快勝なのに後味悪い vs 柏レイソル

a0015766_10481497.jpg

ナビスコカップ決勝まであと半月を切りました。ナビスコカップ決勝前最後のホームゲームということで、味スタには2004年のカップなどが飾られていました。
a0015766_10515517.jpg

試合前に食べた黒カレー。黒糖、カカオ、焦がし醤油、秘密の黒スパイスのカレー。激辛でもなくおいしくいただきました。
a0015766_10555369.jpg

対戦相手は柏レイソル。J2降格の危機に瀕しているので負けられない気持ちでぶつかってくるだろうし、もちろん、ウチも青赤のプライドをかけてホームでは最近勝っていないし、負けられない、そんな感じでした。
a0015766_1103098.jpg

この日は長友がケガのため欠場、達也が累積で欠場と言うことで代わりに椋原が入り、赤嶺、平山の2トップとなりました。柏は大津が累積、トラウマと化してきているフランサが欠場と言うことでやや東京的にはラッキーでした。
a0015766_112476.jpg

試合開始早々は菅沼の裏への飛び出しを生かした柏のカウンター攻撃にブルーノ、椋原などがうまく対応できていなくて、裏を取られてピンチを迎えます。この時間帯に点取られていたら、この試合の展開は変わっていたでしょう。しかし柏のミスもあってここでしっかり抑えられたのが大きかったと思います。
徐々に東京がペースをつかみはじめ、梶山の変態パスが炸裂し出すと徐々に東京ペース。ナオが相変わらずの切れプレーで柏ゴールを脅かします。なかなか点が奪えないまま前半終了か?と思った矢先、羽生のスルーパスに赤嶺が反応してゴール。先制ゴールを奪って前半を終了。このゴールはいかにもFWという形の得点でした。
a0015766_1184132.jpg

後半はハーフタイムに城福さんの檄がかなり飛んだのでしょうか。守備もちょっとぬるいなぁと思っていたのも修正されて、完全に東京ペース。幾度となくチャンスが生まれます。そして、赤嶺がタッチライン沿いで粘って、ウチらも、そして柏の選手もゴールラインを割った、と見えた(実際には完全にオンライン)ところを粘ってあがってきた羽生にパス。ワンテンポ遅れた柏のDFは追いつけずにそのままゴール、2-0と突き放します。
さらに赤嶺が点取ってすごく動きが良くなったのに引っ張られる形で平山も動きが良くなってきて、さらに赤嶺がゴールしたら自分も決めないと、ということでしょうか、積極的にプレーする時間帯が増えてきて、羽生のまたまたスルーパスに平山が左足で流し込んで3-0。試合は決まった感がありました。
東京はさらに得点を狙いに行きます。羽生の惜しいシュートもあったりしたのですが、またまた、この日、羽生の相手DFの裏を狙うパス。そこに飛び出したのがナオ、しっかり浮玉シュートを決めて、4-0。ほぼ勝利を手中に収めました。このまま、歓喜して帰路につく、そんな楽しい試合でした。

But
[PR]

by y_flugels | 2009-10-17 23:47 | ++FC TOKYO

東京ディズニーランド死守 vs 柏戦

a0015766_065375.jpg

上野駅に行って・・・
a0015766_072973.jpg

常磐線に乗って30分・・・
a0015766_092119.jpg

着いたのは柏駅・・・。駅を降りると柏のサポーターが今日の試合のビラ配り。
a0015766_0105068.jpg

着いた先は日立台・・・。今日は公式戦再開の初戦、柏との通称「金町ダービー」です。
思えば今年の3月、こんな試合を見せられて以来の日立台、ちょっとこの試合、そして去年の天皇杯準決勝がややトラウマです。
a0015766_0173355.jpg

試合前に腹ごしらえ。鹿島の一部のサポーターが馬鹿なことをやったおかげでこのように完全隔離された感じで食べ物が売られています。ケータリングが2台・・・ということで大混雑です。
a0015766_0184440.jpg

今日は蒸し暑かったのでさっぱりとしたものを・・・と思ったらシーフード系の丼があったのでそれを食べてみることにしました。
a0015766_0201044.jpg

しらす丼を食べました・・・値段も良心的でしたね。さっぱりとしていておいしかったです。
a0015766_021430.jpg

このスタジアムに雰囲気は本当にいつ来てもいいですよね。ピッチの息づかいが聞こえてきそうです。
a0015766_0225344.jpg

GK練習もスタート。あいかわらず浜野さんは鬼のようないいシュートを打ち込んでいました。
a0015766_0235644.jpg

フィールドプレーヤーも練習を開始。W杯最終予選に招集されていた長友と今野も無事に合流です。
a0015766_0263180.jpg

試合前に柏ゴール裏から、ナビスコカップの決勝トーナメントを阻止されたけど、去年の天皇杯の準決勝で勝ったから五分五分・・・で、今日、柏が勝ったら、「東京ディズニーランド」をいただく宣言。「浦安ディズニーランドに改名する」と果たし状宣言。昔はそれに呼応していたけど、最近は東京のゴール裏は遊びがなくなった感じだよな~。で、彼らにとっては今日が開幕らしいです(笑)
a0015766_0291679.jpg

開始早々こそ一進一退でしたが、今日は前線で平山が、カボレと見分けがつかなくなるくらい、ポストプレーそして前を向いて突き進む、と、まさに確変していましたね。やればできるじゃん・・・。柏は向こうの右サイドに最終ラインか中盤の底からロングフィード、右サイドの選手が抜け出してセンタリング、というほぼワンパターンな攻撃。最初の数回こそピンチになったりしたのですが、そこは日本代表、長友が抑えて柏の攻撃の芽を摘んでいきます。そうなると、東京がボールを支配する時間帯が続き、もうボールを柏に奪われることもなく、チャンスを作っていきます。そして、先制はまたしてもあの男・・・”絶好調”でした。ブルーノのパスを受けて思い切りシュートを打ち込むとサイドネットに突き刺さり先制!いまはナオにボールが回ると点が決まるオーラがありますね。さらに、前線でガンガンプレスを掛け、最終ラインを高い位置で保ってオフサイドを取り、東京がコンパクトなボールを完全に支配、おもしろいようにボールが回ります。そして今度は平山がポストになってカボレが叩き込んで2-0。米本や梶山、羽生といった中盤もしっかり支配して前半を終了します。前半終了間際にカボレが足を痛めた後の時間帯はちょっと柏に押され気味でしたがなんとかしのぎました。
a0015766_0412978.jpg

後半も東京が主導権を握って、平山がズドンと力強いシュートを決めて3-0。にしても今日の平山はナオが霞むくらいにすごく良かった。これだけできればはっきり言って、東京の攻撃力はかなり脅威だと思います。もともと高さがあるのに今日はフィジカルでも勝っていたし、なにより前に行こうという気持ちが出ていて良かったなぁ。
a0015766_0431515.jpg

こうなるとこのスタジアムの構造上、ゴール裏は大盛り上がりです。こういう一体感のあるスタジアムはホントにいいですね。
a0015766_0441815.jpg

柏はフランサとポポを入れてきました。このあたりから柏が徐々に攻めに転じて東京がちょっと押され気味になります。特にこの2人がボールを持ったときに自由に持たれるシーンが結構あって、決定的なピンチも何度かありました。中盤の運動量が落ちたせいもあるのでしょう、かなり劣勢になってしまいました。そういう意味では早く、選手交代をして中盤を落ち着かせては??と思ったのですが城福監督は動きませんでしたね。最後のところは今野や長友、米本あたりがしっかり抑えて、そして権田も安定してきた守り(前半の2回の飛び出しは焦ったけど)で、この前の清水戦のように追い上げられるのをしっかり抑えます。
特にカボレがもう全然動けなくなってからは、東京サイドでずっと試合が進んでいたように感じます。
a0015766_048044.jpg

今日の主審の佐藤がこれまた、流し気味のジャッジなのは許せるとして、その基準がブレブレなので、「ここで流す??」というところが結構あって、選手の集中が一瞬切れてピンチを招くシーンが何度かありました。審判への不信感もあって、今日の試合は点差ほど安心して見られませんでした・・・。
最後は草民、赤嶺も投入して、逃げ切りを図ります。今日の草民は駒沢の時ほどのキレはなかったように感じましたが、随所にいいプレーはあったと思います。もう少し、大きな展開があってもいいかな~と思ったりもしましたが、一試合ごとにフィットしている感じです。
a0015766_051286.jpg

試合は3-0で快勝と言っていいでしょう。この前の駒沢での試合が今季ベスト3に入る試合と思ったけど、この試合もそんな感じですね。ほんと、3ヶ月前にはどうしようと思ったこの地で、こんなゲームを見られるとは思いませんでした。やっぱりカボレの復調と、ナオの絶好調ぶり、そして平山の確変でまわりもそれに引っ張られるようにあがってきた感じでしょうか。順位も一気に9位まで上昇です。
a0015766_0534252.jpg

そういえば、先週の試合後に挑発的なことを言ってた元ウチの選手も完全に今野に抑え込まれて、仕事させてもらえませんでしたね。今日の今ちゃん、効いてましたね。
a0015766_0545665.jpg

そしてこの日もキャプテンマークの似合う、絶好調男のナオ。ほんとこの調子の良さはいつまでいっちゃうんでしょうか?いや、これが普通に実力なのかもしれませんね~。なんと、日本人トップですよ!

次の清水戦、前回の駒沢ではヨンセンも岡崎もいなかったのですが、今度は2人とも揃って出てくるでしょうし、ここでいまのサッカーの完成度、ポテンシャルを測るには格好の試合になりそうです。もちろん、勝つ、しかないんですけどね。いや、勝つでしょ。

帰り道は、いつもは長いなぁ~と思う道のりも短かったなぁ・・・なんだかウキウキでした。



城福さんいい顔してんなー
ってか今ちゃん・・・笑えます。
何度も見てしまいますね。

そういえば我が軍は3試合連続3得点ですね!!

やってもーた・・・・
[PR]

by y_flugels | 2009-06-20 23:52 | ++FC TOKYO

身も心も寒かった vs 柏レイソル戦

a0015766_21504964.jpg

日立台での柏戦。不覚にも去年はチケットを取り忘れて、というか平日の夜だったのでタカをくくっていたら完売になってしまい、泣く泣く沖縄で見ていたので、今年は気合いを入れて発売日にゲット。雨の柏駅に降り立ちました。駅を下りて歩いているとなぜかカーネルサンダース3体がお出迎え。
a0015766_21522872.jpg

去年、インファイトが暴れたせいで完全隔離されてしまったアウェイ席。ゴール裏にあるケータリングカーが唯一の売店(昔はメインやらバックの裏の売店に行けたのだが・・・)
a0015766_21541611.jpg

タッカルビ丼とフランクフルトしか選択肢がなかったので、辛いのは・・・ということでフランクフルト。チーズが載っていてそれなりにおいしかったが・・・。
a0015766_224233.jpg

日立台はピッチとスタンドの距離がすごく近いので、選手へ想いを伝えるには絶好のスタジアム。権田の練習を見ながら、今日も勝ってくれ、と気持ちを送る。
a0015766_2271046.jpg

今日のスタメンとリザーブ。代表組の代わりに藤山、金沢、リザーブには椋原、浅利というメンバーが加えられていました。
a0015766_2282332.jpg

柏のゴール裏。今日も、前日に離婚会見をした陣内智則のコメントをパクってちょっとしたパフォーマンス。そういえば最近、金町ダービーと言いながら、東京側も柏をいじることは無くなりましたね・・・余裕が無くなったのか、それとも遊び要素がなくなったのか。
a0015766_22134584.jpg

スタメンは権田に藤山、佐原、茂庭、徳永、梶山、金沢、石川、羽生、カボレ、平山という布陣。柏は控えメンバー中心の布陣、GKは久々の南でした。
a0015766_22153346.jpg

柏がどういう意図でメンバーを代えてきたのかは分かりませんが、少なくともフランサもいないし、このメンバーであれば東京はしっかり勝っておきたいところでした。
a0015766_22171577.jpg

ところが開始早々から、パスはつながらない、サイドからは簡単に中に放り込まれる、ぬるい守備であっさりゴール前まで攻められる、という開幕からの悪い部分がこの日も出てしまいました。1試合だけならまだしも、毎試合、毎試合こんな調子じゃ、最初からサポートしようにもテンションが下がります。しかも冷たい雨が降っていて気持ちもどよ~ん。と思ったらあっという間に先制。さらに徳永が余計なプレーでファールをもらってFKを決められ、あっという間に0-2。2点取られても、緊迫感のないと言うかピッチで戦っている、そんな気持ちを感じないプレーが続きます。南がチョンボしてくれて、カボレがそれをかっさらって1-2にして、その後、数分は東京の時間帯もありましたが、追いつくこともできずに1-2で前半終了。途中で藤山と徳永が入れ替わってバランスが多少よくなった感じでした。
a0015766_2223518.jpg

後半。修正されることもなく、ずるずると時間だけがただ、ただ、過ぎていきます。そして集中のない守備からPK献上、1-3。ほぼ、柏は勝ちを手中に収め、そして東京は、今の東京は、ここから追いついてやろう、と言う気持ちすら感じない、そんなプレーと時間が続きます。タダでさえ、足の先まで冷え切って寒いのに、試合も寒い、負けているのにぬるい守備、気のないパスミス、ただ前にはじき返すだけのクリア、防戦一方、とにかく見ていてイライラするくらい、ひどい内容でした。
イライラから、佐原が大津を削って一発即発になったり、試合も荒れ気味、結局、選手交代も、大竹、達也と切ったものの赤嶺は微妙な感じで、気づけば試合終了。
a0015766_2229562.jpg

試合後、佐原は柏のサポーターの野次にかなり切れてたけど、それはそれでレイソルのサポーターまじでムカツク、とか思ったりもしたけど、なにより、負けちゃいけないでしょう。
とにかく、拍手がゴール裏から出たのも驚きの試合でした。
開幕から4試合、いまだに心を動かすゴールどころかプレーも見られない、フラストレーションの溜まる試合でした。
a0015766_22313541.jpg

今日に関しては主審が家本、という以前の試合でした。監督もレフリーの判定に切れる前に、気持ちのない選手に切れて欲しかった。小平で一体なにをやっているのか?ガーロの時よりひどいんじゃないか、と思いました。まだ、3月、でもそろそろ気持ちを入れ替えてもらわないとズルズル・・・夏場には真剣にやばい状況になってしまうんじゃないか、と危惧してしまいます。
特にこの日はみんなひどかった。ナオとカボレくらいじゃないか?戦っていたのは。特に、梶山と徳永、はひどかった・・・。プレーが雑すぎる、せっかくのチャンスもトラップミスとかパスミスでテンションが下がるようなプレーが目につきました。2人はもしかするとレギュラーが約束されているという、甘えがあるのかも知れません。一度、スタメンを外すのも考えた方が良いように思いました。

柏レイソル3-1FC東京

前半22分 山根 巌
前半32分 ポポ
前半33分 カボレ
後半2分 大津 祐樹
[PR]

by y_flugels | 2009-03-25 21:40 | ++FC TOKYO

今年もサッカーはじめ

a0015766_22571274.jpg

来年こそは 掲げよ 東京!!

あけましておめでとうございます。
[PR]

by y_flugels | 2009-01-01 23:27 | +Football

今年一番の悔しい終戦 vs 柏戦

a0015766_912523.jpg

やってきました天皇杯準決勝はエコパ(静岡県)。実にここに来るのは6年ぶり。前回は2002年ワールドカップの準々決勝、ブラジル-イングランドでした。その時は掛川からバスで行ったのですが、今回は愛野駅から歩いてスタジアムへ。
a0015766_9162840.jpg

エコパとは、「エコー(歓声のこだま)」、「エコロジー(環境)」を意味する「エコ」と、「パル(仲間)」、「パーク(公園)」を意味する「パ」を組み合わせて、「エコパ」となったそうです。
a0015766_9464673.jpg

開門前の東京の待機列。かなりの人数が来ています。みんなの気合いと気持ち、そして、国立への熱い想いが伝わってきます。駅からの道でも間違いなく柏より東京のサポーターが多かったです。
a0015766_9572930.jpg

対戦相手は柏レイソル。なんだか辞める監督のために、と感傷的なモチベーションで勝ち上がって来たチーム、我々はもっと高い高い望みを賭けて戦います。モチベーションのベクトル、次元が違います。負けられない試合です。
a0015766_959662.jpg

小平で書かれたサポーターの熱きメッセージがスタジアムに横断幕として掲げられました。
a0015766_1002167.jpg

ついに来ました準決勝。セミファイナルは東京ガス以来、9年ぶり?の舞台です。新しいステップに向けて、ここは越えなくてはならない壁です。
a0015766_105254.jpg

遠路はるばる青赤なメンバーがたくさん、静岡まで来ました。
ただ、この日のサポートは・・・個人的には・・・後で書きます。
a0015766_1063762.jpg

この日のスタメンは仙台での清水戦とほぼ同じ。出場停止の茂庭に代わって藤山がスタメン入りでした。柏はフランサがスタメンではないんですね・・・スタメンで使えば、と言う気もするんですが、向こうは向こうのやり方があるんでしょう。で、主審は扇谷、なぜか上が黄色、下が黒・・・「お前は柏のスパイか」と思わせるスタイルでした。このブタ野郎、東京で笛を吹くと、ろくなことをしないのですが、この日も基準の分からない笛、流しすぎで東京が受けた反則をスルーしまくり、で、見ていて腹立たしいジャッジが多かったです。これはこの試合、勝っても言おうと思っていました。
a0015766_10101349.jpg

前半は一進一退の攻防、東京が押す時間もあれば、柏が押す時間もあって、なかなかの好勝負。開始直後は柏が押し気味に時間を進めていて、あわや先制点というヘディングシュートを塩田が掻きだして押さえたりでツキは東京にある感じ。あの時は肝を冷やしました。
そんな中、東京が徐々にペースをつかみはじめ、特に、梶山がこの日は良い方の梶山だったのでボールをキープして主導権を握っていきます。そんな中、この日は古巣相手で気合いの入っていた、そして再三チャンスをつくっていた、達也が中に切れ込んでシュート。これが決まって先制しました。この時は東京側ゴール裏は興奮の坩堝と化していました。その後も東京ペースで試合は進んでいきますが、最後のところで得点を奪えず、1-0で前半終了です。終了のホイッスルの後は達也と塩田に対する賞賛の拍手と、扇谷に対するブーイングが入り交じった感じでした。
a0015766_10204838.jpg

後半、柏はフランサを入れてきます。ただ、東京も豊富な運動量からボールを高い位置でボールを奪って柏に攻撃のチャンスをつくらせないようしますが、柏に押し込まれる時間帯が長く続いていますが、最後の最後で集中して点を許しません。ただ、李が入ってからはさらに柏の攻撃する時間が増えてきます。東京はカウンターで得点を奪おうとしますが、決定的なチャンスもことごとく外して1-0のまま時間が進みます。
中盤が開き始め、私も見ていてすごくイヤな予感をしていました。特に李が入ってからは柏ペース、時間的にもそろそろ一枚切ってもいいのでは?・・・と思った矢先にフランサに決められ、同点。追いつかれただけなのでまだまだ行ける、という感じだったのですが、なんだかイヤな雰囲気を感じました。ここで東京は羽生に替えてエメルソン、、達也に替えて石川と入れてきます。ここで今年の東京の課題、千葉戦もそうだったけど、羽生が代わった後に前線からのプレスが緩くなってきて、という時間帯に入ってしまいます。柏の方は一気に勢いを盛り返した感じでした。その後は、見ていられないほど、押し込まれる時間が続いて、浅利を入れて、フランサをケアして、守備的に・・・と思った矢先、憎たらしいことに李に決められ逆転・・・。
その後は、東京は祐介を入れて、東京はパワープレーに出ますが、完全に引き気味になった柏の守備陣にことごとく跳ね返され、万事休す。この試合、エメルソンと祐介の交代は、大竹と平山じゃなかったな?と思ったりした結末でした・・・大竹だったら追加点を取るための打開ができたのではないか、とか思ったりもして。
a0015766_10382755.jpg

終戦。柏は決勝進出、そして東京はベスト4という結果だけが残りました。
すごく悔しい敗戦でした。内容的には東京が勝ってもおかしくない内容だったし、柏がそれほどまでにいいサッカーをしていたとは思えません。なにより、扇谷の不可解なジャッジにリズムも崩されました。選手へは拍手が送られましたが、その瞬間は拍手をすることすらできず、ただただ、ピッチを見るのが精一杯でした。
思えばこの試合、選手の練習している時間帯に本来であれば、コールなどで選手を鼓舞して、サポーターのテンションもあげて気合いを入れるべきだったのでしょうが、ゴール裏の場所取りの調整をごちゃごちゃやっていて、グダグダな感じでそれができませんでした。ケチのつけはじめはそこからだったのかも知れません。
辞めて他のチームの監督になる人と長く戦いたい、ただそれだけのモチベーションに、我々の高い目標への想いが負けてしまったのが悔しくてなりません。
来年、この並んでいる選手で何人が他のチームに行くか分かりませんが、来年、このメンバーでこの日の悔しさを胸にもっと高いレベルの戦いをして欲しいです。
a0015766_1043216.jpg

試合後はなんだか静岡にいるのがイヤだったのでそのままスタジアムから駅へ直行し、予定を切り上げて、食事もせずにそのまま東京に直行することにしました。
しかし、愛野駅、JR東海が増発もせず誘導もめちゃくちゃ(静岡方面の入場規制をしておきながら、浜松方面は入れますと入れておいて、実際には動線を分けてないから、どんどん、静岡方面に行く客が入ってきて、意味無し。ほんと、JR東海って東海道新幹線のことしか考えてない会社だということがよく分かった)、準決勝、たぶん、スポンサーがスルガ銀行だからやったんだろうけど、関東2チームをここまで来させるなんて、サッカー協会も考えて欲しいし、静岡県サッカー協会ももっとしっかり運営をして欲しい。結局、売店が劇混みでなにも買えなかったし。
天皇杯のドサまわり、は否定しないけどだったら、大阪とかどこからも行きやすい場所にして欲しい。なんだか後味の悪い準決勝でした。
a0015766_10475185.jpg

帰りは18きっぷで東京まで4時間近くかけて帰りました。疲れだけが残った年末観戦納めでした。
電車の中で仲間と話しながら、結局、このままACLに出ても、リーグと両立はこのメンバーでは難しいし、そう考えると自動降格3チームだとまずはリーグで勝つことが大事だよね、という結論に達しました。
ただ、去年にはここまで楽しめる、そして、元旦国立への期待はなかったし、来年に期待できるチーム作りができていなかった、ことを考えれば、ここまで引き上げた監督と、それについてきた選手に感謝ですね。来年はこの日の悔しさをバネに頑張って欲しいなぁ。
それにしても東京にとっては静岡県はほんと、鬼門なのかも知れません。

元旦はチケットは持っていますが、どうするか決めていません。
[PR]

by y_flugels | 2008-12-29 23:17 | ++FC TOKYO

スポーツバー観戦でまた勝った

日立台での柏レイソル戦。
超、混雑でチケットが買えなかったので、スポーツバー観戦。
たいていここのところ、スポーツバー観戦だと勝っちったりして。
この日もすごい雨でピッチは水浸し。ボールも途中でとまったりというひどいコンディション。
そんな中での試合でした。こういう試合はパスも通らないし、案外、ささいなこと、ミスだとか、そういうので決まってしまいそうですが、この日は柏も東京もなかなかいい勝負をしていました。
前半だけ見れば、柏の方がやや優勢だったシーンも多かったですが、後半にはいると東京ペース。特にエメルソンが雨でパスが通りにくいピッチの特性を生かしつつ、という感じで一気に攻勢をかけます。得点は赤嶺のゴールでしたが、相手DFに当たってのゴールというラッキーなモノでした。
この得点を守って1-0で久々の勝利、この前の名古屋アウェイ以来ですね。
報道によると柏からの勝利は4年ぶりとか・・・そんなに勝ってなかったの???
[PR]

by y_flugels | 2008-08-28 22:11 | ++FC TOKYO

冷たい雨に打たれてがっくりの 柏戦

a0015766_22342529.jpg

前節は残念な負け、でしたが、ホームで2連敗するわけにはいきません。対戦相手はここのところ相性があまりよくない柏。しかしここはしっかり勝っておきたいところです。
a0015766_22411681.jpg

この日はUK DAY。ということで英語のアナウンスやバグパイプの演奏などがありました。
a0015766_22493670.jpg

去年は開門直後にもかかわらず、早々に売り切れてしまったフィッシュ&チップス。今回は前もって、行きがけの売店で新宿さぼてん製のを購入していきました。
a0015766_22522116.jpg

柏のゴール裏。さすがに雨のせいか下の段は埋まっていません。最近はあんまりネタをやらなくなりましたね。
a0015766_2332035.jpg

ウチのゴール裏。柏のことは言えず、雨を避けて前半分はほとんどいませんでした。
a0015766_2361669.jpg

今日は金沢、茂庭、藤山、徳永の最終ラインに浅利、今野、梶山に羽生、そして赤嶺、カボレの2トップでした。柏はGK南じゃないんですね。。。
ただ雨はかなり激しく降っていてスリッピーな感じです。
a0015766_23191836.jpg

試合はと言うと試合開始直後は柏ペース、しかも早い攻撃からピンチの連続。藤山いきなりゴール前でスルーして相手選手と塩田が1対1になったときには心臓が止まりそうでした。
その後も柏の右サイドに金沢が振り切られてクロスをあげられるシーンが多く、かなり冷や冷やでした。。。金沢もだいぶスピードが落ちたなぁ・・・という印象を受けました。
途中からだいぶ東京が拾えるようになっていい感じになってきたのですが、やっぱり最終ラインと前線の間が空いてしまっているので、なかなかボールがいい具合につながらない感じです。躍動感のある攻撃がなかなか見られない感じでした。その中でも赤嶺とカボレのコンビはだいぶいい感じになってきたようにも感じました。赤嶺はすごく1試合1試合ごとに逞しくなっていくような気がします。そして今日は梶山が入ったことで名古屋戦に比べて攻撃に幅が出たのですが、梶山がいることで浅利の負担が減ったのか?浅利がすごくボールにからんでいましたね。ただ・・・ゴール前でせっかくのチャンスをパスするなんて・・・打ってしまえばよかったのに、と思うシーンもありました。両チームとの一進一退の攻防で前半は終了。塩田のナイスセーブと柏の選手のミスに助けられた前半でした。
後半・・・前半同様、一進一退の攻防が続きます。先に動いたのは東京。大竹を入れて攻撃モードに。ただ、さすがに前と違い、大竹もマークされてきたので、自由にボールを持たせてくれなかったりドリブルさせてくれなかったりで、局面打開、まではなかなか、それでも決定的なチャンスを演出することもありました。梶山と大竹のコンビネーションはある意味、変態を越えた変態チックなプレーでした。ただ、最後、きっちり固められた柏の守備にやられて点につながらず。
さらに東京は祐介を投入。完全に攻撃モードに出ます。しかし、守備の乱れからCKのピンチ。(モニ、あそこはサイドに切るのは厳しかったか?)2度目のコーナーで塩田に信じられないミス、パンチングが相手選手の足下に、それをしっかり決められ0-1。
東京は平山を投入し攻撃モードに出るものの、なかなか得点に結びつかず。
正直、平山・・・ぜんぜんオーラを感じないし、むしろ、テンションが下がるんだけど。スピードがないからすぐに相手に囲まれるし。カボレのようにスピードがあればサイドに流れても打開できるけど、平山の場合にはスピードがないからサイドに流れるとそのまま囲まれて・・・だもんなぁ。
a0015766_23563845.jpg

ロスタイムは6分。柏の選手が脳震盪?で倒れた治療時間などによる。脳震盪と言えばルーカスの時も今回も穴沢さんでしたね。穴沢さん、全体を通してみればまぁそれほど不満のないジャッジ、細部を見ると「えっ!?」っていうのもありましたけど、流し気味で私としてはよかったかな。
残念ながら0-1、ホーム2連敗。ここまでいい感じに戦っていただけにこの2連敗は実に悔しい、負けでした。ましてホームだし。
祐介はなんか気合いが空回りしている感じだし、平山は正直、どうなんだろう?そろそろ見切りをつけた方が良いようにも思いました。

それと最終ライン、毎試合、茂庭と佐原を併用しているけど、これはなにか意図があるのかな?

なんだか寒さが身に染みる試合でした。
[PR]

by y_flugels | 2008-05-10 23:59 | ++FC TOKYO

またまた快勝

今日は行ってきましたよ、柏の葉。
昨年の最終戦にアマの最終戦で勢い余ってピッチに入ってしまった罰で島流し。
そういえば東京駅から柏の葉までバス出ているので乗ろうと思ったら既に満席。
結局、常磐線~東武野田線~シャトルバスで行くことに。
観客は6000人強、すくねー。

今日はGKは塩田、あとはU23にでたモニ、今野も元気に出場、そしてケガのケリー、石川の代わりは規夫と憂太。二人とも良かった!特に規夫効いてたね!そしてなんとキャプテンはジャーン!!試合中も集中していました。
前半にジャーンの頭と戸田のこぼれ球シュートで2-0、なかなか攻撃的な内容で良かったと思います。
後半は「たたかえ!」コールに奮起した柏に攻め込まれながらも2-0で終了。
オーバーヘッド東京出るし、小峯が蹴るときに「おーーーーはい!」ってやるし。遊べたかな・・。

試合後も高速バスに乗れずに電車で帰京、それにしても柏・・・元気なさすぎ。。。
敵ながら心配です。かみ合ってないしね。

あと今野・・・・すごく良かった。
[PR]

by y_flugels | 2004-05-29 23:37 | ++FC TOKYO

ちょっと消化不良

実に一週間ぶりの生観戦。主審は??と思ったら西村氏、彼は比較的、私は安定しているレフリーの1人だと思っているので期待できそうな内容。
(事実、ジャッジは試合の流れを止めないいい出来でした)

試合はというと雨でスリッピーな中、なかなかボールもつながらずちょっと消化不良な内容でしたが、決めてくれましたよ!今野!!オーバーヘッド東京!!すばらしい!!!
この前の神戸戦といい、どうした今野!?という感じで。。。
ようやく機能してきましたな!いい感じです。

そして2点目はジャーンのヘッド!!ドンピシャでした。ただね・・・玉田のゴールが余計だったですね、その前後の時間帯は押され気味でしたしね。。。なんとか後半しのいだ、そんな感じでしたね。。。

あとはFWが点を取ってくれれば言うことなしなんだけどなぁ。。。

っていうか雨も霧雨だったんだけど、なにより柏・・・ネタなんかやってくれ!最近、ちょっと寂しいぞ!ということで試合内容&柏のサポーターにちょっと消化不良でした。
[PR]

by y_flugels | 2004-05-09 22:49 | ++FC TOKYO