タグ:川崎フロンターレ ( 19 ) タグの人気記事

2nd開始クラシコは黒星スタート

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by y_flugels | 2015-07-13 23:09 | ++FC TOKYO

多摩川クラシコは劇的逆転

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by y_flugels | 2015-05-09 23:18 | ++FC TOKYO

多摩川クラシコは熾烈なドロー

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by y_flugels | 2014-09-22 00:23 | ++FC TOKYO

話にならない負け試合

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by y_flugels | 2014-03-24 23:57 | ++FC TOKYO

灼熱の多摩川クラシコは両者譲らず

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by y_flugels | 2013-08-13 00:53 | ++FC TOKYO

多摩川クラシコで久々のホーム勝利

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by y_flugels | 2013-04-30 00:07 | ++FC TOKYO

【J特】史上最速の降格を目撃

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by y_flugels | 2012-09-30 21:46 | +Football

【J特】内容で勝って結果で負けた

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by y_flugels | 2012-09-23 23:16 | ++FC TOKYO

【J特】安岡さんにトリビュートする歌声 vs 川崎戦

a0015766_21224236.jpg

桜も満開になった東京、この日は川を挟んで対岸の川崎のホームでフロンターレ戦が開催されることになりました。いわゆる2年ぶりの多摩川クラシコです。
a0015766_2124351.jpg

スタジアム前の道路もすっかり桜が満開。サッカー観戦&お花見の等々力での試合になりました。
a0015766_2125270.jpg

この日のためにスタジアム前の街頭には専用のバナーも掲げられていました。
a0015766_2126525.jpg

かつて川崎のサポーターがみちのくダービーに花輪を送ったことに対する返礼のようです。
a0015766_21311034.jpg

アウェイ待機列が作られた場所はちょうど桜の咲いている場所だったので、入場まで待っている間、さながらお花見をしているようになりました。長い入場待ちもこの日は桜を見ながらなので苦になりませんでした。
a0015766_21332382.jpg

入場口にいた女性スタッフ。おもしろい札を下げていました。これは初めて見ました。
a0015766_21352923.jpg

第19回目の多摩川クラシコ、フロンターとの対戦だったんだそうです。
a0015766_21363713.jpg

試合開始前、ドロンパはテレビカメラにいたずらしたりとはしゃいでいたけど、東京のゴール裏が You'll Never Walk Alone を歌い始めてからは胸に手を当ててずっと立っていました。
この日のスタメンは北京での試合とほぼ同じ布陣、梶山はケガのためかベンチ入りはせず、加賀の変わりにはチャン・ヒョンスが入り、丸山が控えに入りました。
a0015766_2158582.jpg

前半は一進一退の攻防。東京はパスを回して川崎のゴール前にボールを運べば、川崎はカウンターでDFの裏に縦一本、それをレナトと矢島が抜け出して、というシーンが多く、わかりきっている攻撃とは言えやはりレナトのスピードはちょっと怖かったです。昔から川崎の外国人を使ったこういう攻撃は伝統ですね。
両チームのGKも集中していて決定的チャンスをしっかり抑えていました。また、前半はレフリーもやや流し気味でしたが、試合を頻繁に止めることもなくいい流れを作っていたと思いました。
あと初スタメンのヒョンス、よかったですね。フィードが正確なのがいい。守備もまあ安心してみていられるレベル。代表DFが抜けて、加賀もケガですが、不安はあまり感じませんでした。
a0015766_22382561.jpg

ハーフタイム。なんとここでダークドロンパが登場しました。今日は川崎のホームですがマスコット対決ではウチの勝ちだったかな。
a0015766_2254564.jpg

後半に入り、アーリアが早々に2枚目のカードをもらって退場となります。これで早くも2回目です。なので2試合出場停止になるはずです。確かにあの判定は謎でした。あれでイエローを出すほどのプレーには見えません。ただ、1枚もらっている以上、やはりあのプレーは軽率だったとも言わざるを得ないでしょう。ただ、ここから、ジャッジに「ん?」というシーンが多くなります。なんと言っても主審は扇谷ですからね。後半に入り、試合について行けずに「見えてる?」という判定がかなり多くイライラさせられました。また川崎寄りの判定も多かった様に感じました。まして、こちらは10人で押し込まれる時間帯が多かったので、手に汗握る時間が続きました。もちろん、こういう時だからこそ、サポーターは声で後押しをするしかないんだけど、押し込まれる時間が多く、とにかく点を取られるな、という守りの気持ちがあったのは事実。
選手交代もアーリアが退場になってすぐにヨネを入れて、さらに谷澤に代えて草民。確かに後半は谷澤のところを狙われかなりボールロストをしていたのでこの交代も頷けます。谷澤はやっぱりボールとられすぎだよな。あと、縦パスを読まれてカットされるシーンも多かったです。
でも、耐えて耐えて残り10分になったとき、今までなら「あぁこのままドローでいいや」と思うんだけど、ポポ監督になってからは「いや、もしかしたら点が入るかも!?」という期待をどこかに秘めながらの応援。ヨネが最初は怖がっている感じだったけど徐々に自分らしいプレーを見せて高い位置でボールをカット、チャンスを作り出す、そして秀人がミドル、これがCKに。時間的にはあと数回のチャンス、ナオがゴール裏を煽る、これでサポーターのボルテージも最高潮に(すでに扇谷の謎判定でかなり熱くなっていたけど)。このCKを森重が渾身のヘッド!GKの手を弾いてゴール!これにゴール裏は大爆発。思わず雪崩れてしまいました。
a0015766_22392862.jpg

こうなると後は勝って終わりたいところ。イケイケの東京ゴール裏は「♪東京なめるなよ~勝利はもらったぜ~それが東京~それが東京~東京ロックンロール~」と大合唱。奇しくもこの日、元歌の「ホタテのロックンロール」を歌っていた安岡力也さんが亡くなったことを受けて、Twitterなどで「今日、絶対にこの歌を歌える展開にしよう!」とサポーターの間で話されていたのですが、それが実現できました。天国の安岡さんにも捧げるサポートソングとなりました。
ところがこの試合はまだ終わりません。太田がケガをして退場、椋原に交代します。そしてロスタイムは・・・「6分!」まさに松木さんがいたら「ふざけたロスタイムですね」と言うであろうありえないロスタイム。さらに扇谷への不信感が募ります。そのロスタイムも何度、ペナルティエリア手前でファールを取ったことか・・・そこまでして盛り上げたいのか?と。
しかし、そこも東京が凌ぎきり、1-0で勝利しました。

やはり、J2降格して、1年間J2で鍛えてさらにポポサッカーが浸透して、チームが逞しくなったことを実感しました。おそらく一昨年であれば同点にされ、ひっくり返されていたでしょう。
a0015766_2244455.jpg

この試合を勝ったのは非常に大きかったと思います。勝ち点3以上の勝ちがあったんじゃないだろうか、と思います。
帰りの電車でぐったりでした。
次節は鹿島、調子の上がらない相手なので確実叩いておきたいところです。今までの東京だと「いい人」ぶりを発揮して、調子の上がらないチームの息を吹き返させてしまうのですが、しっかり勝ちたいですね。

スタジアムグルメは?
[PR]

by y_flugels | 2012-04-09 22:57 | ++FC TOKYO

【J特】やりきれない敗戦 vs 川崎戦

a0015766_2216543.jpg

今年も多摩川クラシコの季節がやってきました。正直、自分的には”多摩川クラシコ”と盛り上げられているものの、実際には34分の2試合なのかな?という気持ち。赤いチームだったり、J2の緑だったりの方がよっぽど気持ち的に因縁を持って戦えるので。
a0015766_22193846.jpg

試合前には味の素デーということでアジパンダとかつお武士くんが来ていました。なんか、今日は多摩川クラシコメインなのか味の素デーメインなのかよく分からない日でしたね。
a0015766_22261046.jpg

試合前にはMXの企画で寄せ書きができた、と言うことで青赤娘がゴール裏に。
a0015766_22273445.jpg

試合前にはゲン担ぎの白いブツを投げ込んだり。ゴール裏だったのでどんな感じに見えたのかは分かりませんがかなりの量の白いブツが舞った感じです。
a0015766_22294441.jpg

今日はようやく?ベストメンバーが揃った感じです。DFが北斗、森重、今野、徳永、MFに梶山、米本、石川、羽生、FWに大黒、平山。川崎は怪我で危ぶまれたジュニーニョ、矢島が2トップでした。
前半はなんだろう?ふわふわした雰囲気、いつもなら前半から果敢に攻めるシーンがあったのですが、さすがに相手は川崎、そう簡単には攻撃をさせてくれない感じで、なかなかチャンスを作れません。それ以上にこの日はミスが多かった、それこそ、城福さんの末期の試合に近い雰囲気でイライラする試合内容でした。ただ、守備がこの日はかなり集中していて、なんとか川崎の攻撃を抑えているそんな感じでした。それにしても、この日は中村憲剛がいなくてこれだけ押されているのですから、いたらと思うとぞっとする展開でした。
a0015766_22383997.jpg

後半。ハーフタイムに修正があってやや攻撃的になるのかな、と思った矢先に失点。なんかとりあえず打ってみました、的なシュートがギリギリ枠内に入ってしまいました。ホームでやるメリットはサポーターの力、なんだけど、今のホームの雰囲気って先制点を取られた瞬間、一気にスタジアムを負のオーラが覆うんだよね。ゴール裏の真ん中が「行こう、行こう」って言っても、周りが「あぁ・・・またか」オーラを放ってしまうから、どうもよくない感じがする。でも、それでも、選手の気持ちとサポーターの”残留”という二文字が後押しして、なんとか選手をもり立てます。そして、セットプレーからモリゲが頭で決めて1-1に。正直、アテにしていなかったセットプレーから決まったのは大きかったなぁ。ここから、一気に逆転、個人的には振り出しに戻ったしいけるぞ!という雰囲気でした。ところが、この日はあえていうと、梶山がダメ。せっかくの流れをどんどん相手に渡している感じでした。走れない、シュート打てない,挙げ句の果てに危険なセンターサークル付近で相手が押し上げているときにパスミスをしてカウンターを食らう、で流れは川崎に。そして、軽率なプレーからボールを奪われ、幾度となくピンチを招きます。それでも、なんとか最終ラインが集中して守って、特に途中で椋原を入れて相手の外国人の攻撃を潰すようにしてからバランスが良くなった気はしたのですが、残り10分になって、右サイドでボールを奪われ、権田とモリゲがお見合いする恰好になりその間に入ったジュニーニョがループ。無情にもゴールを奪われてしまいます。残り10分弱、残留ということを考えると最低でもドローにしなくてはならないのですが、交代でまさかの”尊師”投入・・・。リカもスピードを生かしてチャンスを作るのですが,最後のフィニッシュが決まらず。最後のCKでは権田が上がってなんとか、という感じでしたが結局、それも実らず1-2で負けてしまいました。負けた瞬間、呆然、という言葉がピッタリスタジアムに微妙な空気が流れました。それにしてもこの試合は少なくともドローにできた試合ですし、しなくてはならない試合でした。残念でなりません。
見ていて、気持ちが伝わってこない試合でした。川崎の選手は120分戦って、怪我人も多いのに、しっかり走ってボールを追いかけていたのに、ウチの選手は城福さんの悪かったときのようにきれいにやろうとして?全然一生懸命走ったりが見えてこない。本気で残留したいのかな?

今日は平山も良かったし、北斗、徳永もがんばっていたと思うけど、とにかく、梶山の悪さが目につきました。こんな状態で使うのであれば、正直、大竹にチェンジするべき、と強く感じました。特に何気ないヒールとかを相手に取られるとあれほど、気のないプレーに感じイラッとすることはありません。というかヤツはJ1残留したいと真剣に思っているのだろうか?そう疑われても仕方のないくらい、無気力さを感じさせる軽いプレーが多すぎました。シュートが打てないならピッチに立つべきではないと思う。
残り3試合、泣いても笑っても、最高で勝ち点9しか積み上げられません。でも9積み上げなければ残留は厳しい状況となってきました。つべこべ言わずに勝つしかないですね。

それにしてもこのクラシコ、と言う舞台、主審で来た山本って聞いたことない名前で嫌な予感はしたけどやっぱり・・・基準はよく分からないし、意味不明なジャッジが多かった。特に最後の平山がシュートしたシーンでラフプレーって・・・シュートしたときに相手ディフェンダーと絡んだんだろうけど、あれでファールはいいとして、ラフプレーでイエローもらっちゃFWがかわいそうでしょう。勘弁して欲しいです。おかげで次節、平山はお休みか・・・。

というかホームで勝てなさすぎ。これじゃ、ホームとは言えないでしょう。もちろん、もしかすると?ウチら、サポーターの応援が全然ホームの雰囲気を作れなくて選手の後押しをできていない(のかもしれない)。もしそうなのだとすればサポーターの責任もあるのだろうけど、どうなんだろう?いずれにしても、来年は国体の絡みもあるし、国立の試合を増やして欲しい。その前にお祓いをすべきですね。いっそ、ホームとアウェイサイドを西京極とかみたいに入れ替えちゃうとか・・・。

More
[PR]

by y_flugels | 2010-11-20 23:32 | ++FC TOKYO