東京マラソン2011 泉岳寺から折り返して

a0015766_22124997.jpg

再び東京マラソンの続きです。
快調に品川の折り返しを目指して進んでいきます。
a0015766_22202565.jpg

折り返しの手前で亀田兄弟を発見。ランナーに声をかけられると手を振ったり意外とフレンドリーでした。
a0015766_2230277.jpg

いよいよ品川の折り返し地点が見えてきました~。東京マラソンはここからが楽しい、そんな感じです。
a0015766_22312299.jpg

折り返しです。
a0015766_22315159.jpg

今来た道を日比谷まで折り返します。ちょうど、このあたりで5:00のペースメーカーを発見しました。
a0015766_22413971.jpg

今度は復路から往路のランナーを見ながら走ることになります。またまた知人を探しながら走っていきます。
a0015766_22445768.jpg

途中でAKBの秋元に再会。曙橋で抜いてまたお会いしました。ちょっとペースが上がってきた感じでしょうか?
a0015766_22461371.jpg

札の辻で東京タワーとも再会。
a0015766_2246551.jpg

こちらはUstreamで実況中継している英国人ランナー。今年も参加です。今年は風力発電などもしてバッテリーを確保していたようです。
a0015766_22483645.jpg

田町まで戻ってきました。このあたりで知人が見ていたようです。
a0015766_2372063.jpg

沿道で見たBEER STOP の文字。もしかしてここでビールが飲めたのでしょうか?
a0015766_238885.jpg

さて、そろそろランナーのカズもまばらになってくると見えてくるのが審判、という車です。
a0015766_239141.jpg

そしてその後ろから迫り来るのが黄色い恐怖、”収容”のはとバスです。このバスに追いつかれてしまうと時間切れ、収容されて棄権扱いになってしまうのです。ランナーにとってはこの日だけど乗りたくないバスです。
[PR]

by y_flugels | 2011-05-31 23:10 | +RUN

【J特】因縁の京都で悪霊退散? vs 京都戦

東京マラソンの報告はちょっとお休みして・・・。

a0015766_22572120.jpg

去年の12月屈辱のJ2降格を目の前で見ることになってしまった西京極に半年ぶりに戻ってきました。
未だにJ2での戦いぶりに確固たるものが見いだせない我が東京ですが、ここ因縁の地、京都であの時のリベンジをして上昇気流に乗りたいものです。
a0015766_2259408.jpg

この日は京都のスポンサーの宝酒造のスペシャルデーとのことでした。ちなみにプレゼントのチャンスはアウェイ側のサポーターにあったのは嬉しい限り。
a0015766_2315178.jpg

そういえば西京極はホームとアウェイが入れ替わったんですよね。去年まではちょうど、向こう側の京都のサポーターのいるあたりに陣取っていました。
a0015766_2361422.jpg

対戦相手の京都もJ2降格し、祖母井GMに大木監督を迎え1年でJ1復帰を目指しているのですが、東京同様、今ひとつ波に乗れていない相手、ここはしっかり勝っておきたいところです。
それにしてもこの日の雨はかなり激しく冷たい雨でした。
a0015766_238137.jpg

この日は今までスタメンで出場していた達也に代わり大竹がスタメン、さらに、徳永がサイドバックに入り、秀人がボランチという布陣。個人的には徳永がサイドバックに入ったのは心強いですね。巧、椋原のサイドバックも悪くないんだけど、馬力のある推進力や安定したクロスなどはやっぱり徳永の方が上だと思います。
序盤は京都、東京ともボールを回しながらの試合運びでほぼ互角。徐々に東京がボールを回しながらリズムを作っていきます。草民は前節同様いい動き、大竹も最初は試合に入り込めていない感じでしたが徐々にボールに絡んでいくような感じ。
先制は東京、あれ?という感じでするすると抜けてゴール、前節同様、なんかわからないけど、決まっちゃった、という感じのゴールでした。今まで、なかなかゴールが決まらなかったのが嘘のようにあっさりと入ってしまいます。
ただ、東京の良くないのは先制すると急に相手に主導権を握られ、相手に押し込まれると言うところ。この日もそんな感じの雰囲気でまたしても同点に追いつかれます。これはメンバーが替われど、改善されない悪いところ。そしてまたしても「泥沼ドロー?」という重い雰囲気になります。
ところがこの日、違ったのは今までは全く得点の香りのしなかったセットプレー、この日は大竹がスタメンだったこともあり、CKから再び勝ち越し。しかもすごい打点の高いヘディングだったのでてっきりモリゲか今ちゃんか秀人かと思ったら、草民のゴール。
これで流れは東京に。相手京都のミスを大竹が流し込んで前半にして3-1。2-1の時は京都もしっかりビルドアップしてという感じでしたが、3-1になって集中が切れたような感じでした。
ただ一瞬、京都に流れが傾くかと思われた決定的瞬間も権田がファインセーブで流れを東京に引き寄せます。
a0015766_2339367.jpg

後半もすっかり東京ペース。ボールを回しながら攻撃のリズムを作り再三ゴールを脅かす感じです。今までには見られなかった連動性のある攻撃、ハードワーク、全てが今までなんでうまくいかなかったの?と言うくらいかみ合っている感じでした。特に梶山、大竹、草民、羽生、そしてセザーのコンビネーションはますます良くなってきた感じ。草民のゴールもセザーに預けて抜け出した草民のゴール。見ていてもおもしろいサッカーですし雨の中の観戦でしたが、雨が苦痛にならないくらいの試合でした。思わず試合中に久々のSEXY TOKYOコール。
a0015766_23431073.jpg

最後は梶山、今野も引っ込めて休ませての4-1での快勝。今年に入って初めてじゃないかな、心から「勝った!」と喜べた試合は・・・。京都は悪いサッカーではないんだけど、ちょっと前のウチみたいに何かがかみ合っていない感じでした。ウチはやっぱりこの日も草民がいい働きをしていましたね。このままスタメン定着かな?
a0015766_2345229.jpg

今野が引っ込んだので権田がキャプテンマークをつけ先頭で・・・いずれは権田がキャプテンになる日も来るんだろうなぁ。
a0015766_23462652.jpg

この日も2得点の大活躍のこの人。ちょっとやる気なさげなシャー。ちなみにこの後、バースデーの塩田がベンチ裏から呼び出されバースデーの歌とシャーを披露。

去年から遠征といえば遠くまで行って辛い思いをするトラウマになりつつありましたが、因縁の地でそれが払拭されるきっかけになりそうなゲームでした。
[PR]

by y_flugels | 2011-05-30 23:49 | ++FC TOKYO

東京マラソン2011 皇居から泉岳寺くらい?

a0015766_23102817.jpg

気がつけば早いもんで10kmとフルの人が分かれる分岐点にやってきました。やっぱり10kmは短いからもったいないよなぁと言う気がします。
a0015766_23191945.jpg

皇居のお城を見ながら・・・。このあたりはまた道が狭くなってくるので結構、混雑してきます。
a0015766_23222471.jpg

二重橋前を通過します。今年は天気に恵まれた格好でこのあたりではちょうど寒くもなく暑くもなく、という感じでした。ただ、自分はちょっと防寒しすぎたので暑かったです。
a0015766_23233283.jpg

祝田橋を過ぎて左に曲がると正面にペニンシュラホテルが見えてきます。日比谷の交差点です。
a0015766_23264615.jpg

10km地点です。10kmの方はここで終了。おっと目の前にタイガーマスクのお面をかぶったザスパのユニを着た方がいらっしゃいますね。
a0015766_2332711.jpg

左側は10kmのゴールです。10kmの皆様、お疲れ様でした。
a0015766_23333355.jpg

ここからはフルマラソンのランナーのみがゴールを目指します。あんまり人も減った感じもせず、品川の折り返しを目指します。
a0015766_2335631.jpg

新橋を過ぎ御成門のあたりにさしかかると東京タワーが見えてきました。このコースの最初の目玉と行っていい景色です。
a0015766_23364343.jpg

もう一枚、走りながら・・・。
a0015766_2338456.jpg

芝公園を過ぎてNEC本社ビル前を通過、そろそろ田町にさしかかります。
a0015766_2339878.jpg

このあたりは往路と復路がすれ違う場所。知り合いを探しながらのRUNとなりましたが、残念ながら合うことができませんでした。
a0015766_234073.jpg

沿道では至る所でパフォーマンスが行われていますがこれはちょうど田町の手前あたり、よさこいが行われていました。
a0015766_23425100.jpg

田町駅前を通過。まだ1/3にも達していませんがこのあたりまだ余裕な気分で走っていました。
a0015766_2343570.jpg

宅急便のお店のまではクロネコさんが応援してくれていました。
a0015766_23442740.jpg

こんな着ぐるみで走っている人もいらっしゃいました。
a0015766_2345545.jpg

そして今年もイエス・キリストを発見。今年はチャリティ枠での参加だったようですね。
a0015766_2345555.jpg

ちょうど泉岳寺のあたりではゴスペルを歌っている方々がいらっしゃいました。
[PR]

by y_flugels | 2011-05-27 23:46 | +RUN

東京マラソン2011 新宿から皇居まで

a0015766_2295684.jpg

新宿を抜けて最初のトイレの場所、でしたが、この通りの行列。すごいことになっています。去年の教訓からスタート前にトイレを済ませておいたのですが正解でした。
a0015766_22124724.jpg

正面に見えるのはスカイツリー!?いえいえ、市ヶ谷の自衛隊です。
a0015766_22135167.jpg

曙橋の手前あたりで5:30のペースメーカーを発見。去年は皇居の祝田橋交差点付近で見かけたのでだいぶ速いペースで走ってきたことになります。
a0015766_22174045.jpg

曙橋までやってきました。ようやく人もばらけてきて少しづつペースを上げて走ることができるようになりました。まだまだ序盤戦、でもこのあたりはあっという間に通り過ぎてしまうんですよね。
a0015766_22205313.jpg

このあたりはゆるい下り坂で意外と楽に脚が進んでいきます。左は市ヶ谷の自衛隊です。
ちょうどこの辺で、AKBの秋元に遭遇。かなり遅いペースで走っていてあっさり抜いてしまいましたが、あのペースでゴールできるの?という感じでした。
a0015766_22221027.jpg

市ヶ谷の自衛隊の前では演奏が行われていました。ちなみに写真の右端に映っているトルコ人の方はずっと笛を吹きながら走っていました。
a0015766_22231876.jpg

坂を駆け下りて視界がぱっと広がるとそこはJR市ヶ谷駅付近です。それにしてもすばらしい晴れの天気となりました。
a0015766_22241412.jpg

アンパンマンとナス、大根。
a0015766_22244420.jpg

追い抜いてからもぱちり。
a0015766_22264010.jpg

5kmの最初の給水ポイント。そういえばあの5kmの通過ポイントでセンサーが鳴る「ピピピ」という音、東京マラソンだなぁと個人的に感じる音の一つ。この日は暑かったので迷わずアミノバリューを取ります。
a0015766_22314833.jpg

給水をして再び走り出します。飯田橋のガードが見えてきました。このガードをくぐったところでモー娘。のヨッシーを発見。こちらも思ったよりきつそうな感じの走りをしていました。こちらも意外とペースがゆっくりだったので抜いて先を行きます。
a0015766_22364594.jpg

飯田橋から九段下方面へ。靖国神社前は通らず手前で西神田方面に曲がる感じになります。
a0015766_2238457.jpg

一ツ橋のジャンクションが見えてきました。このあたりには東京マラソンの沿道の応援の名物があります。
a0015766_2240345.jpg

今年もいました、YMCAを流しながら応援する人たち。で、さびの「YMCA~」が流れるとランナーも一緒に「YMCA」のフリをしながら走るのです。今年はちょうどさびの部分でここを通過できました。
a0015766_22415568.jpg

そしてもうすぐ皇居。ここでも不思議なコスプレーヤーをぱちり・・・。

いよいよ皇居のお堀端を走ります。いつも走っているところなので、なじみの場所、サクサク走っていきます。
[PR]

by y_flugels | 2011-05-26 22:43 | +RUN

東京マラソン2011 スタート~新宿あたり

a0015766_225837.jpg

高くそびえる東京都庁を見上げながら自分のブロックが動き出すのを今か今かと待ちます。
例年、天気が悪いのですが今年は青空が広がっています。
a0015766_239534.jpg

沿道にあるビルには窓に応援メッセージが貼られていました。そういうえば去年もあったなぁ。そしてこのビルを歩いて過ぎたあたりから徐々にみんなの速度が速くなってきていよいよスタートラインに向かいます。が、まだこの辺は、軽くジョギングという感じのスピードで東京マラソンのスタートの雰囲気を楽しむ感じ。
a0015766_23125850.jpg

この角を曲がるとスタートラインが見えてきて気持ちも高ぶってきます。テレビカメラがスタートラインをとらえていますね。
a0015766_23311189.jpg

そしていよいよ都庁前の大通りに。ここに来ると一気にテンションが上がります。まだランナーで渋滞していますが高ぶる気持ちを抑えてゆっくりとスタートラインに。
a0015766_23395777.jpg

ようやく正面にピンクのスタート台が見えてきました。まだまだ先は長いですが、慌てずに進みます。が、実はここでゆっくりしているのもすでにグロスタイム(大会記録)上は計測されています。
a0015766_23415359.jpg

都庁の正面にやってきました。すでにこのあたりに来るとボランティアの方々が「いってらっしゃい~」と応援の言葉をかけてくれます。この大会はホント、ボランティアの方々に支えられている大会だと思います。
a0015766_2343712.jpg

ようやくスタートラインに。ここまで来るのに約14分かかりました。去年よりは8分くらい早い感じです。
a0015766_23512987.jpg

石原都知事に見送られていざ出発!
a0015766_23521193.jpg

出発して京王プラザの角を回ってまずは新宿副都心を。このあたりはまだ少しづつアップがてら徐々にスピードを上げていく感じでした。でも周りの声援が天気も良かったせいもありすごかったです。
a0015766_23535516.jpg

新宿の大ガードを目指します。東京モード学園のビルが見えてきます。このあたりもすごい人なのでなかなか自分のペースでは走れません。
a0015766_2355856.jpg

新宿の大ガードをくぐるといよいよ新宿歌舞伎町です。普段は車で埋め尽くされている道路がランナーで埋め尽くされている光景は圧巻です。
a0015766_2358289.jpg

ドンキの前も通過。ちなみに緑のゼッケンは10kmの方のゼッケンです。このあたりに来るとかなり気持ちが上がってきて思わずハイペースになってしまうのですが、そこを我慢して抑えるのが完走するコツ(by 小出監督)だそうです。
a0015766_23592148.jpg

ここに来て少しづつ道も広がってランナーもばらけてくるので、徐々に自分のペースで走る感じになります。ただし、まだオーバーペースは禁物、という感じです。
a0015766_00538.jpg

新宿三丁目を過ぎていよいよ、東京マラソンもスタートという感じです。まだ、新宿あたりだとスタートラインの興奮がそのままという感じの雰囲気なんですよね。ここを過ぎると観衆も減るので走りに専念、する感じです。
[PR]

by y_flugels | 2011-05-26 00:02 | +RUN

東京マラソン2011 スタート直前編

a0015766_22254548.jpg

帰宅したら翌日のレースの準備です。(ゼッケン番号は番号で個人情報が検索できちゃうので、モザイクをかけています)受け取ったゼッケンを明日のウェアに取り付けます。去年はKでしたが今年はJからのスタート、一つ前のブロックからのスタートになりました。
a0015766_22273451.jpg

明日の履くシューズにICタグをつけます。シューズのひもに通すのですが、縦になるように取り付けるよう説明があるので、間違えないように。取り付けたらプラスティックの固定するもので固定、これはゴールするまで外せません。ここまでが前日の準備。
翌朝はスタートが9時過ぎなので6時には起きて、朝ご飯。前日に買っておいたおにぎりを食べます。そして家の中で軽くストレッチしていざ、現地へ。
a0015766_22334225.jpg

大江戸線の都庁前の駅を外に出るとランナーがいっぱい。着いたのがスタート40分前でしたがすでにたくさんの人。そういえば大江戸線の中にもランナーがたくさんいました。まさにマラソンの祭典です。去年は大雨でポンチョをかぶっての移動でしたが、今回はすばらしい天気でした。
a0015766_22361533.jpg

まずは荷物を預けます。目指すトラックはそこ・・・なのですが、すごい人でなかなか進めません。そんな中、「荷物の預かり終了まであと10分です」などとアナウンスが入るので焦る焦る・・・。
a0015766_22373016.jpg

荷物を預けたらスタートブロックへ移動するのですが、スタートブロックまでの道がまたすごい混雑。なかなか前に進めません。しかもボランティアの誘導の方によって言っていることがちょっと違っていて右往左往。もう少し早く来れば良かったと後悔。
a0015766_22435466.jpg

G、H、Jのブロックに行く人たちのスロープ。この時点で「ブロックゲート締め切り5分前です」とのアナウンスが流れてみんな一斉に焦ります。みんなちょっと早足で押せ押せな感じでちょっと危ない感じでした。ブロックゲートが締めきられるとあとは一番最後からのスタートなのでタイムが遅くなるのでできれば避けたいのです。
a0015766_2248206.jpg

なんとかぎりぎりでブロックには入れました。Jもかなりの混雑です。並んだときに偶然にも青赤のユニを着たランナー発見。羽生のユニを着た方でした。意外と今年は東京ユニの人が多かったように思います。
a0015766_22461781.jpg

スタート時間になり、遠くでセレモニーの声が聞こえてきます。去年はKだったので全然動けなかったのですが、今年はJだったので車いすがスタートすると少しづつ前に移動できました、。
そしていよいよ我々のブロックもスタートになります。
[PR]

by y_flugels | 2011-05-24 22:49 | +RUN

東京マラソン2011 EXPO編

a0015766_21523382.jpg

遅くなりましたが2011東京マラソンのお話。まずは大会前日のEXPOから。ランナーは前日までに受付をしなくてならず、まずはビックサイトへ。今回は2回目なので勝手が分かっているもののやはり、前日の受付をするあたりから気持ちが高ぶります。午後から行ったので並ばずにランナー入り口へ。
a0015766_2157106.jpg

事前に送られてきた受付番号=ゼッケン番号なのですが、その番号に従って受付をします。ここで、ICタグとゼッケンを受け取り、出口のところでTシャツを受け取ります。
a0015766_21585069.jpg

今年もこの門をくぐるといよいよレースという感じですが、その前に東京マラソンEXPO、お祭りを楽しみます。
もちろんここは記念撮影スポット。外国人もたくさんいましたよ。
a0015766_2273391.jpg

まずは大会スポンサーのASICSのブースがドーンと広がります。今年はASICSのシューズで参戦することにしました。
a0015766_2284912.jpg

大きなシューズのオブジェがあったりします。お買い物は我慢我慢。
a0015766_22132072.jpg

ブースではRUNファッションを着た男女がパフォーマンス。最近はタウンユースでも使えるのが多くなりましたね。
a0015766_22143744.jpg

協賛スポンサーの東京メトロのブース。ここでは映像で小出監督による完走するための極意、が上映されていました。これ、去年も見ましたが意外と参考になるんですよね。
a0015766_22155659.jpg

走った後にお世話になるエアサロンパスのブース。ここで出場するランナーはエアーサロンパスの試供品をもらえます。が、普通の一般客、特に中国人の団体の人たちも来場しているのですが、その人たちもそれがもらえるものだと思って、列に並んじゃっているのですごい混雑でした。ただで何でももらえるイベント、って思っていたのかな?
a0015766_22182016.jpg

いつもサッカーの試合などではお世話になるシミスポのブース。シミスポにもゆるキャラがいたんだ・・・(ちなみに並んでいる最中に舞台裏を見てしまった・・・中の女の子大変だね)
a0015766_2220048.jpg

スターツのブース。ここでは毎年、完走祈願をすることができます。
a0015766_22205916.jpg

今年はこんな格好のスターツのキャラの像がありました。
a0015766_22213824.jpg

これはAEDを提供している日本光電のゆるキャラ。かえでちゃん、というそうです。なぜかえでちゃんなのかは謎ですが・・・・。
a0015766_22224453.jpg

今年も走っている最中に水分補給でお世話になったアミノバリューのブース。
a0015766_22234466.jpg

去年はいたシューズはミズノ、こちらのブースではフィッティングをやっていたんですが、さすがにすごい行列でフィッティングは断念。いつかしっかりやりたいんですけどね。
a0015766_22245517.jpg

我が東京のスポンサーのアディダスのブース。去年と同じような感じでした。意外と小さいんですよね。やっぱり日本だとジョギングのアイテムはASICSが一番なのでしょうか。
a0015766_22262152.jpg

そのアディダスのブースで売られていたのがこのウェア・・・欲しかったけどおサイフの中にお金が(苦笑)まさに東京を意識したカラーリングのジョギングウェアですよね。
a0015766_22275117.jpg

CWXのブースでは湯田友美さん(帽子をかぶっていない女性)のトークショーなんかが行われていました。普通にかわいらしい女の子でしたよ。
a0015766_22331778.jpg

VAAMのブースではあの有森裕子さんのトークショー。時間がなかったのでちょっとだけ聴いて離れました。
この後は12月から一緒に練習してきた仲間と近くのホテルバイキングで壮行会を行いました。

おまけ
[PR]

by y_flugels | 2011-05-23 22:34 | +RUN

【J特】まだまだモヤモヤの続く vs 湘南戦

a0015766_0341287.jpg

今日の対戦相手はJ2降格組の湘南。向こうはJ2降格をしてチームの再構築にけっこう良い感じで進めているのに対し、東京は以前、方向性が見いだせない状況。試合前の開門直後はすごい暴風でテントやら売店の売り物やらが飛びまくる状況、こんな嵐の中の試合、いい意味での嵐のような波乱を期待したい試合です。
試合前には負けなしのちびっ子チアが雨の中パフォーマンス試合に臨みます。
a0015766_039892.jpg

この日は背の高い平山、高松が戦列を離脱してセザーと羽生の2トップ、実際には羽生は下がり目という感じ?そして梶山、達也、ボランチに徳永と草民、最終ラインは巧の代わりに北斗、が入る布陣。で試合開始・・・ちょっと目を離したすきに先制(苦笑)、せっかくの先制ゴールを見逃しました。
でもこの後も久々に見ていておもしろい内容のゲーム、特に初スタメンの草民がすごくいい、梶山といいコンビでパスを交換したり、下がって受けて上がってはたいてと、攻撃に流動性と躍動感を生み出していました。時に、あの”梶山”を走らせるパスは良かったですね。梶山も草民に引っ張られるように躍動感あふれるパスを連発、羽生や達也も行き、セザーも良い感じで前の方で動き回り、いいときのムービングフットボールを彷彿させる内容。守備も集中していてハードワークができていて、見ていて失点するなぁ、という前節までのいいようのない不安感から抜け出した感じの内容。追加点が欲しかったところです。
a0015766_0485051.jpg

後半。後半は湘南も修正をしてきた感じで前半に比べると東京が自由にできなくなりましたが、それでもまだ東京ペース。ただ、徐々に運動量が落ちて来だしたところからちょっとづつおかしくなりかけ、湘南に押し込まれるシーンも多かったのですが、なんとかしのぐ感じ。湘南が交代選手を入れてくる中、東京はこの日活躍していた草民に代えて谷澤を投入。湘南は坂本に代えて、中村。そしてこの交代がドンピシャ・・・同点ゴールを奪われます。このあたりの時間帯はすごく流れが悪かったし、不要なファールのリスタートからの失点ということで残念な失点。その後はどうも東京、追いつかれると急にバタバタしただして、攻撃が手詰まり状態。サイドの上がりが遅くてカウンターが機能しない、すぐに中へ中へ入ろうとしてシュートが打てない、そんな悪いときの東京の状態に戻ってなかなか得点できずイライラが募ります。大竹も入ってきたけど、使われ方も悪いし、今日の大竹のプレーだと草民に比べて期待感がなかったかなぁ。。。そんな感じで1-1の引き分け。まぁ前半は良かったので、前節の草津戦に比べると良くはなってきているけどまだまだ不満。気分的には先制して追いつかれてなんだか負けた試合のようなメンタル感でした。

それにしても試合後の大熊のコメントはあいかわらず、というか・・・。やっぱり、不信感がぬぐえないなぁ、この監督には。なんか怪我人が多い、とか他人事というか危機感がないというか・・・。
[PR]

by y_flugels | 2011-05-23 00:57 | ++FC TOKYO

【J特】行かなくて正解 vs 草津戦

a0015766_172663.jpg

vs 草津@正田醤油スタジアム。仕事の都合とか家の都合とか大人の事情とか方角が悪いとか縁起が悪いとか、そういう不可抗力で回避するのではなく、自ら「行かない」という選択をし、恵比寿のフットニックにて観戦をすることにしました。正直、GWの戦いぶりを見て中途半端な遠征をしてもがっかりして帰って来そうな感じ、いや、サポーターとしてチームと選手を信じれない、というのはまずい、とはわかっている、いるんですけど、長年サッカーを見ていると分かるじゃないですか、感覚的に「良くなってきた」とか「次はやってくれるだろう」とか、それが感じられなかったし、いや、むしろ、行かなかった自分を後悔させて欲しい、そんな想いもありました。
フットニックには早めに着いたので新潟-柏をやっていてそれを観戦。柏はさすがに1年間、J2でチームを熟成させた甲斐がある、ピッチに出場している選手が同じ絵を描けている感じでした。ボールへの寄せの早さ、ボールを持っている選手の周りでフォローする動き、スペースへの走り込み、これならそう簡単に負けないな、という感じでした。
a0015766_121572.jpg

さて、試合。あくまでブラウン管を通しての感想なのでざっと。とにかくPKしかもこれはプレゼントに近いだけに実質0-2。完全に草津のブラジル人コンビにやられた感じです。特に2点目は本来は東京がやるべき攻撃だったと思います。普通のチームはあれを当たり前にやっていると思うのですが、東京はそれすらできていない、末期的症状です。
攻撃も高松に当てて落としてと言うワンパターン、後はドリブルで個人で抜ける・・・相手の守備は守りやすいでしょうね。とりあえず、高松を挟んでおけばいいわけですし。ボールを持っても動き出しがないから、ただ立っている選手を探してボールを出すだけ、このチームで何ヶ月も練習しているのに未だにそんなサッカーしかできないのかと呆れるばかり。パス&ゴーは基本中の基本、それすらできていない。
逆転されてからは京都戦でも見たパワープレー。見ていて失笑してしまいました。去年からの上積みをしてJ1昇格を目指すのではなかったの?去年の続きを見ているようでした。
最後の権田の上がりは気持ちは感じたんだけど、逆に選手たちのイライラと焦りも感じました。
残念ながら、前橋まで遠征しなくて正解だったようです。何より気になるのが、選手と監督がきちんと信頼関係で結ばれているのか?ということ。前節の羽生のコメントを見るとちょっと疑問にも感じています。
監督の責任でもありませんが、チームの低迷の責任を取るのは監督、だとすると、そろそろ、決断をしなくてはならないのかもしれません。
ないかと思います。
[PR]

by y_flugels | 2011-05-15 01:26 | ++FC TOKYO

サッカーミュージアムで生アジアカップ

a0015766_22521571.jpg

だいぶ前の話ですがアジアカップで日本代表がみごと優勝を勝ち取った記念に、サッカーミュージアムでモノホンのアジアカップが展示されていると言うことで見に行ってきました。
a0015766_22532169.jpg

入り口にはレプリカが飾られていましたが、入場料を払うとモノホンが見られると言うことでせっかくなので入ってきました。
a0015766_22543913.jpg

フロアに降りると100人近くの人が並んでいたので、その行列に並びながら展示を見ることにしました。すでに何度か来ているので展示自体は見たことあるモノばかりです。これは歴代の日本代表のユニフォーム。
a0015766_22554362.jpg

ロッカールームを模した展示会場では今までは2002年W杯出場選手のユニフォームが飾ってあったと思うのですが、このときはアジアカップに出場した選手のユニフォームが飾られていました。我が東京の、今野、元東京の岩政w(強化指定だけど)、長友のユニが。
a0015766_22573160.jpg

こちらは権ちゃんのユニ。
a0015766_22582837.jpg

これが本物のアジアカップ。さすがにまばゆいばかりのきらめきでした。それにしてもあの時の日本代表は試合を追う毎に強さが画面を通して伝わってきました。どっかのJ2のチームもそんなオーラを放ちながら試合をして欲しいなぁと思ったりもして(苦笑)
[PR]

by y_flugels | 2011-05-12 23:00 | +Football