映画『クラシコ』を見ました

a0015766_2232984.jpg

松本での松本山雅とのPSMの後に池袋の映画館で、その松本山雅をモデルにした映画。せっかくなら試合の前に見たかったのですがタイミングが合わずに試合を見た後に見に行くことに。
行ったのは池袋のロサ会館にある映画館。懐かしい場所です。
a0015766_22354058.jpg

ロサ会館前の道は普段なら学生などの酔っ払いがたくさんいるのですが、さすがにまだ震災後の自粛ムードということで人はまばら。普段ならこのあたりは飲み過ぎて酔っ払いがマグロのように横たわっていたりもするんだけどね。って自分が学生の頃ですが、今はどうなんでしょう?
a0015766_22404690.jpg

映画『クラシコ』。クラシコというと思い出すのが、スペインのバルセロナ vs レアルだったり、Jリーグでも多摩川クラシコ、なんてありますが、今回のテーマは長野のJFLチーム松本山雅と、長野パルセイロとの対戦。
長野で松本と長野というのは歴史的にも対立があったようでそれがそのままサッカーにも脈々と受け継がれている、という話。どちらかというとJFL、当時は地域リーグですが、そういう下のリーグのサポーターの雰囲気、サポーターがチームと一緒にチームをもり立てる風景、すでにできあがったJクラブとは違ったサポーター像を見ることができおもしろかったです。自分も一時期、地域リーグに関わっていたので、懐かしくもありました。サポーターとは、いろいろ考えることのできる映画だと思います。
予告動画あります。


[PR]

by y_flugels | 2011-07-28 22:47 | +映画

【J特】俺たちの国立で選手もサポーターも圧倒的な戦いぶり vs 熊本

a0015766_20484792.jpg

思えば先月、豪雨の熊本遠征から早一ヶ月、今度はホームでの対戦、あの時はまだチームとして方向性がようやく見えてきたかな、という感じでまだまだ時間は掛かりそうな感じもしていましたが、1ヶ月経って今は調子はかなり上向き、本来、J2での戦いはこうだよね、という調子を取り戻してきた、そんな感じになってきました。1ヶ月前にここまでになるとはちょっとイメージがなかったのも事実。
a0015766_20522624.jpg

今日はヤクルトスワローズとのコラボデーという事でヤクルトのツバメさんたちが駆けつけてくれました。
a0015766_2182136.jpg

そして「やるぞ!」のポーズのドロンパ。この日は選手だけでなくサポーターも頑張りました(笑)。
a0015766_21105351.jpg

この日も前節同様の布陣。熊本は前回の対戦で要注意だった長沢には注意です。前節、決定的なシーンをかなり外していたのですが、あわや、というシーンも多かったので危険です。
試合が始まると最初は熊本もしっかり守って、と言う形でしたが東京が圧倒的なポゼッションでボールを支配し、パスを回すことで相手の守備の綻びを狙う、そんな感じで時間が進んでいきます。熊本も1~2回カウンターからチャンスがありましたが、ほぼ東京ペース。むしろ点が入らず、見ていて攻め疲れではないですがちょっとイライラが、と言うときに羽生のすばらしいスペースへのフリーランニングからチャンスを作り、谷澤がペナルティエリアへ、たまらず根占が後ろから行って一発レッドPKに。これをじゃんけんで決めた(笑)セザーが決めて東京が先制。セットプレーなどもあったのでようやく1点という感じでした。
a0015766_21192272.jpg

後半に入ると11 vs 10の差がもろに出ます。何とか前半凌いだ熊本も後半に入ると東京に完全にペースを握られやられたい放題の状態。それでもなんとか凌いでいたものの、今日ダメダメだったバック側線審が不可解なオフサイド判定、当然不可解なので主審はスルー、その瞬間、熊本の選手の集中が切れて、上がってきた今野が羽生に絶妙なパス、これを羽生が決めて2-0。さらに谷澤がまたまたPKを取られて、これをしっかり谷澤が自ら決めて3-0。決めた後はキャプテン今ちゃん発案の(笑)、土下座、パフォーマンス。かなりこういうのを見るとチーム状態も良くなってきた感じ。さらに、脚をケガしているはずの?徳永が強烈なミドル、これで4-0。こうなってくると完全に熊本は戦意喪失、という感じでさらに東京はルーカスが梶山からの絶妙な思わずうなってしまうパスにみごとなトラップそしてゴール、5-0。完全に国立は興奮のるつぼ、東京サポーターの祭り状態になっていました。ホームでこんなに気持ちの良いそして、大量ゴールで勝ったの、去年はホントにホームで勝てなかったのでその鬱憤を晴らすような結果となりました。最後は柳楽もテストできたのは良かったですね。
a0015766_21385056.jpg

途中、プレーが雑になったりした部分もありましたが、まあこれだけ点差が開いてしまったらそれはある意味仕方ないこと。なにより失点0、そして2位以下が勝っている中で圧倒的な強さで勝てたのは良かったと思います。サポーターとしてもやはりチーム力を考えると毎試合、これくらいの横綱相撲を期待してしまいます。
そして選手たちに呼応するようにサポーターも頑張っちゃいました(笑)

試合後に”7/24対ロアッソ熊本戦のスタジアム飲食売店について【緊急】” なんていうのが、Twitterに流れているから、何事??って思ったら・・・

このたび、ロアッソ熊本戦において、競技場内の飲食売店が試合中にも関わらずすべての商品が完売するという事態が発生いたしました。多くのファンの方にご迷惑をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。
事前に飲食売店を運営する競技場側と打ち合わせをし、予想入場者数もお伝えしておりましたが、このような事態が発生してしまいました。当クラブとしては、競技場側に強く抗議するとともに、今後このような事がないように当クラブとしても試合運営を行ってまいります。


笑・・・・。ホームの国立でもやっちゃいましたか(笑)食い尽くし・・・チーム状態がいいと、こういうお笑いネタ、伝説もおまけでついてしまうのが東京らしいところ。これは試合内容と並んで後生まで語り尽くされる伝説のゲームになりそうだ。

a0015766_21431787.jpg

試合後の挨拶・・・背番号6のキャプテンの去就が気になるところです。フランスの2部から上がってきたチームに移籍の噂。よくよくニュースを見るとオファーではなくテスト参加?テスト参加っていうのが気に入らないな・・・三顧の礼をもって迎えられるのかと思ったらそうではない?ってか、今ちゃんならフランスリーグでももっと中位のチームとかでもやっていけるし、他のリーグでもやっていけるでしょう。海外に行きたい気持ちは分かるけど、相手を選んだ方がいいような気もするね。まぁ、心配ではありますが今ちゃんの決めたことには従いたいと思います。でも信じてる。きっとJ1復帰シャーをやってくれることを(笑)
[PR]

by y_flugels | 2011-07-25 21:46 | ++FC TOKYO

【J特】俺たちの国立で前座試合!?の柏vs鹿島戦

a0015766_162098.jpg

俺たちの国立で試合のある前日にJ1様が柏vs鹿島を開催する、という事で間違えて?前座試合に?行ってきました。J2から来年J1に復帰するので(とあえて書いてみる)、J1のレベルも知っておかないと、という訳です。
a0015766_185561.jpg

入場していきなり、J2との格差を見せつけられます。なんとビックマック無料券を配布・・・。いいなぁJ1。
a0015766_1102483.jpg

この日はJ2のチームに観客動員で負けたくなかったのか、日立デーと称してどうやら日立関係者の動員もあったようでこんなビブスが配られていました。茨城の鹿島と親会社の日立が茨城の柏と言うことでその手のイベントも行われていました。というか茨城県副知事のスピーチが長かった。
a0015766_1122433.jpg

ということで柏のゴール裏はぎっしり。自由席は2階席まで埋まっていました。
a0015766_1131056.jpg

鹿島はこんな感じ。といっても試合終了近くにはこちらも一杯になっていましたが。
a0015766_1135743.jpg

特にどちらのチームにも肩入れはしていないので第3者的な目線で試合を観戦することにしました。邪魔にならないように2階席で観戦です。
a0015766_115883.jpg

前半開始は鹿島のペース。鹿島らしいパスワークからの攻撃。順位は下でもさすが鹿島、という感じの戦いぶりでした。ところが徐々に柏のハードワークの網に引っかかりカウンターという展開で徐々にペースは柏の方に。柏はとにかくボールを奪ってからが早い、特に10番の外国人が持つと北嶋が裏を狙う動き、10番が精度の高いボールを出すので何度となく決定的なチャンスを。柏好調の要因はこの選手にあるんじゃないかと思います。先制は柏、10番のクロスがなぜか岩政が競らずに北嶋のところへフリーで、それを決めて先制。
個人的には防げた先制点かな。
柏は不用意なファールからFKを鹿島に与えて、鹿島がセットプレーから同点。しっかり追いつくあたりはさすがという感じでした。その後は鹿島の時間帯。ここで追加点があればという感じでした。
a0015766_1201786.jpg

後半は鹿島がだいぶ攻めて来るも柏もカウンターでチャンスを作り一進一退。そんな中、気になったのはやはり柏の10番。ボールのもらい方がうまいのか、ほぼフリーで受けることが多く、そこから決定的なパスやシュートが繰り出され柏のチャンスを演出。なぜそこをもっとケアしないのか?(できないのか?)不思議でした。決勝点もフリーで10番の選手が受けてそのままシュート。このシュートはみごとでしたが、やはりフリーでボールが受けられたことが鹿島にとっては失点の原因だったのかな、と。
その後は鹿島が猛攻を仕掛けるもなんとか柏が凌いで試合終了。
a0015766_124637.jpg

柏が2-1で勝利でした。
まぁ、終わってみれば柏が2位につけているのがなんとなく分かる感じはしました。ただ普段見ているサッカーとは違ったサッカーだったので感じる物はありましたね。高い位置からボンボン放りこんでくる、最終ラインから前線へ縦ポン、まぁその辺は好みの問題かもしれません。でも、やっぱりゴール前ではシュートの姿勢、これは両チームありました。どっかのチームと違って(苦笑)
試合後に、配られたうちわを投げる人が多く、帰りに何度かそれに当たりました。柏のサポーターのマナーの問題とは思いませんが、サッカー場に来たことない人なのか、いずれにしてもちょっと後味が悪かったです。
[PR]

by y_flugels | 2011-07-24 01:27 | +Football

Congraturation

a0015766_21504270.jpg

日本女子サッカー代表、女子ワールドカップ優勝おめでとう!!
[PR]

by y_flugels | 2011-07-18 21:51 | +Football

【J特】ルーカス復帰を祝して夏祭り vs FC岐阜戦

a0015766_23365764.jpg

前節の大分戦はモヤモヤした結果でしたが、気を取り直してホームで岐阜戦。本来なら3月に対戦予定でしたが震災の影響で延期、初の対戦となりました。知ってる選手は数名ですね・・・。相手の順位を考えるとここはしっかり勝って、上位が引き分けでもたついているので勝ち点を重ねておきたいところ。
a0015766_23402187.jpg

ショップのドロンパはアロハシャツでした。夏ですねぇ・・・。
a0015766_2341999.jpg

この日もスタメンは前節と同じ。そしてルーカスはリザーブに入りました。
試合前にルーカスの応援から開始直後に「東京こそ全て」で一気にスタジアムのボルテージ上がりましたね。いい雰囲気で試合にはいれたと思います。
前半立ち上がりこそ、互角な感じでしたが前半10分くらいからは完全に東京ペース。なんどもチャンスを作ってフィニッシュさえ決まればというシーンも多く見られました。相手の守備のプレッシャーがそんなにきつくなかったこともあり、ほぼ自由にボールを回せたと思います。いろいろなバリエーションでの攻撃などもみられ、安心してみてられる内容。ただ、不用意なボールロストから2回くらい決定的なシーンもありましたが、そこはしっかり塩田がファインセーブ。塩田はいま状態がいいね。権田がスタメンで使われるのがないんじゃないか、と思うくらい。
しかもこの決定的チャンスの時もしっかり今ちゃんが北斗に叱咤、コミュニケーションもしっかり図られている感じ。
先制点はまさかの(笑)徳永。右サイドバックだったはずなのに左サイドにポジションが取られていて、気づけば相手DFを引き連れてゴール前へ。ちょっと当たりそこねっぽいゴールでしたが、逆にタイミングを狂わせた格好でゴールが決まりました。今まで決定的チャンスを相手のGKが止めていたのですが、これはさすがにという感じ。
a0015766_235132.jpg

ハーフタイム。この日発売の”おやすみドロンパ”の宣伝を兼ね?パフォーマンス。
ドロンパといえば、東京のマスコットなんだし、いい加減、「シャー」のやり方を覚えろ、と言いたい。なんかシャーのときに選手の横にいるけど、あの動き・・・興ざめなんだよね・・・。
a0015766_2352267.jpg

後半。後半はさらに東京ペースだったと思います。SEXYなパスワークが幾度となく見られ、岐阜の攻撃もほとんど東京の守備の網に引っかかる、そんな感じで東京の攻撃の時間帯が長かったですね。ここにきて、メンバーも固定され、お互いの意思の疎通もよくなって攻撃に連動性が出てきている感じでした。やっぱり羽生の裏への抜け出しとかすごいいいですね。なんどもチャンスを作っていました。
2点目は草民、セザーからの絶妙のパスをしっかり決めて2-0。追加点が取れなかったので心配していましたが、この追加点は大きい。しかも前半のセザーのシュートは「そんなんじゃいつまで経っても点取れないぞ!」という感じだったので、このゴールは調子づきますね。で徳永がいきなり交代。「何で?あいかわらず意味不明」と思ったら、J's GOALによると足の張りがあったようでなるほど。で、ついにルーカスが交代準備へ。スタジアム盛り上がりました。むしろ、セザーが嫉妬しちゃうんじゃないか、と言うくらいルーカスモード。そのルーカスの応援、それになぜか反応したセザーがアウトサイドで技ありのゴールで3-0。こうなるとスタジアムの雰囲気はお祭り騒ぎ。ルーカスも出て、セザーもゴールを決めてノリノリということでかなりイケイケモード。だめ押しはセザーがPKを取られて、誰蹴るの?と思ったら、セザーがルーカスに譲るという空気を全く読まず(笑)自ら決めて4-0。というか梶山が蹴る決まり事ではなかったの?(笑)
ルーカスはさすがというプレーもありましたが、コンディションが万全ではないのか、動き出しや走りがちょっと他の選手に比べるとまだまだという感じもしました。ルーカスが点を取れば最高だったのですがそれは次回にお預け。
a0015766_052777.jpg

結果は4-0の快勝。そして前日の結果に加え、湘南が千葉に勝ってくれたので、ついに、満を持して、"首位浮上”です。ようやくここまで来たという感じです。このまま、失速することなく順位をキープして欲しいですね。しかし、4-0でホームで快勝なんてやっぱり気分がいいですね。しかし、緑が気づいたら5位というのも驚きました。まぁダービーの相手が強い方が盛り上がるんでいいでしょう。
a0015766_094346.jpg

今日の主役のブラジル人コンビ。これからもっともっと、調子を上げて欲しいですね。
今の布陣もかなり盤石な感じになりました。今はうん、見ていておもしろいサッカーですね。采配はあいかわらず微妙ですがそれを差し引いても東京の力はずば抜けてきた感じです。東京の力を考えたら、J2ではこれくらいの”横綱相撲”を毎試合やって欲しいし、できるはずだと思います。次節の聖地も勝っておきたいところです。
[PR]

by y_flugels | 2011-07-18 00:12 | ++FC TOKYO

梅雨明けの神宮でナイター観戦

a0015766_22565445.jpg

今日は梅雨明けでそろそろ屋外で飲むのもいいよね、ということで、知人と神宮球場へナイター観戦に行ってきました。仕事を終えてスタジアムに到着するとちょうど2回の攻撃中。中日はチェン、ヤクルトは石川の先発でした。
a0015766_22594658.jpg

早速売店でビールのつまみというか夜ご飯を調達。なんとレフトスタンドにはピザーラが入っていたのを前回、チェックしていたので、これは、ということでピザを早速購入。
a0015766_233696.jpg

ピザはこんな感じで1/16サイズ?にカットされていて食べやすい大きさに。これはありがたいです。
a0015766_2343296.jpg

平日のナイターと言うことで意外と空いていた感じでした。去年もそうですがこれが9月の優勝がかかってくるともっとぎっしりになるんですけどね。このくらいの方がゆったり座れるので個人的にはいいのですが。
a0015766_2362578.jpg

今回はデジカメを代えたのでホームベース上のバッターもこの通り。最大の12倍ズームで撮ってみました。
中日の和田選手。
a0015766_2375128.jpg

今年からストライクとボールの表示が逆になったのですがこれがなんかすごい違和感でした。やっぱりSBOの順に慣れているので、なんか慣れないですね。
a0015766_239284.jpg

7回のヤクルトの攻撃の前には恒例の東京音頭。この日はノッポン兄が来ていました。
a0015766_23105152.jpg

ブルペンもどアップにしてみました。岩瀬投手が投球練習中。
a0015766_23121619.jpg

さらには若き守護神に成長しつつある浅尾投手。
a0015766_23125960.jpg

試合は1回の得点シーンはみれませんでしたが、4回に和田のタイムリーヒットで大島がいい走塁、センター前ヒットでホームまで帰って2-0に。チェンも安定した投球を続けていたのですが、6回にまさかのホワイトセルの2ランを浴びて2-2の同点に。その後は両チームとも中継ぎ陣が踏ん張り、9回まで2-2で。今年は震災による原発事故の影響で節電を行う関係から開始から3時間半をすぎて新しい回に入らないという特別ルール。9回の時点で3:22を経過しているので10回の攻防で終わりとなります。
a0015766_2333149.jpg

10回の表は1番荒木からの好打順だったのですが2アウトから平田が鋭いヒットで出塁するも、森野があっさり三振で万事休す。中日の勝ちはなくなりました。その裏はなんと岩瀬を出して負けない継投。
a0015766_23344428.jpg

田中浩康にヒット打たれたもののホワイトセルを討ち取ったところで浅尾を投入する万全の継投。個人的には浅尾まで出すか?と思ったのですが、落合監督の考えがあってのことでしょう。そしてやっぱり今年中に中日のクローサーは岩瀬から浅尾に代わるんですかね。
とりあえず、チェンに岩瀬、浅尾が見られたのでそれなりに満足でしたがそれにしても中日、打てないなぁ、というのが実感です。
[PR]

by y_flugels | 2011-07-14 23:37 | +Baseball

【J特】攻め疲れの大分戦

a0015766_23402540.jpg

大分戦は私用のため回避、ということで恵比寿の某スポーツバーで観戦。嬉しいことにこの日は全モニターが東京戦と言うことでごくごく少数の大分サポーターとおぼしき人をのぞけば店の中はほぼALL東京サポーター。相手チームのサポーターがいたり、他の試合をやっていると見ていて苛々したり集中を欠いたりするのでありがたい限り。
さて、大分戦、前半からかなりセクシーな攻撃を繰り広げ、特にゴール前ではスルー有り、セットプレーでも工夫有りで見ていてかなりセクシーでした。梶山も積極的にシュートを打ったり、あとは枠内に入れるだけ、という感じで試合が進みます。あと、モリゲが古巣相手にかなり気合いが入っていたのかかなり攻撃参加をして昔で言う、リベロ的なプレーを随所に見せてくれました。
大分はデカモリシが危険な存在、あと、スピードのある西が嫌な感じでしたが、デカモリシは1人で熱くなっていたのか、けっこうそういうプレーで自滅気味だったり、西はかなりサイドを突破していましたが、最後のところでしっかり守れていた感じです。あと、前俊はあいかわらずの前俊で安心しました。
そして悩ましいのが塩田。とにかく、今すごく調子いい。この日も1対1を止めたりビッグセーブもあり、守護神の座をしっかり守っていました。そうなると、U22代表の権田が控えになってしまう、非常にもったいないところでもあります。
後半は大分がかなり引き気味になってきたことと、東京が攻め疲れになってきたこともあり、なかなかチャンスを作れずに時間が過ぎます。特に後半、疲れの見えた草民やことごとく決定機を外した谷澤あたりをいつ代えるのかと思ったらなかなか代えず、恵比寿のお店でも「交代遅い!」の声が。自分も思わず叫んでしまったほどでした。もう少し早く交代をしていたら違った展開になったのではないか?と思うだけに非常に残念な采配でした。うまく選手交代できていれば勝てたかも、と考えると勝ち点1は不満の残る結果でした。
[PR]

by y_flugels | 2011-07-10 23:51 | ++FC TOKYO

映画『ツーリスト』を見ました。

a0015766_237519.jpg

映画『ツーリスト』を見ました。ジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリーの出演、ヴェネチアを舞台にしたアクションと言うことでおもしろそうだなぁと思って。
意外と予想外な展開が多い映画だったなぁ。とにかく、アンジェリーナ・ジョリーの色気に終始魅了されてしまった。話のテンポもポンポン進むので意外と飽きることなくすーっと見れる感じでしたよ。
最後のオチと役柄としてのジョニー・デップの演じたキャラが最後まで「そうなの?」という感じでちょっと腑に落ちない部分もあったけど、まぁ、実はタダでみれたので満足度は高かったかな。(TOHOシネマのポイントが貯まっていたのでした)
[PR]

by y_flugels | 2011-07-06 23:08 | +映画

東京マラソンの記録証が届く

a0015766_23115488.jpg

東日本大震災が起きてすっかり、東京マラソンのことなど忘れてしまったのですが、3月の連休明けに記録証が無事に届きました。
今回はネットでは5時間切りできたのですが、グロスでできなかったのが残念。これは次回の目標にしたいところですね。ネットで4:30位をきれるといいかな、とは思います。
まずはエントリー、来年も出場できるといいなぁ。

【東京マラソンの記録】
タグ: 東京マラソン2011
[PR]

by y_flugels | 2011-07-05 23:16

【J特】今さらながら3月の募金活動の写真です。

a0015766_23113383.jpg

今さらながらのネタで申し訳ありません(笑)3月の東日本大震災の10日後の3/20に新宿で急遽というかそんな感じでFC東京の選手が練習から駆けつけ募金活動を行っていました。
Twitterでしか情報が流れていなかったのですが、その情報をキャッチ、どうせ募金するならやっぱり東京で募金したいと言うことで新宿に駆けつけました。
a0015766_23134260.jpg

特に仙台出身の今野選手は想いがが強かった思います。そして今となってはライバル?の秀人と米本も。この時はとにかく米本のプレーが見たい、と言う思いがあったんですよね。
あれから早いものでもう4ヶ月、あの時の想いがどうしても薄れつつあるのですが、我々にできることは、忘れないこと、そして少しでも復興に向けて貢献すること、まずはJ1に上がって、来年は仙台に乗り込んで、青赤蝗の力でたくさんの食べ物を食べて地元にお金を落とすことなんじゃないかと想います。
[PR]

by y_flugels | 2011-07-04 23:16 | ++FC TOKYO