【J特】Never Ending Story

a0015766_2136115.jpg

ACLラウンド16は一発勝負。アウェイの蔚山戦で痛恨の敗戦を期した我が東京はアウェイ広州での戦いとなりました。広州と言えば今やおそらくアジアではナンバー1を誇るであろう財力を持ったチーム。ACL中にも監督を解任させ10億円でサッカー界では知らない人はいないリッピを招聘したり相手にとって不足なしです。
特にコンカ、ムリキと言うワールドクラスの選手を抱え、東京はそこでどこまで自分たちのサッカーができるか、の戦いでした。
前半は相手にペースを握られる時間も多かったですが集中して守っていたと思います。ただ、Jではおそらく止められた、であろう、体の入れ方などをいとも簡単に抜かれピンチを招くシーンが幾度となくあり、再度のところで何とか防ぐ、と言う感じでした。特にJではそう簡単に抜かれることのなかった徳永のところがいとも簡単に抜かれるシーンが幾度となく見られ、相手の強さを実感しました。あと高橋秀人のDFはやっぱり怖い・・・ボランチならOKでも最終ラインであの守備は怖いです。
ただ、東京も終始防戦だったわけではなく、何度か自分たちの時間帯もあり、押し込んでいる時間もありました。
先制は広州。うまく裏に抜け出され、東京の選手が棒立ちになっている中でフリーで決められてしまいました。あの失点はしょうがない、と言えばしょうがないですが、あのレベルの試合ではやはりケアしなくてはならない失点でした。
後半。相手が前半はハイプレスで来ていたこともあり、「このまま90分無理だろ?」と思っていたのですが、案の定、ハイプレスから引き気味になる事で東京がボールを持てる時間が多くなりました。ただ、持てるだけで決定的なシーンをつくることはなかなかできませんでした。悪いときの「あともう1歩」という感じ、「なぜそこで打たない」というそんなもどかしさだけが募る時間でした。
そしてこの試合でもやはり浦和戦同様、交代が遅い、と感じました。事実、最後に出て来た河野がチャンスをあれだけ作っていたのですからもう少し見たかった、というのは本音です。なんどか決定的なシーンもできていましたしね。ルーコンのところでボールがおさまらなかったのも良くなかったですね。

最後の怒濤の攻撃はしびれました。特に最後のCK、権田の頭が決まっていたら、失神してもおかしくない、そんな感じでした。無情にも右に外れました・・・。
バーに助けられたり、相手のミスにも助けられての1-0ではありましたが、決して、完敗、ではなく、あともう少し、何かが足りなかった、そんな印象のゲームでした。
だからこそ、終わった後はすごく悔しい気分で一杯でした。選手もそうだったと思います。
特段、リッピの采配がすごかったわけでもなく、ただ、ムリキは化け物でしたし、判定にも?だったり、最後のロスタイムの相手選手の負傷は謎だったり、怪しい医者が出て来て笑えたり、いろんなことがあったラウンド16でした。

選手達は勝てなかったことが一番の後悔でしょうが自分はやはりあの現地に行けなかったことが一番の後悔です。それは次のFC東京のアジアツアーにとっておこうと思います。

ACL・・・やっぱり楽しい、「罰ゲーム」なんかじゃないです。来年も絶対に出たいです。
そして去年、J2だったチームが今年はアジアと対する、サッカーのすごさもあらためて実感しました。
いつか、他のチームが、例えば仙台とか鳥取とか富山とか愛媛とかが世界と対戦したらおもしろいでしょうね。そんなACLともお別れするのが寂しくてなりません。

でもさ
[PR]

by y_flugels | 2012-05-31 21:58 | ++FC TOKYO

【J特】まさにナショナルダービー vs 浦和戦

a0015766_22351919.jpg

J1復帰して自分的には一番「負けられない」カードとなった浦和戦。数々の因縁、サポーター同士の軋轢、そして今年は監督同士の確執も加わり、まさに「ナショナルダービー」にふさわしい対戦となりました。
a0015766_2301658.jpg

そして今年の浦和サポーターさんはどんな煽りをしてくるのかとちょっぴり楽しみにしていましたが、う~ん、正直、拍子抜け。もう少しユーモアのセンスが欲しかったところ。あと、もう少しうまく書いてほしい・・・。
今年もYou'll Never Walk Aloneを謳っているときに Walk Alone Forever の横断幕はお約束で掲げられましたね。
それにしてもさすがに昔に比べて集客もパワーも少し落ちたような感じがしました。
a0015766_2354873.jpg

試合開始から両チームのサッカーがぶつかり合う緊迫した展開。サポーターの声もずっと響いていて独特の雰囲気でした。浦和は後ろでしっかり守ってカウンター、特に前半はマルシオ・リシャルデス、後半は柏木が縦横無尽に走って何度か決定的シーンを作られました。
東京も前半にはナオのシュートがポスト、こぼれ球を秀人、そして、こぼれ球を、と打ったのですが入らなかったり。そしてこの日も決定的シーンは権田がしっかりセーブ。ここのところの権田の神がかったセーブが多いのは五輪に向けてかなり集中力も高まりつつあると言うことでしょうか。
気になったのはヒョンスのところ。守備は悪くないんだけど、攻撃ではどうしてもそこがブレーキになってしまう。なので、せっかくワイドに相手の守備を広げてもチャンスがつぶれてしまっている印象でした。
a0015766_23212120.jpg

前半は0-0。やはり後半勝負、と言う感じでしょうか。ハーフタイムにアウェイゴール裏に行ったドロンパにブーイングを食らわせる浦和サポーターさすがです。
後半に入り徐々に東京が相手のプレスも弱くなってきたこともありチャンスを作り始めますが、そうなるとなおさら、ヒョンスのところの上がりの遅さが目立ち始めます。後半は浦和は運動量も落ちてきたこともありチャンスはあまり多くなかったように感じました。東京は徳永がサイドを上がり出したりしたことで、チャンスも作れるようになりました。ただ、パスミスも多く、そこを取られてカウンターを食らいかけるシーンも多かったです。一発バーに当てられたシーンは、やられた!と思いました。
ルーカスや千真の運動量が落ちてきてなかなかうまくボールが回らなくなってきたので、そろそろ交代か?と思ったのですが、この日はなかなか交代をしません。浦和は選手が足を攣ったりしたシーンもあり、(ポポ曰く「ACL出ていないのに」と言っていましたが)先に交代。東京は動きません。動きにくいのか?
ようやく千真に代えて谷澤になったときに試合が動きます。この時間帯、かなり激しく動いていた柏木を起点に崩されてゴール、これが決まって浦和が先制。去年の天皇杯で勝ったものの「やはり、浦和との相性の悪さはあるのか?」というのがよぎりましたが、それ以上に「浦和だけには負けられない!」そんな気持ちで、歌い続けます。そしてCK。ここでサポーターのボルテージも上がってきました。ナオがアウトにかけたボールが東京の選手に当たってスローモーションでゴールに!同点ゴール!取られたら取り返す、まさに「東京なめるなよ」状態。こうなるとスタジアムの雰囲気はまさに爆発寸前、ロスタイムに逆転するぞ!そんな雰囲気で応援を続けます、が、最後のところでまたしても決定的チャンスが外れて、そのままゲームセット。
試合後は自然と両チームのサポーターから拍手がわき起こりました。
a0015766_2352996.jpg

東京としては勝てた試合だったと思いますが、浦和も同じだったと思います。そういう意味では引き分けという結果は両者痛み分け、という感じだったでしょうか。雰囲気や結果などそしてそこに至る過程、まさにダービーにふさわしい内容でした。次はアウェイでの対戦、ここでは是非勝っておきたいところ。今日のような雰囲気で試合ができるといいなぁ。
そういえば試合中にポポと槇野が一言二言、給水の時に言葉を交わしていたのが笑いました。
a0015766_2359581.jpg

浦和には勝ちたかったですが、引き分けに持ち込んだメンタリティは鳥栖戦に続いて評価して良いと思います。さて次はドアウェイの広州とのACL一発勝負。残念ながら現地には行けなくなりましたが東京から応援したいと思います。
[PR]

by y_flugels | 2012-05-28 00:00 | ++FC TOKYO

東京スカイツリー プレイルミネーション

a0015766_23254933.jpg

5/22にオープンした東京スカイツリーですが、実は去年の12月のクリスマスの時期にテストを兼ねてライトアップがされました。その時にそのライトアップを見たのでその時の写真をアップします。
オープンした後のスカイツリーも見てみたいですが・・・
a0015766_23314686.jpg

これがこの時のライトアップ。ホワイト一色でしたがこれはこれでなかなかシンプルな感じでいいですね。
ただ、20世紀少年に出てくる「ともだちタワー」にも似ている感じもしますが(苦笑)
周りに高い建物がないのでひときわ目立ちますね。
[PR]

by y_flugels | 2012-05-23 23:34 | +TOKYO SCENE

【J特】一体感のあった15分 vs 鳥栖

a0015766_2152164.jpg

ACL明けの公式戦はホーム2連戦。この日の対戦相手はサガン鳥栖。思えば去年のJ2開幕戦と同じカード。あの時はまさか、今年J1で対戦するとは夢にも思わなかった、そんな組み合わせ。
a0015766_2155954.jpg

鳥栖のゴール裏。J1 1年目と言うことでこんな横断幕が掲げられていました。一時は経営危機などもあって、それを乗り越えてのJ1、そして今シーズンも初年度ながら健闘する戦いぶりすばらしいです。
a0015766_21563647.jpg

試合前には去年同様、お約束で「♪跳ばない奴はサガン鳥栖~」の煽りチャントで煽ってゲームに入ります。
布陣はこの前のACLとほぼ同じ感じ、鳥栖はJ1では最少失点を誇る固い守備、これをどう切り崩すか、がこの試合のポイントになります。
前半から東京はボールを回すも鳥栖の守備の網に引っかかってなかなか自分たちのリズムを作れない、そんな時間が続きます。そしてボールを奪われれば、一気に鋭いカウンター、一進一退の攻防が続きます。今年の東京は「引かれた相手をどう崩すか?」それが試された試合だったように感じました。
さすがに鳥栖のカウンターの精度が高く、前2人にあわせてという意思統一もできている感じでした。しかしなにより、守備の意識が高いので、本当に東京の攻撃の時には全員が守備に入ってパスコースすら作らせない、そんな展開でした。ただ、その裏を使おうという意識はかなり見られましたが、それを生かすことができませんでした。梶山のポストに当たったのなんかは惜しかったなぁ。
そんな感じで時間が過ぎて、このまま前半は終了かな?と思った矢先に右サイドを破られて水沼宏太に技ありのシュートを決められ0-1に。
こうなると、鳥栖の守備はますます固くなり厄介だなぁ・・・と思いながらのハーフタイムです。
a0015766_22234610.jpg

後半に入り、東京はまずは同点に追いつかなくてはなりません。が、ヒョンスの上がりが影を潜め、攻撃が椋原のサイドに偏ってしまいます。そうなると鳥栖は守りやすいですね、そこをしっかりガードしてブロックを築いて攻撃を摘み取っていきます。
こうなるとセットプレーでの得点に期待しますがここも守備が固い、いいところまでは行くのですが、最後のところでカットされてしまいます。
そんな中、ルーカスのパスをカットされた(と思う)からカウンターを食らって、またしても水沼宏太がからんでの得点。絶妙のクロスに権田が飛び出すもその前で豊田が頭であわせて0-2、これは致命的な失点となりました。この鳥栖を相手に2点を取るのはかなり厳しい状況。
ちょうど、ヒョンスと谷澤を下げてナオと千真を入れて前がかりにしたところでの失点ですからいただけません。
こうなると、東京はどうするのか?最後の1枚は河野、これがうまくはまりました。ヨネを河野に代えて、梶山をボランチの位置に入れて、先ほどのヒョンスの交代で徳永がサイド、秀人が最終ライン、とにかくめまぐるしくポジションチェンジをして攻撃シフト。やっぱり、徳永がサイドに入ると攻撃の推進力が一気に増します。
ナオとの攻撃は迫力がありました。こうなると流れも徐々に東京へ。サポーターの声援も次第に熱を帯びてきます。
そしてCK、ここで「東京こそすべて」を歌い始めるとゴール裏だけでなくバック、メインからも手拍子が聞こえるようになり徐々にスタジアムが一体感を持って応援、まさにホームの雰囲気。東京のサポーターはとかく、普段はまったりとした感じの応援、と言われることもありますが、「ここ」という時の一体感はすごい、まさにそんな感じでした。応援に後押しされるように倒されてもボールをキープ、球際で負けない、そういうプレーが徐々に東京へ、そして徳永が頑張ってナオへ、これを抜け出した千真に、これが決まって1-2に。スタジアムは興奮の坩堝とかします。ここまでひたすら守って逃げ切ろうとした鳥栖が浮き足立っているのが分かります。こうなるとサポーターの声でさらに後押し、今度はルーカスがふわりと浮かしたボール、これもまた徳永が体を投げ出して折り返し、それを千真が膝?で押し込んで同点に!この時間帯、徳永のがんばりが目立ちました。そして、これだけでは終わりません。この得点の時にすぐにボールを拾って試合をスタートさせようという気持ちが良かった。
完全に戦意喪失気味の鳥栖に対して、とどめ、梶山が頑張って倒されて得たFK。これをまたまた千真が”鼻”であわせて3-2。途中交代でハットトリックの活躍、15分で3点、逆転勝利を収めました。
a0015766_22492911.jpg

試合終了までの間、いつもなら「眠らない街」を歌うのですが、この日は「ヘイ・ジュード」を合唱。この前のプレミアのマンチェスターシティの劇的勝利を彷彿させる展開にあえて、この曲、もともと東京ガス時代にはこれだったので、その時の歌で締めくくり。
ホームでこういう試合を見せてくれると最高の気分です。この日の観客は25000人、もっともっと生で見て欲しかった、そんな試合でした。
この日の主審は松村さん。久々に見たけどやっぱり安定していてストレスもなくていいですね。自分としては見ていて安心できるレフリーです。
a0015766_234068.jpg

これでホームは2勝目。いずれも3-2というスコア。サッカーでは一番おもしろいスコアと言われていますが。
そして来週はいよいよ、あのチームと対戦。個人的にはダービーのヴェルディ、クラシコのフロンターレ以上に負けられない、負けたくない相手です。今日のような戦いでぜひ勝利を!
[PR]

by y_flugels | 2012-05-21 23:20

【J特】残念だった蔚山アウェイゲーム

a0015766_22514151.jpg

ACLの予選も最後の試合になりました。すでにこの後のラウンド16への進出を決めているので、勝ちか引き分けで1位突破するか、負けて2位になるかの違い。もちろん1位突破であれば、ホームで試合をすることができます。対戦するグループの結果から1位抜けすればホームで柏、2位抜けだとアウェイで広州。正直、日本で試合が見たいけど、日本チームの同士討ちは避けたい、すごいジレンマでした。
試合は前半から終始、東京ペースだったと思います。この日、トップ下に入った河野も動けていたし、チャンスも何度か作っていたと思います。特に高橋秀人のミドルシュートのシーン、ポストに嫌われてしまいましたが、あわや、というシュートでしたし、そのこぼれ球を千真が頭ではじき返すも枠を外れる・・・。
CKからフリーでヒョンス、これも決定的でしたがバーの上、とチャンスを潰してしまいました。
先制は蔚山。FKから一端は塩田が防いだものの、こぼれ球を押し込まれて1-0に。しかし、あのシーンは「たられば」は禁句ですが、塩田でなく権田だったら防げた失点なのかなぁ、と。あそこでCKに逃げるか、キャッチしていたと思います。あのボールをゴール方面に弾いてしまったのは残念なミスだったと言わざるを得ないです。
先制すると蔚山は勝ちたい気持ちが強く、かなり引いて守るようになり、スペースがなかなかない状況で攻めていく,という感じでした。
ゴール前までは押し込むのですが、そこからなかなか崩せずに時間だけが過ぎていく感じです。そんな中でもアーリアの飛び出しや交代で入ったルーカスのシュートなどチャンスもあったのですが、相手GKにうまく止められ、結果、0-1で敗退となりました。
内容的には東京の方が押し気味に進めていただけに勝てる試合を落としたという気持ちです。特にあの失点シーンは防げたよなぁ~と。

これでラウンド16はアウェイで金満の広州恒大、相手の監督はかのリッピ、おもしろいことになってきました。
できることなら現地で見たい試合ですね。
[PR]

by y_flugels | 2012-05-18 23:57 | ++FC TOKYO

【J特】幸先良い出足も終わってみれば vs 札幌

a0015766_2139811.jpg

去年の12月のJ2最終節から半年後にまさかここに来ることになろうとは。あの時は雪が降り始めでしたが、すっかり雪もなくなりました。ただ、寒気が来ていて底冷えする寒さでした。
a0015766_21453454.jpg

アウェイサポーターは福住の駅からそのまままっすぐドームをぐるっと一周するような動線でした。すごく歩かされた気がします。その途中にこのように、ドームの天然芝養生をするところを見ることができました。
a0015766_2155426.jpg

12月の記憶が冷めやらないのか、札幌のTVなどでは、「奇跡のJ1復帰を決めたときの相手」というフレーズでこの試合を説明されていました。特に札幌は最下位なので、その時のいいイメージにあやかりたい、という感じでした。
a0015766_2215155.jpg

さすがにあの時に比べると来場者の数も少なかったですが、ドームと言うことで声が反響して札幌の応援がドームで響いていました。
試合前には岡山が札幌のゴール裏に現れてかなりゴール裏を煽っていました。
a0015766_2217449.jpg

試合開始して最初のプレー、東京が一気にゴール前へ。札幌の守備もなんだかすごくてぬるい感じであっさり、CKを得ることができました。このCK、一回ははじき返されたものの、その折り返しを梶山がなんだかよくわからないけど、「えっ!?」という感じのシュート、これが入ってあっさり先制。なんだか、札幌が最下位にいるのが分かるような集中のない守備という感じで点が取れてしまったのですごく拍子抜けでした。
そのあとも東京ペースで試合が進んでいき、このまま何点入っちゃうのという感じでした。チャンスも何度もあって、前半で試合を決めてしまえ!という感じでしたが、早い時間に点が入ってしまって、油断があったわけでもないのでしょうが、決めきれない時間が続きます。そして自分的には高橋秀人選手のなんでもないバックパスがミスになって相手の決定的なチャンスになったあたりから札幌が息を吹き返して、徐々に札幌ペース。特にあの前俊こと前田が前線でボールを追いかけたり、ボールをもったらキレのあるドリブルでペナルティエリアに入り込んできたりと、キレのある動きを見せて危ないシーンをなんども作られました。あそこまでキレがある動きを見たのはひさしぶりです。
そして完全に流れが変わったのは接触プレーでこの日、誕生日のナオがケガで退場、急遽、千真が入ったあたりでした。スクランブルだったせいか、うまく試合に入り込めない感じもしました。
そんな感じでズルズルとした流れで前半終了。
a0015766_22444052.jpg

後半、流れを何とか取り戻して追加点を取りたいところですが、さすがに石崎監督のチーム、走る、走る。そんなわけでかなり、ボールを前から取りに来るので、なかなかうまく自分たちのリズムでボールを回すことができない、そんな感じでした。そんな中、カウンターから東京ゴールをなんども脅かされるシーンもありましたが、この日はなにより、権田が”神”でした。正面、ギリギリのところなど、決定的なチャンスを全てブロック、何点防いだ?という感じでした。権田はこれがあるから頼もしい。
そんな感じで時間だけが過ぎていくのですが、中盤でボールがおさまらないなぁと思っていたら、米本を入れてそこを解消しようとしていましたが、ちょっと遅かった感じもありました。
千真もイマイチの動きだなぁ、と思っていたのですが(後半、かなり動きが鈍くなってきていたので)、そこで重松を投入。もう少し長く見たかったですね。で、重松のゴールもちょっと期待したのですが、時間が少なかったこともあり試合終了。
そういえばナオがケガしたときに重松や河野というのも見てみたかったですね。
a0015766_2345833.jpg

結局、最初の1点を守りきる形になり、1-0で勝ち点3をゲットしました。それにしても去年やられた内村が出て来て、前俊と祐介が前で走り回る時間帯はちょっと迫力があっただけにそこを凌いだのと交代で退いてくれたのは大きかったです。東京は動きもあまりよくなかったのですがそこでしっかり勝ち点3が取れたのは大きかったです。
a0015766_23112019.jpg

さて、しっかりここで勝ち点3を取ったので、いよいよACLラウンド16に向けて、蔚山との直接対決。もちろん予選突破はしているもののラウンド16はホーム開催をすべくしっかり引き分け以上で1位突破をして欲しいです。
[PR]

by y_flugels | 2012-05-14 23:12 | ++FC TOKYO

【J特】GW最後はTVで観戦

a0015766_2128049.jpg

5/6、4連休の最終日の19時キックオフという非常に厳しい日程が組まれた東京のアウェイ。新潟での試合、試合をフルで見てその日にはどうやっても帰れない、車で夜中走るか、深夜バスか、はたまた1泊して翌朝の始発で帰京するか、いろいろ検討したけど、翌日から1週間フルで働いて、かつ週末は札幌アウェイが待っていることを考慮し泣く泣く断念。スポーツバーでの観戦となりました。1年ぶりの新潟行きたかったんだよなぁ。

そんなわけで恵比寿の某所で観戦。この日のスタメンはまさかの徳永と森重のCBで椋原、太田が両サイドバックという布陣。もっともこれができるなら、そのうち、ヒョンス、徳永のCBとか徳永休ませて、椋原、ヒョンス、森重、太田という布陣とかいろいろできるんだろうな、と妄想。

開始から東京がポゼッションすれば新潟がブロックを作ってしっかり守るという展開。前半を見る限り、これだけしっかり守られているのは去年のJ2での戦いを思い出させる雰囲気。そして時折パスミスからカウンターを食らって危ないシーンもありました。特に前半右サイドを崩されて中に入れられたときは、「終わった!」と思ったのですが、誰も詰めていなくて助かりました。後半にも同じようなシーンがあり、こちらは相手選手のミスで助けられました。このどっちかが入っていたら展開は違ったでしょう。あとは1本ポストに助けられたのもありました。

新潟はロングスローからの攻撃、というのがけっこう見られましたが、これは、はっきり言って去年、千葉戦でオーロイにやられたからそれに比べては怖くなかったです。
新潟はミシェウがボールを持ったときにはちょっと怖い感じもしましたが、それ以外は東京がかなりボールをポゼッションできていたので安心してみてられました。

前半は0-0で終了。試合が動いたのは後半。この日、どちらかというと弱気なプレーが多かった太田に比べて、ACLでの活躍をそのままに躍動するむっくんが右サイドを駆け上がり中へ、それを梶山がGKの逆をつくようなコースへ、これが決まって先制です。
ここまでもだいぶボールを保持していたのでようやく決まったか、という感じ。ここから東京はさらに攻撃をし続け、こんどは椋原のロングスローからポストが落としたボールを谷澤が技ありのターンのゴール。その後の舞は・・・よく分かりませんでしたが、これで2-0。このあともしっかり新潟の攻撃を潰してシュートを打たせないようにできました。ここのところ、カウンターからの失点も多かった中、良く守れていたように思います。そういう意味ではGWの結果はあまり良くなかったですが、着実に修正できているように感じました。

試合は2-0で勝利。現地に行ければすごく良かったのですが、ACLで攻撃の調子を取り戻し、この試合で守備も修正できたので、このまま5月は無敗でACLのノックアウトステージ突破と行きたいものです。

ところで新潟のユニ・・・白い襟はなんだかすごく昔風な印象を受けました。レトロな感じだったなぁ。
でも来年、新潟に行きたいのでアルビにも頑張って欲しいです。
[PR]

by y_flugels | 2012-05-07 23:10 | ++FC TOKYO

【J特】Asia Best 16へ

a0015766_9214335.jpg

いよいよACLの予選も残すところあと2試合となりました。東京はこの試合の結果いかんでは、自力でACL予選突破が決まります。日本勢では一番乗りになります。
a0015766_9233661.jpg

この日の対戦相手はブリスベン・ロアー。アウェイでは2-0で勝利、FC東京のアジア初勝利を遂げた相手です。ホームでもしっかり勝っておきたいところです。
a0015766_1033272.jpg

少ないですがブリスベンのサポーター。ようこそ日本へ!ようこそ、俺たちの国立、そして東京へ。
a0015766_927734.jpg

前半はコイントスでブリスベンが逆サイドを取ったため、東京のゴール裏に攻め込む格好となりました。
相手のブリスベンは勝つしかない、という事でFWを4枚入れる攻撃的な布陣を敷いてきました。4-2-4だったのではないかと思います。
東京は前節の清水戦で決定的なミスをした?太田を外して椋原をスタメン起用、梶山を入れてナオを控えにしてきました。
負けられないブリスベンは前半からガンガン攻めてきますが、東京もそれに負けじと攻めの姿勢を見せ打ち合いの様相。ただし、あまりに雨が激しすぎて、選手の背番号すら見えにくい状況。背格好でなんとか識別という感じでした。
東京のゴール裏は試合前に「シュート打て」コールに「意地見せろ」コール。選手達は発憤したのだろうか?

そんな中、先制はブリスベン。開始早々にセットプレーからフリーで頭で合わされ、それはポストに当たったものの、弾かれたボールを押し込まれて0-1に。ちょっと嫌な雰囲気が漂いましたが、すぐさま、東京が同点に。この時間にすぐに同点に追いついたのはすごく大きかったと思います。サイドから崩して梶山がシュート、相手DFが弾いたボールを秀人がミドル。これがポストに当たってゴールへ。1-1。開始4分で2ゴール、完全に打ち合い試合の雰囲気。
さらに東京は攻め続け、右サイドからの崩し、クロスが相手ディフェンダーに当たったところを左サイドを上がってきた、この日、久々のスタメンの椋原がシュート、これが決まって2-1に。このままイケイケで試合を進めていきたいところ。
このまま東京ペースで進めていけると思いきや、ブリスベンも意地を見せます。右サイドの崩しから一端はシュートブロックしたもののこぼれ球を押し込まれて2-2に。さすがに前がかりにあるだけ、こぼれ球はしっかりシュートを打たれてしまいます。
このあとも一進一退の攻防が続きましたが、さらに前半終了間際。千真がペナルティエリアで倒されPK。ちょっと厳しいかな、と言う感じもしましたが・・・。
a0015766_948211.jpg

このPKをしっかり千真が決めて3-2。先制され、逆転、追いつかれたものの突き放す、前半だけでかなりのゴールラッシュ。雨さえなければたくさんの人に見て欲しかったゲームです。これで前半終了。
a0015766_9495544.jpg

後半。さらに打ち合いになるかと思いましたが、後半はじまって東京はPKを決めた千真がDFラインの裏を抜け出し、4点目、これで試合は決まった感じでした。このゴールもオフサイドギリギリでしたが、うまく抜け出した感じです。梶山のスルーパスも絶妙でした。
このあとは東京は米本、ナオ、ルーカスと投入して逃げ切りをはかります。個人的には重松あたりも見てみたかった感じもしました。特に前線からの守備で言えば重松は期待できますしね。
雨がひどくて試合に集中できなかった部分もありましたが(階段が川のようになっていましたしね)、4-2で勝利です。
a0015766_10114816.jpg

ブリスベンは荒いプレーもなく、しかもちゃんとパスを繋いで来るサッカーをしてきて、クリーンな戦いぶり、ジャッジに文句言うこともなくフェアでした。この日のレフリーもぶれたところがなく、判定に「?」と感じることもない見ていてストレスのないジャッジでした。中東カタールのレフリーということでどうかな?と思いましたが、文句なしです。フィジカルコントロールも流し気味でそれが世界基準なのかな、と。
a0015766_10145880.jpg

そしてこの日の勝利でFC東京はラウンド16進出を日本勢では初、決めました。アジアベスト16のチームです!思えば、去年の今頃はJ2で「おいおい、ホントにJ1戻れるのか?」と言っていたチームが今や、アジアベスト16ですから、たまりません。
但し1位抜けか、2位抜けかはこの日、同じくベスト16を決めた蔚山との直接対決で決まります。勝ちか引き分けで1位抜けが決まり、ラウンド16をホームで戦えます。ここは1発勝負なので、ホームでの戦いが出来るよう、勝っておきたいところです。
a0015766_10231198.jpg

試合後にブリスベン・ロアーの選手達がこちらのゴール裏へ。「ブリスベン!」コールで迎えます。まさにGood Looserというにふさわしい振る舞いでした。彼らはAリーグでは優勝しましたが、ACLでは敗退が決まりました。しかし、また来年、ぜひともACLで再開したい相手でもあります。
a0015766_10251099.jpg

雨の中、一緒に戦った選手達。8000人強という観客数でしたが、来た人は一様に満足したゲームだったのではないかと思います。これで予選突破、この前の清水戦で9人相手に負けてからよく立て直したものです。
a0015766_10302161.jpg

試合後。ブリスベンサポーターが。このゲーフラはさっきのゴール裏の写真で写っていたゲーフラ。握手をして写真を撮らせてもらいました。こういう雰囲気はすごくいいですね。これこそ、国際マッチならでは、です。幕ラーやユニを交換したり一緒に記念撮影をしたり、遠征してきたブリスベンのサポーター達も楽しんでいる様子でした。彼らは予選敗退が決まりましたが、サポーターもまさにGood Looserでしたね。
ホントにまた来年、同じ舞台で対戦したいなぁと思いました。
そして、「ACLは罰ゲーム?とんでもない」こんなに楽しい大会はありません。海外のサポーターとの交流などひとつとっても楽しい大会です。来年も是非出たい!
[PR]

by y_flugels | 2012-05-04 10:33 | ++FC TOKYO

ステキな金縛りを見ました

a0015766_22241179.jpg

三谷幸喜監督作品が封切りになったのですがさすがに、直後はかなり混んでいてなかなか見に行くのを躊躇していたのですが、上映されている映画館が少なくなってきたので、レイトショーで見てきました。
「ステキな金縛り」。深津絵里が主演で西田敏行、阿部寛、竹内結子、中井貴一などが出てくる、かなり豪華なキャストの映画です。一応、サスペンス?ですがもちろんコメディタッチ、竹内結子扮する女性が殺されることから映画はスタート。個人的には竹内結子、嫌いじゃないんだよね。だから、そんなのもあり、楽しく見ることが出来ました。有頂天ホテル、マジックアワーに次ぐ3部作ですが一番、これがおもしろかったかな。個性的な俳優が揃っているのでおもしろく仕上がっていました。また、DVD借りてみようかな。
[PR]

by y_flugels | 2012-05-01 22:32 | +映画