カテゴリ:+映画( 51 )

映画2本「Always」&「逆転裁判」

2月~3月にかけて見た映画です。Alwaysと逆転裁判を見ました。
a0015766_043231.jpg

まずはAlways。
内容よりも映像、時代考証のすごさ、そして各登場人物の人間模様を楽しむ映画だと思う。いわゆるファミリードラマ的な感じ。
今回は東京オリンピックということでもう少しオリンピックの雰囲気が出ていたら良かったなだろうけど、なかなか当時の雰囲気を感じる内容で良かった。
今回は恋あり、家族愛あり、で泣いたり笑ったり気分転換をするためになにも考えずに見るにはいい映画でした。途中でほんのり涙腺が緩みそうになるシーンもあり。
登場人物もみんないい味を出していて良かったし3作目となるとマンネリ化することが多い中で、それをあんまり感じることのない映画でした。
幸せってなんだろう?好きな人と一緒にいることがこんなに幸せだと思わなかった、という台詞がぐっと来ました。
東京タワーの3D映像はすごく迫力があって良かったです。
a0015766_055470.jpg

続いては逆転裁判。
ゲームの名前は知っていたけど、やったことはなかった。そんなわけでゲームの背景を知らずに鑑賞してみました。
なんか確かにちょっと???というシーンもあったけど、全体的にはまぁまとまった感じで気軽に見られる映画かなぁという感じでした。
話の流れや推理などに若干無理がないとは言えないけど、映画なのでそれはそれでありなんじゃないかと思いました。
三池崇史監督はヤッターマンの監督もした方なので確かにタッチは似ている感じがしました。
そしてなにより自分的には檀れい、中村優子と言ったきれいどころで好きな雰囲気の女優さんが出ていたので良しとします。
[PR]

by y_flugels | 2012-08-23 00:06 | +映画

東京駅の地下街に鷹の爪軍団が

a0015766_22383695.jpg

東京駅の八重洲地下街にあるキャラクター通りに期間限定で「鷹の爪」のお店がオープンしました。
a0015766_22414273.jpg

現地にはレオナルド博士も来ていました。
a0015766_2243275.jpg

レオナルド博士と記念撮影をすることもできます。
a0015766_22442053.jpg

レオナルド博士は地下街に抜け出して徘徊もしていました。
[PR]

by y_flugels | 2012-07-19 22:46 | +映画

ステキな金縛りを見ました

a0015766_22241179.jpg

三谷幸喜監督作品が封切りになったのですがさすがに、直後はかなり混んでいてなかなか見に行くのを躊躇していたのですが、上映されている映画館が少なくなってきたので、レイトショーで見てきました。
「ステキな金縛り」。深津絵里が主演で西田敏行、阿部寛、竹内結子、中井貴一などが出てくる、かなり豪華なキャストの映画です。一応、サスペンス?ですがもちろんコメディタッチ、竹内結子扮する女性が殺されることから映画はスタート。個人的には竹内結子、嫌いじゃないんだよね。だから、そんなのもあり、楽しく見ることが出来ました。有頂天ホテル、マジックアワーに次ぐ3部作ですが一番、これがおもしろかったかな。個性的な俳優が揃っているのでおもしろく仕上がっていました。また、DVD借りてみようかな。
[PR]

by y_flugels | 2012-05-01 22:32 | +映画

映画『クラシコ』を見ました

a0015766_2232984.jpg

松本での松本山雅とのPSMの後に池袋の映画館で、その松本山雅をモデルにした映画。せっかくなら試合の前に見たかったのですがタイミングが合わずに試合を見た後に見に行くことに。
行ったのは池袋のロサ会館にある映画館。懐かしい場所です。
a0015766_22354058.jpg

ロサ会館前の道は普段なら学生などの酔っ払いがたくさんいるのですが、さすがにまだ震災後の自粛ムードということで人はまばら。普段ならこのあたりは飲み過ぎて酔っ払いがマグロのように横たわっていたりもするんだけどね。って自分が学生の頃ですが、今はどうなんでしょう?
a0015766_22404690.jpg

映画『クラシコ』。クラシコというと思い出すのが、スペインのバルセロナ vs レアルだったり、Jリーグでも多摩川クラシコ、なんてありますが、今回のテーマは長野のJFLチーム松本山雅と、長野パルセイロとの対戦。
長野で松本と長野というのは歴史的にも対立があったようでそれがそのままサッカーにも脈々と受け継がれている、という話。どちらかというとJFL、当時は地域リーグですが、そういう下のリーグのサポーターの雰囲気、サポーターがチームと一緒にチームをもり立てる風景、すでにできあがったJクラブとは違ったサポーター像を見ることができおもしろかったです。自分も一時期、地域リーグに関わっていたので、懐かしくもありました。サポーターとは、いろいろ考えることのできる映画だと思います。
予告動画あります。


[PR]

by y_flugels | 2011-07-28 22:47 | +映画

映画『ツーリスト』を見ました。

a0015766_237519.jpg

映画『ツーリスト』を見ました。ジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリーの出演、ヴェネチアを舞台にしたアクションと言うことでおもしろそうだなぁと思って。
意外と予想外な展開が多い映画だったなぁ。とにかく、アンジェリーナ・ジョリーの色気に終始魅了されてしまった。話のテンポもポンポン進むので意外と飽きることなくすーっと見れる感じでしたよ。
最後のオチと役柄としてのジョニー・デップの演じたキャラが最後まで「そうなの?」という感じでちょっと腑に落ちない部分もあったけど、まぁ、実はタダでみれたので満足度は高かったかな。(TOHOシネマのポイントが貯まっていたのでした)
[PR]

by y_flugels | 2011-07-06 23:08 | +映画

グリーンホーネットを見ました

a0015766_22302461.jpg

映画「グリーンホーネット」をみたのはだいぶ前の話。キャメロン・ディアスもうけっこういいお歳ではありますが、好きな女優さんなので見に行きました。
この作品は昔、ドラマでやっていたらしいのですが、それは見たことないので、どんな作品か、チャーリーズ・エンジェルのようなお馬鹿映画を期待していったのですが・・・。
初3Dということで映画を見ましたが、残念ながら、イマイチの内容で、正直、がっかりでした。せっかくのストーリーなのだから明るく、笑いをもう少しちりばめて欲しかったのですが、中途半端な感じで笑うに笑えないという、そんな映画、結局、オチも微妙でした。
[PR]

by y_flugels | 2011-07-01 22:42 | +映画

Free Movie ハイブリッド刑事を見に行った

a0015766_21524059.jpg

日劇で上映されていた蛙男商会の「ハイブリッド刑事」を見に行きました。蛙男商会の映画は好きでよく見に行くのですが、これも予告編を見て絶対に見に行こうと決めていました。
a0015766_2202922.jpg

この映画、なぜか、無料なのです。なのでチケットには”業務入場”と書かれています。
a0015766_2213171.jpg

そして開演の時間・・・になってもなかなかはじまりません・・・何だろうと思ったら、なんとハプニングというかサプライズ・・・会場に”蛙男”さんが登場!生吉田、生総統、生デラックスファイターをやってくれました。これは嬉しいサプライズ。さらに最後は会場全員で「たかのつめ~~」をやりましたよ。
そして映画は・・・うん、やっぱりおもしろかった。蛙男商会の映画は最近、自分の中でかなりヒットです。ちなみにYoutubeでも閲覧可能なのです。
















[PR]

by y_flugels | 2011-04-27 22:06 | +映画

ハイブリッド刑事最高!!

蛙男商会のなんと無料映画、「ハイブリッド刑事」が映画館でやっていて、見てきました。おもしろかった!
で、YoutubeにUpされていたので、貼っておきます!
















[PR]

by y_flugels | 2011-02-01 23:33 | +映画

映画「レフェリー 知られざるサッカーの舞台裏」を見てきました。

a0015766_2235144.jpg

審判を主役にした映画「レフリー」がちょうど、ワールドカップ直前に渋谷で上映されていました。
審判が主役と言うことで非常に興味深く見ることができました。舞台はユーロ2008、ここで笛を吹いたUEFAのレフリーのマイクの音や控え室などの模様などを拾って編集されたドキュメンタリー。
海外のレフリーですが見ていて非常におもしろかったです。選手との会話や控え室、そして試合後のインスペクターとの試合に関するレビュー等々、サッカー好きなら見て損はないと思います。そしてこの映画の主役は、ハワード・ウェブと言えるのですが、この映画を事前に見ていたので、決勝が欧州勢同士でイングランドが絡まなかった時点で、主審はハワード・ウェブだろうなぁ、とは容易に推測できました。そのあたり、FIFAはさすがに抜け目ないというか、FIFAらしい人選だと思いました。


[PR]

by y_flugels | 2010-08-05 22:02 | +映画

トリック3をみました。

a0015766_22364557.jpg

これまただいぶ前の話ですが、映画「トリック3」を見にいきました。トリックシリーズは好きで全部見ているのですが、3作目が久々に出る、ということで楽しみに行きました。ただ、往々にしてそうやって期待していくと、期待度が膨らんでちょっとがっかりすることもあるのですが、今作品もまさにそんな感じでした。
前半こそ端々にトリックならではのギャグなどが織り交ぜられていて、時折、笑ってしまう感じのおもしろ展開だったのですが、途中から、なんだろう、「泣かせる」話的なところになって、ちょっと、この手のギャグっぽい映画にその泣かせる展開はいらないんじゃない?ってちょっと間延びしてしまった感じがありました。ただ、最後はまぁ強引に笑わせて押し切った、という感じもしましたが、まぁそれなりにおもしろかったです。ただ、どんな映画でも荘ですが、1や2がおもしろいと、3は駄作に感じる、というのはなんとなく分かる気がしました。それにしてもよく松平健がこの役を引き受けたなぁ・・・という感もありました。
[PR]

by y_flugels | 2010-07-27 22:40 | +映画