKをかわす、気づけばあっという間に3-1。正直、選手もサポーターも勝利を確信しました。ところが延長後半、今年の東京の弱さが出てしまいます。メンタル的なものなのか?押し込まれるようになると消極的になりミスも目立ち、セットプレーからあっけなく3-2に。この後はもう防戦一方。あわや同点ゴール、まで食らってひやひやどきどきの時間でした。あと、両チームの選手もかなりヒートアップ、激しくやりあうシーンもありました。リカのつば吐き疑惑が問題になっていますが、スタジアムレベルで見る限りよく分からなかったですし、レフリーもアビスパベンチを制していたので、なんともいえない感じでした。
そんな感じで気づいたら試合終了、という感じで笛が吹かれたそんな感じでした。
a0015766_23551413.jpg

結果、3-2で東京の勝利。それにしても天皇杯意外と延長が多くなりますね。これでベスト4入り、賞金2000万以上を獲得したことになります。それにしても92分はひどい試合でしたが、その後に今シーズンでも1、2を争う(というかほとんどそんなシーンはなかったですが<苦笑)劇的なゴールを見ることができました。
とにかく選手もサポーターもJ2降格に天皇杯準々決勝敗退ではなんとなく”負け犬”感があったので、一安心という感じでした。
ただ、正直、今日の試合内容では来年のJ2のシーズンを勝ち抜くのはちょっと厳しい感じも受けました。それは元旦が終わって新しいシーズンに入るまでにしっかりチーム作りをして欲しい、そうしないと、1年での復帰は難しいように感じます。
a0015766_2358176.jpg

久々に楽しい選手挨拶になりましたね。ゴール裏から投げ込まれたサンタ帽をかぶっての挨拶。笑いありの東京らしい試合終了の挨拶になりました。
a0015766_003481.jpg

さて、準決勝の相手は鹿島アントラーズ。相手に不足なしです。鹿島もリーグでACL出場権が取れていないので、取りに来ると思いますが、ただJ2降格じゃつまらないのでここは勝ちたいですね。13年前のリベンジもありますしね。準決勝、決勝とわがホームでできるのはうれしいですね。
a0015766_043449.jpg

しかしその勝利の余韻を吹き飛ばす出来事が試合後に。スタジアムから熊谷駅までのバスがぜんぜん来ないのです。シャトルバスをそもそも運行しないという埼玉県サッカー協会の運営能力の低さを露呈する結果となりました。気温はおそらく5℃、体感温度はもっと低かったでしょう。その寒空の下、私は1時間半近く、遅い人は2時間半以上もバスを待たされたのです。観客を凍死させる気でもいたのでしょうか?
そもそも他の試合はJのホームスタジアムで開催されていたのに、この試合だけ、なぜか、埼玉の奥地で開催、しかも両チームにとってはまったくの関係ない場所、嫌がらせの何者でもありません。埼玉県サッカー協会も辞退すればいいものを辞退しないで、とりあえずやっとけ、的な結果がこれでは不愉快極まりないです。正直、こんなことなら、丸亀で開催していただいたほうがよっぽど良かったです。少なくとも入場券の売れ行き、そしてHPでは公共交通機関を使え、と歌っている以上、きちんと会場からの輸送手段は確保すべきです。埼玉県サッカー協会は大いに反省すべきでしょう。

なお今回の不手際については宇都宮徹壱さんのコラムにも指摘があります。
FC東京、来季への教訓
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/jleague/2010/text/201012260002-spnavi.html

また後藤健生さんも指摘していますね。
【後藤健生コラム】今季を象徴する試合も、逆転勝利のFC東京
http://www.jsports.co.jp/press/column/article/N2010122601311402.html
[PR]

by y_flugels | 2010-12-25 22:53 | ++FC TOKYO

仙台遠征とクルージングの旅【その5】バイキングディナーと食後のお楽しみ

a0015766_23264696.jpg

出港まで時間があったので先によるご飯をとることにしました。ということで船内のレストランHAITIへと向かいました。(もちろん別料金です)
a0015766_2331344.jpg

メニューはバイキングのみで2000円、ただし、サーロインステーキや握り寿司などもあり結構、バリエーションのあるメニューでした。
a0015766_2334857.jpg

思ったよりレストランは空いていました。意外と船内レストランで食事をする人が少ないのでしょうか?
a0015766_2338133.jpg

ということで盛り付けてみました。サラダに揚げ物、ご飯にお寿司にお味噌汁、そしてサーロインステーキ。サーロインステーキはその場で焼いてくれるので焼きたてです。
a0015766_23402494.jpg

デザート。ぶどうにチーズケーキにお団子?がありました。そしてアイスクリームもあったのでアイスクリームもゲット、意外と食べ過ぎました(苦笑)
a0015766_23452087.jpg

食事を終えて船のデッキに出てみるとちょうど出港のところでした。タグボートが曳いていく様子を見ることができました。
a0015766_23471726.jpg

出港して少しの間デッキの上で海風を浴びながらボーっとしていました。船旅ならではの醍醐味ですが、さすがに10月、ちょっと寒かったのですぐに撤退をしました。
a0015766_2350980.jpg

船の中に戻り、BSでサッカーの試合の中継をやっていたのでそれを見ていましたが、それが終わったので、船内にあるミニシアターに行ってみるとピアノの演奏会が行われるということでせっかくなので時間もありますので中に入ってみました。
a0015766_2352264.jpg

みんなが知っているアニメソングなどを中心に演奏されていました。どちらかというとみんなの知っている曲を演奏するという感じでした。
a0015766_23535814.jpg

続いて映画が上演されました。ちょうどハリーポッターを上演していましたが、23時からということもあり、またいまひとつハリーポッターの世界観がわからないこともあり途中で眠くなってしまい、ストーリーもよくわからないまま途中で退室してしまいました。

☆つづく
[PR]

by y_flugels | 2010-12-24 23:25 | +Travel & Trip

ローソンのプレミアム純生クリームプリン

a0015766_2382262.jpg

またまたこちらのブログに触発されてローソンで Uchi Cafe をゲットしました。
a0015766_23121814.jpg

生クリームがのったプリンでしたが、やっぱりコンビニで売る生クリームって限界があるのか、生クリームがしぼんでしまった感じで、ちょっと残念でした。でも下のカラメルはビターな感じだったので甘い中にも苦みがあっておいしかったですね。ただ、これなら生クリームはいらなかったかも、と思ったりもして。
[PR]

by y_flugels | 2010-12-19 23:14 | +おいしいもの

大戸屋で広島産カキのせいろご飯と たっぷり根野菜の味噌煮込み スープ定食

a0015766_2247410.jpg

秋になりだいぶだるくなってきて、スタミナをつけたいなぁと思って、汐留でマッサージをしたあと、夜ご飯。ということで行ったのは大戸屋。そろそろ蠣が出てくるシーズンだなあと思ったら、カキフライも捨てがたかったのですが、広島産カキのせいろご飯と たっぷり根野菜の味噌煮込み スープ定食を見つけました。
カキのセイロご飯はカキの味がしてセイロご飯という感じでしたがちょっと量が少ない感じを受けました。ただ、たっぷり根野菜の味噌煮込みがけんちん汁というかそんな感じで胃に染みいっておいしかったです。
[PR]

by y_flugels | 2010-12-18 22:45 | +おいしいもの

初めての正田醤油スタジアムへ【その2】小山のビストロでオムライスオニグラスープ

a0015766_235632.jpg

前橋駅に戻ってきました。ここからほとんどの東京サポーターは高崎方面に向かっていました。この日のレフリーの集団もそっち方面でしたね。でもあえて逆方面に向かってみることにしました。ということで小山へ向かいます。
a0015766_2363229.jpg

すっかり真っ暗になった小山駅に到着しました。ここで宇都宮線に乗り換えるのですが、夜ご飯を食べるために降りてみました。
a0015766_231192.jpg

小山でお邪魔したお店はこちら。ビストロ・ぽわぶるさんです。小山では隠れた人気のお店なんだそうです。
a0015766_23141872.jpg

まずはサラダ。セットにしたのでサラダ付きです。オリーブオイルがパンにかかっています。
a0015766_23152313.jpg

オニオングラタンスープ。こちらのお店の名物なんだそうです。写真左上に赤いのが見えますが、これ、塩が燃えているのです。
a0015766_2317712.jpg

オムハヤシ。オムライスは168時間煮込んだと言うのがウリな濃厚なソースでした。やっぱりビターな感じでおいしかったです。オニオングラタンスープとハヤシライスとサラダのセットで2000円でお釣りが来るので、けっこうリーズナブルな感じかもしれません。
a0015766_23203837.jpg

小山からは思わず、グリーン車に乗ってしまいました。ちょっと眠かったのでゆっくり寝たかったこともありましたので。ただ、やっぱり在来線のグリーン車はイスは固めだよね。

☆おわり


[PR]

by y_flugels | 2010-12-17 23:22 | ++鉄道の旅(18きっぷetc.)

初めての正田醤油スタジアムへ【その1】絶品鶏めしと前橋散策

a0015766_2225490.jpg

天皇杯はなぜか北九州と対戦なのになぜか正田醤油スタジアム。ということで前橋まで行ってきました。スケジュールでは直通便があったのでそれで行く予定でしたが、まさかの浦和での人身事故、で、ダイヤが乱れてしまい、これに乗らず別の列車で行くことにしました。そんなわけで乗った電車は高崎行き。
高崎駅で降りたらなんと駒場に行く浦和のサポーターに遭遇。群馬から通っているんですね。
a0015766_2265871.jpg

高崎駅で幸いにも乗り換え時間ができたので、Twitterなどでつぶやかれていた高崎名物をはじめてゲット。駅ナカにある登利平のお店です。前に来た高崎パスタのお店の対面でした。
a0015766_2237636.jpg

高崎から両毛線に乗っていざ、前橋へ。前橋からは駅前のシャトルバスで正田醤油スタジアムへと向かいました。試合の模様はこちら
a0015766_2243547.jpg

お昼ご飯は先ほど購入した鶏めし。
a0015766_2252052.jpg

中味はこんな感じ。この鶏がお弁当なのに固くなくてジューシーでおいしかったです。はっきり言って鶏弁当ではベスト3には間違いなく入るお弁当です。高崎でお弁当というとちょっと微妙感がありましたが、これはいいですね~。
a0015766_22535662.jpg

試合後は降格するなぞつゆにも思っていなかったので、せっかくなので、ということで歩いてスタジアムから駅まで向かいました。ちょうど前橋市内には国道50号線がありました。
a0015766_22575666.jpg

レトロな建物なんかもあっていい雰囲気の町でした。
a0015766_22583224.jpg

こういう建物ってすごく雰囲気があって存在感があっていいですよね。
a0015766_2302424.jpg

こちらの建物は群馬県庁。こうやって古い建物を残しているのっていいですよね。
a0015766_231137.jpg

奥にそびえ立っている建物が県庁舎の増設部分でしょうか。こうやって古い建物と新しい建物が共存しているのがいいですね。

☆つづく
[PR]

by y_flugels | 2010-12-16 22:00 | ++鉄道の旅(18きっぷetc.)

築地の新三浦 ガーデンで親子丼ランチ

a0015766_23382072.jpg

築地でお昼ご飯、場外、場内は混んでいるのでたまには街中のお店、と言うことで気になっていた新三浦ガーデンでランチを食べることにしました。元々は博多の水炊きのお店だそうです。
a0015766_2344574.jpg

ということで親子丼です。トロトロの卵の下に鶏肉が入っています。とにかく卵がトロトロなのでススッと食べることができます。鶏肉も歯ごたえがあっておいしかったですね~。
a0015766_23463079.jpg

親子丼をアップで。嬉しいことにこれで1,000円でお釣りが来るのですからお得なランチです。土曜日は比較的お昼時でも空いていそうです。また親子丼が食べたくなったら行きたいです。
ちょっと裏手なので分かりにくいですが、行く価値はありそうです。

[PR]

by y_flugels | 2010-12-11 23:48 | ++花火

Pour Cafeで山形ラーメン

a0015766_23183768.jpg

よくいく銀座のPour Cafe。だんだんと寒くなってきたので水ラーメンはさすがに寒くなってきたので普通の山形ラーメンを食べてみました。
シンプルなしょうゆラーメンでしたがちょっとスープがかつおぶしの味が強いかな~という感じでした。水ラーメンだとおいしく感じるんですけどね。個人的には水ラーメンの方が好きかな。でも飲んだあとに食べたらこれくらいしっかりした味の方がいいのかもしれませんね。

[PR]

by y_flugels | 2010-12-10 23:15 | +おいしいもの