劇的逆転アウェイのベアスタのゲーム

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by y_flugels | 2015-06-23 22:52 | ++FC TOKYO

期待から確信へ

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by y_flugels | 2014-08-22 00:21 | ++FC TOKYO

なんとか逃げ切ったアウェイでの戦い vs 鳥栖

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by y_flugels | 2013-05-06 23:21 | ++FC TOKYO

【J特】J2天王山は痛み分けのドロー vs 鳥栖戦

a0015766_225273.jpg

2位サガン鳥栖とのアウェイでの対決。駅から一番近い、Jリーグ屈指のアクセスを誇るベストアメニティスタジアム(通称?鳥栖スタ)での試合。駅を出て鳥栖駅をまたぐ虹の橋からこのとおり、絶好のロケーションです。
a0015766_22123265.jpg

アウェイ側から見たツッコミどころ満載のスコアボード。頭上注意って高さがどのくらいなのか?とか、スコアボードの寄贈が個人名になっている件、とか、DHCスペシャルマッチだった、とか、実は試合中、このスコアボードに時間表示がない、とか。
a0015766_22151964.jpg

実はアウェイ側からホーム側まで歩いて移動できたので、そっち側に。ホーム側の裏手の広場にフードコートがあったからかもしれませんが。ホームゴール裏の裏手にはこんな垂れ幕が。
a0015766_22173750.jpg

飛ばない鳥がゴール裏へ。東京サポーターが「飛べ」と野次ったらジャンプしたかわいいヤツ。
a0015766_22185269.jpg

選手入場時に待機していたチアガール。DHCのイベントデーだったのでDHCの関連のチアガールかと思ったらどうやら鳥栖のチアガールだった模様。
a0015766_22201022.jpg

選手入場。今日も東京はメンバー変更なし。そして主審は松尾。すごく嫌な予感がします。ちなみに試合開始前までスタジアムDJが興奮してテンパリ過ぎているのがおもしろかった。「日本代表戦でも国際マッチでもない。これはサガン鳥栖のゲームだぜ!まだまだお客さんがやってくる」とずっと言ってました。
a0015766_22222056.jpg

アナウンスが聞こえなくてよく分からなかったのですが、始球式がありました。
a0015766_22261668.jpg

こんな大事な試合ですから、サガン鳥栖のサポーターも気合い入っていたと思いますが、こういう時におちゃらけるのが東京のゴール裏。「跳ばない奴はサガン鳥栖」→「跳ばない奴はユベントス」→「デルピエーロ」コールと意味不明な出だし。試合は最初から鳥栖がガンガン攻めてくる感じでした。豊田に当てて落としたところを周りにいる選手が抜け出して、という感じだったのですが、さすがに2位につけているだけあって、その攻撃に鋭さがありました。なんとか森重、今野のところで押さえ込んでいましたが、なんどか危ないシーンもあり、ひさびさに手に汗握る試合。それに加えて主審の松尾がよく分からない基準の笛でこっちのボルテージをどんどん上げてくれます。東京はなかなかチャンスを作れずどちらかというと鳥栖に押し込まれる展開。ドフリーで豊田が受けたときには目をつぶってしまいましたが、外してくれて助かりました。相手のミスには徹底的に煽ったり、鳥栖の応援で東京もやっているチャントにはかぶせたりと盛り上がりは人数少ない割にはかなりあったと思います。椋原の攻撃した裏を突かれて何度か危ないシーンがあったのですが、ついには1対1で、今ちゃんが後ろから倒してしまい、「やばい」と思ったらイエローカード。一瞬、赤かと肝を冷やしました。しかし、これで今野は次節出場停止です。
そんな押し込まれる展開でなんとか前半は0-0で凌いだ、という感じでした。さすがに上位対決にふさわしい内容です。
a0015766_22335538.jpg

後半に入り、東京も戦い方を少し修正してきて徐々にボールを回せるようになりました。今野が1枚もらっているので2枚目が怖かったですが、さすがに代表レギュラー、きっちり格の違いを見せる守備で最終ラインからビルドアップ、森重もすごく安定していて足下の強さを見せていたし、徳永も相手を吹き飛ばすフィジカルの強さを見せたり東京のリズムができはじめてきました。交代はまずはナオ。横浜FCとの戦いでもいい仕事をしているだけに期待できそう。最初こそ、なかなかボールが入らなかったですが、徐々にボールが入り出すとサイドを崩すシーンがなんども。右サイドに攻撃が偏っていると見せかけてフリーの左サイドに展開したりと、東京が押し込む展開でここでさらに攻撃に厚みを加えたいところでしたが、まさかのセザー。前節の横浜FC戦でも良くなかったですがこの日も完全に浮いていました。一人でボールを持って行って周りがフリーなのに強引に行って倒されて、審判はスルー、でカウンターと見ていてイライラしましたし、完全にブレーキになっていました。前節の結果も踏まえ、なぜあのチョイスなのか大熊采配に疑問です。
さらに最後は永里・・・これも正直、機能してなかったなぁ。最後はかなり押し込んでいる時間帯もあったし、坂田という選択肢はなかったのだろうか?
a0015766_2239156.jpg

この日は今シーズン最多の15,489人、多く集まりました。J2の鳥栖にとっては嬉しい観客収入となったでしょう。
a0015766_2240266.jpg

このスタジアム、アウェイ側は時計がなくて見にくかったですが、良かったのはカードが表示されていること。これはありがたいかも。
a0015766_2241486.jpg

結局、試合は0-0のスコアレスドロー。前半は鳥栖のゲーム、後半は東京のゲームと言うことで言えば、両者痛み分け、という感じでしょうか。鳥栖もそうかもしれませんが、東京も勝てないゲームではなかったと思います。特に交代枠の切り方次第では流れがもっとこっちに傾いたのでは?と思うと残念でなりません。
あと、やっぱり主審の松尾は松尾だなぁって思いました。カードの切り方が微妙なんだよな。あと相手選手が権田を突き飛ばしたのがあれはお咎めなしなの?って思いました。
a0015766_2244164.jpg

5連戦の半分が消化、残りはホームで大分、そして緑虫との対戦。次節は上位陣同志が対戦するつぶし合いなのでしっかり勝ち点3を取りたいですし、そのあとの緑虫戦は勝ち点3は必須、得失点差もこの日に行われたマンチェスターダービーのように5点差くらいつけて勝ちたいところです。
それにしても試合後、鳥栖駅に行きそこからJRの快速で博多、地下鉄で福岡空港までドアドアで1時間弱なのには驚きました。19:00に終わったとして20:30の飛行機にも間に合うのはすごいですね。(自分は違う便ですが)
スタジアムの雰囲気もすばらしいですしアクセスも最高、さすがの鳥栖スタです。

More
[PR]

by y_flugels | 2011-10-24 22:53 | ++FC TOKYO