タグ:遠征 ( 27 ) タグの人気記事

仙台遠征とクルージングの旅【その5】バイキングディナーと食後のお楽しみ

a0015766_23264696.jpg

出港まで時間があったので先によるご飯をとることにしました。ということで船内のレストランHAITIへと向かいました。(もちろん別料金です)
a0015766_2331344.jpg

メニューはバイキングのみで2000円、ただし、サーロインステーキや握り寿司などもあり結構、バリエーションのあるメニューでした。
a0015766_2334857.jpg

思ったよりレストランは空いていました。意外と船内レストランで食事をする人が少ないのでしょうか?
a0015766_2338133.jpg

ということで盛り付けてみました。サラダに揚げ物、ご飯にお寿司にお味噌汁、そしてサーロインステーキ。サーロインステーキはその場で焼いてくれるので焼きたてです。
a0015766_23402494.jpg

デザート。ぶどうにチーズケーキにお団子?がありました。そしてアイスクリームもあったのでアイスクリームもゲット、意外と食べ過ぎました(苦笑)
a0015766_23452087.jpg

食事を終えて船のデッキに出てみるとちょうど出港のところでした。タグボートが曳いていく様子を見ることができました。
a0015766_23471726.jpg

出港して少しの間デッキの上で海風を浴びながらボーっとしていました。船旅ならではの醍醐味ですが、さすがに10月、ちょっと寒かったのですぐに撤退をしました。
a0015766_2350980.jpg

船の中に戻り、BSでサッカーの試合の中継をやっていたのでそれを見ていましたが、それが終わったので、船内にあるミニシアターに行ってみるとピアノの演奏会が行われるということでせっかくなので時間もありますので中に入ってみました。
a0015766_2352264.jpg

みんなが知っているアニメソングなどを中心に演奏されていました。どちらかというとみんなの知っている曲を演奏するという感じでした。
a0015766_23535814.jpg

続いて映画が上演されました。ちょうどハリーポッターを上演していましたが、23時からということもあり、またいまひとつハリーポッターの世界観がわからないこともあり途中で眠くなってしまい、ストーリーもよくわからないまま途中で退室してしまいました。

☆つづく
[PR]

by y_flugels | 2010-12-24 23:25 | +Travel & Trip

初めての正田醤油スタジアムへ【その2】小山のビストロでオムライスオニグラスープ

a0015766_235632.jpg

前橋駅に戻ってきました。ここからほとんどの東京サポーターは高崎方面に向かっていました。この日のレフリーの集団もそっち方面でしたね。でもあえて逆方面に向かってみることにしました。ということで小山へ向かいます。
a0015766_2363229.jpg

すっかり真っ暗になった小山駅に到着しました。ここで宇都宮線に乗り換えるのですが、夜ご飯を食べるために降りてみました。
a0015766_231192.jpg

小山でお邪魔したお店はこちら。ビストロ・ぽわぶるさんです。小山では隠れた人気のお店なんだそうです。
a0015766_23141872.jpg

まずはサラダ。セットにしたのでサラダ付きです。オリーブオイルがパンにかかっています。
a0015766_23152313.jpg

オニオングラタンスープ。こちらのお店の名物なんだそうです。写真左上に赤いのが見えますが、これ、塩が燃えているのです。
a0015766_2317712.jpg

オムハヤシ。オムライスは168時間煮込んだと言うのがウリな濃厚なソースでした。やっぱりビターな感じでおいしかったです。オニオングラタンスープとハヤシライスとサラダのセットで2000円でお釣りが来るので、けっこうリーズナブルな感じかもしれません。
a0015766_23203837.jpg

小山からは思わず、グリーン車に乗ってしまいました。ちょっと眠かったのでゆっくり寝たかったこともありましたので。ただ、やっぱり在来線のグリーン車はイスは固めだよね。

☆おわり


[PR]

by y_flugels | 2010-12-17 23:22 | ++鉄道の旅(18きっぷetc.)

初めての正田醤油スタジアムへ【その1】絶品鶏めしと前橋散策

a0015766_2225490.jpg

天皇杯はなぜか北九州と対戦なのになぜか正田醤油スタジアム。ということで前橋まで行ってきました。スケジュールでは直通便があったのでそれで行く予定でしたが、まさかの浦和での人身事故、で、ダイヤが乱れてしまい、これに乗らず別の列車で行くことにしました。そんなわけで乗った電車は高崎行き。
高崎駅で降りたらなんと駒場に行く浦和のサポーターに遭遇。群馬から通っているんですね。
a0015766_2265871.jpg

高崎駅で幸いにも乗り換え時間ができたので、Twitterなどでつぶやかれていた高崎名物をはじめてゲット。駅ナカにある登利平のお店です。前に来た高崎パスタのお店の対面でした。
a0015766_2237636.jpg

高崎から両毛線に乗っていざ、前橋へ。前橋からは駅前のシャトルバスで正田醤油スタジアムへと向かいました。試合の模様はこちら
a0015766_2243547.jpg

お昼ご飯は先ほど購入した鶏めし。
a0015766_2252052.jpg

中味はこんな感じ。この鶏がお弁当なのに固くなくてジューシーでおいしかったです。はっきり言って鶏弁当ではベスト3には間違いなく入るお弁当です。高崎でお弁当というとちょっと微妙感がありましたが、これはいいですね~。
a0015766_22535662.jpg

試合後は降格するなぞつゆにも思っていなかったので、せっかくなので、ということで歩いてスタジアムから駅まで向かいました。ちょうど前橋市内には国道50号線がありました。
a0015766_22575666.jpg

レトロな建物なんかもあっていい雰囲気の町でした。
a0015766_22583224.jpg

こういう建物ってすごく雰囲気があって存在感があっていいですよね。
a0015766_2302424.jpg

こちらの建物は群馬県庁。こうやって古い建物を残しているのっていいですよね。
a0015766_231137.jpg

奥にそびえ立っている建物が県庁舎の増設部分でしょうか。こうやって古い建物と新しい建物が共存しているのがいいですね。

☆つづく
[PR]

by y_flugels | 2010-12-16 22:00 | ++鉄道の旅(18きっぷetc.)

広島遠征の旅【その11】東京へ戻ります。

a0015766_20394413.jpg

福山駅に戻ってきました。駅前のアーケードにこのような横断幕が掲げられていました。なんなんだろう?とググったらこんな記事がありました。
a0015766_20571650.jpg

福山からは空港行きのリムジンバスに乗車します。これも偶然にも鞆鉄バスでした。
a0015766_20584171.jpg

広島空港へ向かう途中の景色。これを見ると、ホント広島空港って山の中にあるんだなぁと実感します。
a0015766_2123386.jpg

広島空港に到着。広島と言うことで空港内にはマツダの車が飾ってありました。
a0015766_2145567.jpg

空港内で時間があったのでお好み焼きをまた食べちゃいました。広島では有名なみっちゃん系列のお店です。
a0015766_2194339.jpg

搭乗手続き。搭乗ゲート前のCAさんが広島カープのユニを着ていたのにはちょっとびっくり。なんかスポンサーとかになっているのかな?
a0015766_21134969.jpg

帰りの飛行機もA300-600R。ということなので退役が決まっているのでせっかくなので、ちょっと上の角度から撮ってみました。
a0015766_21182419.jpg

帰りの飛行機もJAL、ということでちゃんとドリンクが出ましたよ・・・。
a0015766_21193457.jpg

そして、鞆の浦で購入した”鯛めし”を機内で・・・ちょっと食べ過ぎですね・・・。
a0015766_21203171.jpg

飛行機は出発がちょっと遅れたため(羽田空港混雑のため)、約10分遅れで到着しました。
[PR]

by y_flugels | 2010-07-03 21:21 | +Travel & Trip

広島遠征の旅【その10】鞆の浦をブラブラ

a0015766_21475852.jpg

港から鞆の浦の町の中心に向かっていく途中、バス停にはレトロなバスが止まっていました。もちろん、このバスも福山からここ鞆の浦まで走っています。時間が合えば乗ることができます。
a0015766_21505658.jpg

鞆の浦を見下ろすように建っているのが福禅寺対潮楼。1690年に建てられたこちらの建物はお寺なのですが、朝鮮通信使との交流の場にもなっていて、1711年にここを訪れた朝鮮通信使は「日東第一形勝」と称したそうです。
a0015766_21542064.jpg

歩いていると楽しいくらいいろいろな景色を見ることができます。
a0015766_21551090.jpg

鞆の浦の対岸に見えるのが仙酔島です。時間があれば温泉などもあるので行ってみたかったのですが、今回は断念。
a0015766_22103276.jpg

ちなみに島へはこの”平成いろは丸”で渡るようです。
a0015766_2211195.jpg

ちょうど先ほどのボンネットバスが福山駅に向かうのを見ました。
a0015766_22121987.jpg

いろは丸の事件で交渉のために坂本龍馬が投宿した場所は今はこのように石碑だけです。
a0015766_22143659.jpg

ここ、鞆の浦はポニョの舞台の町だと言われているので、このような旗もありました。
そろそろ時間なので、福山駅に戻ることにします。

☆つづく
[PR]

by y_flugels | 2010-07-02 22:16 | +Travel & Trip

広島遠征の旅【その9】鞆の浦ならではの景色

a0015766_21244824.jpg

鞆の浦の終点のバス停を降りると懐かしい感じの酒屋の建物がありました。色あせた感じの看板がかえっていい雰囲気を醸し出しています。
a0015766_21255014.jpg

港町と言うことで港に沿った道沿いにはちょっとレトロながらちょっと洋のかおりを取り入れた建物がありました。
a0015766_21265348.jpg

道が切れると建物と建物の間の袋小路をすすんでいきます。
a0015766_21273148.jpg

袋小路を抜けるとタイムスリップしたような街並みに出ました。さすがにたくさんの方が観光にいらしていました。
a0015766_21285894.jpg

目の前が広がるとそこあるのは、坂本龍馬ゆかりのスポット、いろは丸展示館です。ちなみにこの建物は、「大蔵」と呼ばれる江戸時代築の蔵で国登録有形文化財にもなっているそうです。
a0015766_21312192.jpg

いろは丸というのは海援隊の武器などを積載した船で、この鞆の浦の海で、紀州藩の船と衝突して沈没したという船です。それにちなんでここ鞆の浦に展示館があるようです。これは海底に沈んでいたときの様子を再現したものです。
a0015766_21335343.jpg

これは坂本龍馬が沈没時に交渉するために訪れたこの地の隠れ部屋の再現です。
a0015766_21361423.jpg

その隣にはカフェがあってすごくいいニオイがしていたのですが時間が中途半端だったので、お預け・・・。
a0015766_21371919.jpg

これがかの景観問題で揺れる鞆の浦の港の景色です。渋滞緩和のため、この目の前に橋を架けようという計画が持ち上がっているそうです。ただ、確かにこのあたりの道はすごく狭くて渋滞にもなりやすいですが、橋を架けるほどか?と言われるとなんとも判断に苦しみました。
a0015766_21385218.jpg

この常夜灯は昔の灯台の役目を果たしています。
a0015766_21414981.jpg

この左手の階段状の部分が”雁木”と呼ばれる江戸時代の港の形で、潮の満ち干などによる水面の上下に係わらず昇降や荷役が出来るようになっています。この雁木と常夜灯などがきちんとセットで残されている港はここ、鞆の浦だけなんだそうです。
a0015766_21435886.jpg

街を歩けば至る所に江戸時代の港町の雰囲気が残されている町歩きにはいい街です。
a0015766_21444928.jpg

お酒を造って売っているお店のようです。
a0015766_21454669.jpg

この道が狭く渋滞するために先ほどの常夜灯のところに橋を架けようという話になっているようです。確かに狭いことは狭いんですけど・・・。

☆つづく


[PR]

by y_flugels | 2010-07-01 21:47 | +Travel & Trip

広島遠征の旅【その8】呉から鞆の浦へ

a0015766_20504615.jpg

ということで呉線に再び乗って東を目指します。目指すが三原駅。
a0015766_2052317.jpg

ずっと海沿いを走っていきます。瀬戸内海の穏やかな海はちょっと眠りを誘います。
a0015766_20531851.jpg

そういえば乗った電車には鷹の爪のマナーポスターが・・・。JR西日本は鷹の爪を使っているんですね。
a0015766_2054764.jpg

さらに東へ山陽本線に乗り換えて目指すは福山。途中、尾道などを通過します。そういえば、このあたりは”しまなみ海道”の島々も見えるところで、となるとこの写真に見える橋はこの時に渡った橋なのかな?
a0015766_20573759.jpg

福山駅に到着。ここで電車を降りて駅の外に出ます。あいにく駅前は再開発の?工事中でした。
a0015766_2058387.jpg

ここから鞆鉄道バスに乗り換えます。鞆鉄道というから、鉄道会社なのかと思ったら1954年まで福山駅から鉄道を走らせていた会社なんですね。
a0015766_2111529.jpg

向かった先はバスの終点の鞆の浦。坂本龍馬と、ポニョの港、景観問題で有名になっている港町です。お目当ては坂本龍馬の位置ゲーですが(笑)せっかくなので、ブラッと観光もすることにします。
a0015766_2134994.jpg

バスを降りて目指すはあの常夜灯のところです。

☆つづく
[PR]

by y_flugels | 2010-06-30 20:50 | +Travel & Trip

広島遠征の旅【その7】呉の海軍グルメ

a0015766_21334843.jpg

そろそろお昼の時間に近づいてきたのでお昼ご飯を食べることにします。駅から少し離れた場所にある、呉の中心地にあるアーケード街に向かいます。それにしてもいつも思うのですが、地方都市って駅から離れたところに中心街があって、場合によっては駅からバスに乗らないと遠かったり・・・そうなると電車の旅で気軽においしいものを食べることもできないケースもあったりで・・・。呉もけっこう駅から歩きました。
a0015766_21561888.jpg

向かった先はそのアーケード街を抜けたところにある、自由軒というお店。呉は海軍の街、と言うことで街をあげて”海軍グルメ”をPRしていて、こちらのお店では戦艦大和のオムライスが食べられるというお店です。
a0015766_2213468.jpg

このオムライスは実際に海軍のコックをしていた方から受け継いだレシピを元に作られたオムライス。デミグラスソースは海軍の味なんだそうです。そしてグリンピースが3つなのは縁起を担いで奇数にしているからなんだそうです。これも海軍流です。
a0015766_2215619.jpg

お腹もいっぱいになったところで駅までぶらぶらと歩いて帰ります。呉の街は海あり、山ありの街なんですね。
a0015766_2223928.jpg

呉の駅前にはそごうデパートがありました。そごう、有楽町はかなり昔に撤退したのですが、まだあったんですね。
a0015766_2232839.jpg

呉駅に戻ってきました。そろそろ次なる目的地に向かうことにします。ちなみに呉の駅ビルはCREST、これはきっと、”呉(くれ)”をもじったんだろうなぁ・・・地方都市にありがちなネーミングだ。


[PR]

by y_flugels | 2010-06-28 22:05 | +Travel & Trip

広島遠征の旅【その6】てつのくじらへ

a0015766_204154.jpg

続いて向かった先は海上自衛隊呉史料館、別名”てつのくじら”。
a0015766_2011290.jpg

この”てつのくじら”は自衛隊の施設、と言うことで入場無料でした。
a0015766_20144085.jpg

自衛隊施設と言うことでまず、最初に展示されているのが、掃海という自衛隊の仕事の紹介。そして機雷などが飾ってありました。
a0015766_20213843.jpg

こちらは機雷を撤去するために自衛隊の方が作業する際の服装の展示。
a0015766_20231812.jpg

そしてこれは機雷艇と呼ばれる機雷を撤去するための潜水艇です。
a0015766_20243199.jpg

こちらは水中処分員と呼ばれる水中で作業をする自衛隊員の潜水服です。
a0015766_2028971.jpg

曳航掃海具のフロート。ちなみに掃海艇と呼ばれる船は機雷が反応しないように木造でできているそうです。
a0015766_20312326.jpg

これは実際にペルシャ湾で使われたもの。色が剥げていたり凹んでいるのが衝撃の強さを物語ります。
a0015766_20324824.jpg

次に実際の潜水艦の内部の様子を展示しているコーナーへ。これはシャワー室とトイレ。
a0015766_20342641.jpg

こちらは寝室。狭い船内と言うことでなんとびっくり、三段ベッドです。
a0015766_20351799.jpg

食堂の食事のサンプル。ずっと船内にいると朝と夜が分からなくなるので、体を夜と認識させるためにあえて、このような暗めの照明にして食事をするそうです。
a0015766_20374196.jpg

これは実際に使われている潜水服。
a0015766_20392684.jpg

さらに実際の潜水艦の中に入ることができます。あきしおという1984年に造られた潜水艦です。
a0015766_20403226.jpg

これはミーティングする場所でしょうか。
a0015766_20412283.jpg

こちらは、艦長室。意外と狭いですね。
a0015766_2044659.jpg

こちらは操縦室。こちらもけっこうごちゃごちゃした感じでした。

☆つづく
[PR]

by y_flugels | 2010-06-27 20:44 | +Travel & Trip

広島遠征の旅【その5】大和ミュージアムを観覧して

a0015766_2214724.jpg

続いての展示は戦争中に使われた兵器などです。魚雷や人間魚雷回天などがありました。
そしてこれがかの零式艦上戦闘機62型 いわゆるゼロ戦です。
この日は連休2日目と言うことでかなりの混雑でした。
a0015766_2245561.jpg

こちらは特殊潜航艇「海龍」。乗員2名の潜水艦です。
a0015766_227121.jpg

このゾーンは螺旋状になっていて上から見ることもできます。ということでゼロ戦を上から。
a0015766_2293148.jpg

こちらは特殊潜航艇「海龍」。どのくらいの大きさか?、周りの人間の大きさとの比較になると思います。
a0015766_22191941.jpg

最後にゼロ戦と特殊潜航艇との大きさの比較です。それにしてもすごい人でした。
a0015766_221948100.jpg

上のフロアでは子供用の教育コーナー。船はなぜ曲がることができるのか?船はなぜ浮くのか?等々を実際に体験できるコーナーです。ちょっと真剣になりそうでした。
a0015766_2221716.jpg

上からの戦艦大和のミニチュア・・・・やっぱり大きいなぁ・・・。
a0015766_22221742.jpg

展示には戦艦大和にちなんで、宇宙戦艦ヤマトの模型も飾ってありました。
a0015766_22231645.jpg

展示を見終わって外に出るとちょうど、呉の海軍グルメの屋台が出ていました。まだお昼には早かったのでグルメはちょっと我慢して、呉のラムネを飲んでみました。懐かしい感じでした。
[PR]

by y_flugels | 2010-06-26 22:24 | +Travel & Trip