【J特】J2も熱い! 

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by y_flugels | 2012-11-12 00:00 | +Football

【J特】横浜ダービー@天皇杯

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by y_flugels | 2012-10-11 22:21 | +Football

【J特】三ツ沢で横浜vs町田を観戦

a0015766_2145774.jpg

曇り空でしたが絶好のお出かけ日和だったので近場で試合をやっていないか見てみたところ、三ツ沢で試合があると言うことで行って来ました。横浜FC vs 町田です。油断していたので到着は試合開始5分前でした。
a0015766_21471230.jpg

特に両チームをひいきにしているわけではないのですが、東京の選手と言うことで横浜FCには阿部、町田には下田がいるのでそこのマッチアップを楽しみに観戦しました。あとはスタメンではありませんでしたが、なんといってもキングカズも見てみたいなぁという感じでした。
a0015766_21491865.jpg

そしてもう一つのお目当ては元々フリューゲルスのサポーターだった者としては、山口素弘が監督をやっている、これも見どころです。スマートなイメージがあるのですが、どんな感じなのかも気になるところ(東京の監督はどちらかというと感情を表に出す監督が多いので)
a0015766_215194.jpg

試合開始こそ一進一退の攻防でしたが、プレーの精度、ボールを持ってからの判断が横浜の選手は遅く、だんだんに町田の方がリズムを掴んできます。気づけば前半に2-0、2つともきれいにサイドから簡単にクロスを上げられ、点を決められた、という感じでした。最後のところであたりに行かなかったり、守備が緩いなぁという印象でした。
a0015766_2153367.jpg

ハーフタイムになぜか微妙なゆるキャラがスタジアムを一周していました。
a0015766_2154628.jpg

横浜開港祭りのPRが行われていました。
a0015766_21555826.jpg

6/1~6/2に開催ですか。確か花火があるんじゃなかったかな?
a0015766_21564552.jpg

後半に入り点を取りたい横浜は攻めようとしますがどうもうまくいかない感じ。特に真ん中がぽっかり空いてしまっているので攻撃が片方のサイドに偏ってしまう感じで、そこをしっかり守られてなかなか打開できずにいます。町田はカウンター攻撃、3点目もフリーであげられて決められた感じで万事休すな感じ。
a0015766_220553.jpg

ここでようやくキングカズの登場。期待が高まります。この日もカズのフェイントを魅せてくれました。点を決めてくれれば言うことなしだったのですが残念ながら、あまり得点にからんでいませんでした。
このあと、横浜は大久保がきれいに点を決めて1-3にしてこれから!という感じだったのですが、カウンターからさらに失点をして1-4、横浜も大久保が返して2-4としたもののここで万事休すでした。
横浜は守備がやはり弱いのと足が止まっているのでこぼれ球も取れず、ボールも簡単に奪われ厳しい内容でした。横浜のGKもきれまくっていましたね。
あと町田の5番の選手が不必要に痛がっているシーンがあってちょっと見ていてイライラしましたが、加えて主審と副審のコミュニケーションが取れておらずジャッジが遅くフラストレーションが溜まりました。
a0015766_2245748.jpg

試合はこんな感じで2-4で町田の勝利。町田サポーターにはたまらない試合だったと思いますが、横浜サポーターには欲求不満の溜まった試合でしょう。
a0015766_226145.jpg

試合後には監督も含めて挨拶に来ました。
しかし三ツ沢はやっぱりスタジアムとしては雰囲気がいいですね。
東京の選手では匠はちょっと上がりっぱなしな感じもあったですがいいクロスを上げていて、また最後はかなり気持ちの入ったボール奪取などもあり良かったですね。(横浜の選手はあんまりあたりにいかない印象がなかったです)下田もいい働きをしていました。でも一番のツボは下田のドリブルを匠がガチで止めに行ったところでしょうか。
[PR]

by y_flugels | 2012-04-30 22:08 | +Football

【J特】終了間際の起死回生の一発 vs 横浜FC

a0015766_20513764.jpg

J2も佳境に入ってきて先日の岡山戦から怒濤の中2~3日の連戦。気づけばアウェイゴール裏にこんな立派なビジョンができていて驚きました。
a0015766_21191326.jpg

それにしても三ツ沢はいいですね。練習の様子もこの通り間近で見ることができます。サッカー専用スタジアムの醍醐味はまさにこれですね。
a0015766_21205286.jpg

試合前のスタメン発表。スタメン発表前に映像が流れました。横浜FCの苦悩?を語った動画。思わずアウェイ側の東京サポーターも見入ってしまいました。
a0015766_21292638.jpg

ホーム横浜FCゴール裏。岐阜戦では応援ボイコットをしたそうですが、この日は応援ありました。そしてホーム側のゴール裏にあったスコアボードはすっかりなくなっていました。
a0015766_2132451.jpg

この日はFC東京側の座席は完売でしたが横浜FC側は当日券もあったようです。この日の東京のスタメンは前節と変更なし。ただ、次節は昇格争いで上位となる鳥栖戦を控えているだけにカード3枚の森重、今野にイエローが出ないことを祈るばかりです。横浜はカズが再びスタメンでした。
a0015766_2141732.jpg

前半はお互い様子を窺いながらの立ち上がりでしたが徐々に東京が普段通りパスを回しながらリズムを作っていこうとします。ただ、この日は横浜の選手も気持ちが入っていたのか、集中して守備をしていたこともあり、なかなか東京のいいシーンが生まれませんでした。カズと今野とのマッチアップも見応えがありました。
この試合に限らずですが、ルーカスが完全にマークされているので空中戦ではけっこう、競り負けているシーンが多かった様に感じました。また、全体的に引き気味に守られているので裏に抜け出す動きなどもなかなかできないそんな感じでした。それに加えてこの日の主審の福島がファールの判定がかなりぶれていて、見ていてイライラしました。横浜の選手もファール基準がぶれているのをいいことに、何人かの選手は気持ちの入ったプレーとラフプレーをはき違えたプレーをする選手もいて、フラストレーションが溜まりました。
前半終了間際には横浜のベンチ前でいざこざがありレフリーが横浜ベンチをうまく押さえられていなかったので、スタジアムは騒然とした雰囲気。もっともそういう方がゴール裏のテンションに火がついていいんですけどね。
a0015766_21462997.jpg

そしてやっぱりこの日もこの人、オーラが出まくっていましたね。前にも書いたように今野、後半は梶山と激しいマッチアップ。あの梶山を本気にさせるくらいの競り合い、そんな梶山の気持ちを引き出してくれたカズはさすがです。
a0015766_21503111.jpg

ハーフタイムにはピンクリボンと言うことでピンクのTシャツを着た女性がスタジアムを周回。
a0015766_2152893.jpg

そしてフリ丸。
a0015766_21524542.jpg

後半。さらに試合は激しさを増し、スタジアムのボルテージはかなり上がっていました。ファールも多くファールの判定に思わず一喜一憂。カードの基準もよく分からず、「なんで今のがノーカード?」とか「さっきのがカードで?」とかかなり熱くなってしまいました。ただ最後のところで両チームとも集中して守っていたのでなかなか点が入りません。東京はナオを入れて打開を図りますがさらにセザーを投入。ただ正直、セザーは春先のダメなセザーに戻っちゃったなぁ。強引に突破しようとして周りを使わずに独りよがりのプレー→ボール取られる、というシーンも多くなかなか得点のにおいがしません。さらに、永里を投入するもこの投入も正直、自分には意図が分からなかったです。横浜も交代がイマイチ、特に終了近くの時間帯は東京の選手もだいぶ足が止まっていただけに、あそこでフランサが出てきたら怖いなぁと思っていたら、フランサは出てこなくて正直助かったと思いました。
そして、最高の瞬間がやってきます。ロスタイムに入りCKが続くも横浜がゴール前を固めてきてこじ開けるのは難しい感じ、これがラストチャンスか?と思ったときに徳永から放り込まれたボールを、ナオがダイレクトでボレー!これがゴール片隅に決まり1-0。この瞬間、はっきり言って自分、頭が真っ白になりました。ゴールへのプロセス、全て記憶がぶっ飛びました。
気づいたらゴール裏でダイビングして雪崩れていました。サッカー専用スタジアムなんでゴールの喜びがいつも以上に感じられますよね。
その後は選手全員、そして東京サポーター全員でナオのお子さんの誕生祝ってゆりかご。試合終了までナオのチャントとゆりかごでナオを祝福。
a0015766_2201572.jpg

とにかく厳しい試合でした。横浜もすごく集中していてこの試合を見る限る気持ちが伝わってくるプレーでした。そんな中でゴールをこじ開けての勝利、うれしさは倍増です。
a0015766_22130100.jpg

この試合のヒーローはこの人。やっぱり持っているというか、2009年の絶好調いや平常心だったころを彷彿させるキレが戻ってきた感じです。あそこで決めてしまうあたり、さすがナオです。

これでこの日、2位札幌が負け、鳥栖が勝ったもののそれ以下のチームが軒並み敗れたため、東京と2位のチームとの勝ち点の差は7に。これは大きい勝利だと思います。

そしていよいよ次節はアウェイで鳥栖との直接対決。ここでしっかり勝って昇格に向けて突き進んでいきたいです。ただ、今日の内容ではちょっと苦戦するかもしれませんので、しっかり修正して欲しいです。

それにしてもサッカー専用スタジアムであの起死回生のゴール、生観戦の醍醐味、まさに実感です。
これだから生観戦はやめられません。気持ちよすぎました。厳しい試合だからこそ喜びも倍増です・
[PR]

by y_flugels | 2011-10-20 22:06 | ++FC TOKYO

【J特】羽生のゴラッソゴールで首位キープ vs 横浜FC

a0015766_23363983.jpg

震災の影響でなんと驚きべきことに今シーズン初対戦の横浜FCとの試合は国立で開催。個人的には今日が味スタで水曜日が国立だとすごくありがったんだけどなぁ。それはさておき、今日の試合前の待機列の運営はひどすぎでした。地下鉄の大江戸線の出入り口でしっかり待機列の動線を確保していないので割り込みし放題、あれじゃクレーム出るよ。
a0015766_23423896.jpg

この日は福島、茨城デーということで、福島・会津から赤ベコがやってきました。
a0015766_23435514.jpg

前回の国立では売店の問題があったせいか、今回はかなりのやる気、なんとガリガリ君までありました。
a0015766_2345109.jpg

横浜FCのゴール裏。チーム成績を反映してか、あんまり来ていない感じでした。でも終わってみれば2万人越え、そういえば同じ組み合わせで前節どっかのチームも国立でやったみたいですが、そこはタダ券とかばらまいて9000人強だったそうですね。
a0015766_23465162.jpg

この日、一番の目玉はなんと言っても日本の至宝といってもいい、KING KAZUのスタメン。楽しみすぎます。試合中、選手交代で退くとき、そして試合後に東京側もカズコール、カズもそれにしっかり応えてくれる、まさにリスペクトできる選手です。
a0015766_23474217.jpg

前節、どっかのチームに2-7で負けたせいかこの日は守備の意識がすごく高かったと思います。特に前からカズがチェーシングをかけてきて、なかなか東京はボールを回しながら前線まで持って行くことができない展開。時折サイドを突破しようとするも手詰まりになって後ろに下げて作り直し、というシーンが多かったです。
カズと今野のマッチアップはおもしろかったですし、やっぱり、カズのボールまたぎは敵味方を問わず拍手、盛り上がりますね。
先制はそんな苦しい展開では効果的なセットプレーから。梶山が頭で決めて1-0。これで横浜は「またか」と思ったと思います。流れは東京に傾きつつありますが、なかなか追加点が取れない時間が続きます。そうこうしているうちに今度は横浜が少しづつリズムを作り出して何度か危険なシーンも。先制点をとっていなければちょっとまずいな、という雰囲気もありました。
a0015766_2352693.jpg

後半に入って流れが変わるかと思ったのですが、一進一退の展開。前節、7失点したとは思えない集中した守備をなかなか崩せない時間が続きます。決定的なシーンも谷澤が外しまくり。さすがにゴール裏からブーイングと「枠入れろ」コールを受けてしまう始末。谷澤ってなんでむずかしくシュートを打とうとするんだろう。
嫌な時間が続きます。流れを変えようよ、大熊交代遅いよ、と思っていたら、横浜が先に動いてきます。フランサを入れてきます。これは怖い。フランサがボールを持つと何かをしてきそうで見ていて怖さを感じました。もちろんしっかり今野、森重がマークしていますが、オーラが出ていました。
硬直状態を何とかしろよ、と思っていたらようやく、後半はイマイチかみ合っていなかった草民からナオへ。一気に攻撃へのギア、そして、坂田にゴールを決めさせたようにこの日もサイドを駆け上がり羽生へ。これを羽生がしっかり決めて2-0、さらに今度はルーカスがつぶれて羽生が後ろからどーん、と3-0。スタジアムは興奮MAX。エンドレスで羽生コールの国立、2つともまさにゴラッソでした。
残り時間も東京は攻め続けるものの結局、点が入らずゲームセット。
a0015766_23591273.jpg

どっかのチームが7点取っていたし、東京ももっと点を取れた試合でしたが3-0、無失点で終えたのは良かったですね。久々のスタメンの権田、ミスキック多かったのは(それも危ないミスキック)ちょっと減点だったな。
もっとやれると思うのでがんばって欲しいなぁ。
a0015766_011195.jpg

この日誕生日の徳永と前の日誕生日の梶山にハッピーバースデーソングで祝福。
そういえばこの日、今ちゃんが妙に子供たちのところに駆け寄ってファンサービスしたり、すごかったなぁ。なんかあったのかな?
さて、中2日で北九州戦、そしてさらに中3日で徳島戦とここが勝負所。首位固めをしっかりして欲しいものです。
[PR]

by y_flugels | 2011-09-26 00:03 | ++FC TOKYO

【J特】川崎と横浜FCの天皇杯を観戦

a0015766_21473355.jpg

平日のナイターの天皇杯、関東近郊では等々力で行われていることが判明、会社からだと横須賀線が武蔵小杉に止まるようになったのでかなりすぃ~っと行けるのでサッカーを楽しみに行ってきました。
等々力では川崎 vs 横浜FCの対戦、残念ながらお目当てのKING カズと阿部巧は見ることができませんでしたが、おもしろい試合でした。
a0015766_21505514.jpg

サイドエアリアから観戦。さすがにゴール裏に行くのは気がひけたのでここでまったりと見ました。正直、最近、東京のグダグダな?サッカーを見ていて目が慣れてしまったせいか、横浜FCも川崎も動きがよく言いサッカーをしているというのが率直な感想。前半はさすがに川崎が破壊力ある外国人を中心に攻撃を仕掛けて横浜FCのゴールを脅かしていましたが、横浜FCのディフェンスも集中して中盤からプレスをかけてボールを奪ってカウンターという感じでほぼ互角の戦いぶりでした。
特に中村憲剛がいなかったこともあり、ジュニーニョに厳しくマンマークをつけて仕事をほとんどさせなかった前半途中からと後半は見事でした。
a0015766_21561789.jpg

フロンターレはさすがにナビスコの後の中2日の試合ということで動きがかなり良くなかったですが、それを差し引いても横浜FCのサッカーは良かったですね。こんなにいいサッカーしていたっけ?という感じすら覚えました。もしウチがあたっていたら簡単には勝てなかっただろうと思います。
a0015766_21581228.jpg

この日の観客は5700人強、平日夜とは言え、ちょっと寂しい感じもしました。
試合が動いたのは後半の残りが少なくなった時間帯。まずは横浜FCが元川崎の久木野のヘッドで先制。素晴らしいゴールでした。そのまま横浜FCは逃げ切れるかと思ったら、不用意なところでのファールからセットプレー、これをしっかりジュニーニョに決められて1-1になってしまいます。ただここは踏ん張りなんとか、延長戦へと持ち込みました。
a0015766_2204888.jpg

延長戦に入りだいぶ疲れも見えてきてスペースが空いてくるようになってきたのですが、最後のところで集中して点を奪われない、そんなサッカーをしていました。しかし延長後半に川崎が最後の力を振り絞って怒濤の攻撃を仕掛け、あれはクロスだったのかな~左サイドから放ったボールがそのまま入り2-1。やっぱり川崎底力あるなぁと思ったのでした。ところがこの試合はまだ最後にドラマが。横浜FCがゴール前の混戦、GKが弾いたボールをシュート、それが決まってドラマティックな同点!!かと思ったらオフサイド・・・

私の位置からはGKと横浜の選手が横一線にも見えたのですが、横浜の選手がGKの後ろにいて関与した、というのがネットなどでの皆さんの見解のようでしたが実に微妙な判定でした。これはポイントはGKの後ろにDFがいた場合にはGKがオフサイドラインになるということですね。現場では「オフサイドないだろ?」と思ったんだけどなぁ。
ということで辛うじて川崎が横浜を下したゲームでした。延長までもつれ込みましたがおもしろい試合でした。
でもこの日の川崎はいつもの怖さを感じなかったのですから状態が悪かったのか、中村憲剛が出ていなかったからなのか・・・

そしてこの日の主催は神奈川県サッカー協会
[PR]

by y_flugels | 2010-10-13 23:46 | +Football

勝つには勝ったけど・・・vs 横浜FC戦

a0015766_05633.jpg

約2週間ぶりのJリーグは前節同様、聖地国立での試合。前回はまだまだ夏の余韻が漂うナイターでしたが、今日はすっかり秋の気配、夕方になると、半袖だとちょっと肌寒い、そんな感じの夕暮れの国立での試合。
a0015766_018123.jpg

今日の対戦相手は横浜FC。ナビスコなどの対戦もあり、今季4回目の対戦となります。横浜FCのゴール裏は元横浜フリューゲルスのゴール裏の面々も多く残っているので、試合前にちょっと顔を出してきました。ホームなのに国立でやるなんて・・・という感じのようです。やっぱり集まりもあんまり良くなかったです。
横浜FCというとカズや山口、小村と言ったフランス最終予選のメンバー、そして私的にも山口そして途中加入の三浦淳宏と思い入れのあった選手もあるので、懐かしさ、そしてなんだろう、昔の恋人に会うような、そんな感じでした。
スタメン発表ではカズの時にはひときわ大きい東京サポーターの拍手、みんなカズのこと、リスペクトしているんだなぁ、と感じました。(カズも試合中、東京サポーターの声援に応えてくれたしね。そんなのカズと能活くらいだね)
a0015766_0261796.jpg

試合はと言うとスコア自体は2-0でしたが、もっと点を取っていい試合でした。内容的にはかなりダルダルで、ここのところ好調だった梶山がいないのが今さらながらに大きいと実感。やっぱり栗澤だとタメはできるかも知れないけど、ダイナミックな展開は期待できないなぁ・・・相手が横浜FCだから、この内容でも失点しなかったけど、次節の清水だったらやられそうな感じだし、なにより、横浜FC相手にこの攻撃、そしてこの得点は正直不満、見どころもあんまりなかったですね。リチェーリも途中出場の割にはイマイチの出来だったし、まぁ横浜FCがほとんどパスを出すことができないくらいのプレスがかかっていた時間帯があったのが収穫かな。にしてもショボイ試合でした。
横浜はアツが入ったものの、まだポジショニングとか機能していない感じでしたね。動きも昔のフリューゲルス時代の時のように使ってくれる人もいないから、あんまり運動量もないし。ただ、CKの精度、FKはやっぱり驚異的なものがありました。
今日の見どころはカズ vs 今野、山口 vs 今野、という対決かな。でもカズはなんだかんだ言ってゴール前の動きはやっぱり一瞬フリーになったり、すごいなぁ、と思いました。
で、今日の主審は家本(^^; 真打ち、赤紙、黄紙の乱発はなかったものの、この人にはアドバンテージというのが存在しないのだろうか?というくらい決定的なシーンを止めちゃうし、と思ったら流したりあいかわらずのはちゃめちゃぶり。前半終了間際には横浜FCの監督と口論になったのには笑いました、さすがです。でも後半はけっこうまともだった・・・別人のようだったなぁ・・・。
で、今日、こんだけ見どころのない試合で、最後に見せてくれたのが平山。ヘディングから胸トラ、そしてキーパーをかわしてのゴール。魅せてくれました。やりゃできるじゃんw 終了間際のゴールにはびっくりでした。

まさかの?ゴール後に盛り上がるゴール裏。
a0015766_058476.jpg

で、試合終了。結果は2-0。ま、内容はともあれ3連勝?これで降格争いも一段落かな。でもチームの力を測るには次節の清水戦、ここがポイントでしょうね。

それにしても対戦相手の巡り合わせもあるけど、ほんと、国立だと勝率いいなぁ・・・いっそ国立をホームにw (帰りも楽だし)

ところで携帯電話ですが、
[PR]

by y_flugels | 2007-09-15 23:59 | ++FC TOKYO

スポーツの秋【2部作】その1~国立競技場編~

いよいよ秋風が身に染みる今日この頃、秋と言えば食欲の秋、スポーツの秋、とありますが、スポーツで想像するのが神宮外苑界隈、この日、この界隈ではサッカーと野球が同時開催、しかもハシゴができることがわかったので、ハシゴ観戦してきました。まずはサッカー。
a0015766_23132513.jpg

聖地国立競技場。試合は横浜FCザスパ草津。横浜FCは監督が高木琢也、選手にはカズをはじめ、山口小村と1997年フランスW杯の予選の代表がゴロゴロ、懐かしい。。。そして、ザスパ草津をみるのは実ははじめて。ザスパ草津には元かりゆしFCのチカがいますね。というかザスパといえばやっぱり、
a0015766_23185066.jpg

湯もみ娘。ちょっと遠くてわかりにくいのできれいな写真はここをクリック
a0015766_23262179.jpg

試合はというと前半は0-0。順位は横浜FCが3位ということを考えれば、草津が頑張っていたかなぁ~という感じ。横浜はボランチの山口のところでボールがはたけているんだけど、それだけ、という感じで、攻撃の糸口がつかめない感じ。そんな中、7番の選手がスピードもあって果敢に突破するシーンがあり、孤軍奮闘している感じでした。
もともと横浜FCのサポーター集団のTIFOSIは横浜フリューゲルスのサポーター集団でした。そして私のサポーター人生のスタートもTIFOSIの人たちの中に混ざって応援をはじめたのが最初。いわば母校?のようなもので、今日はひさびさにそこに訪れるような感じでした。ハーフタイムに旧知の人と話をしたけど、「このサッカーじゃ、つまらないよね」という話をしていました。そして「この展開だと後半、カウンター食らってやられるんじゃないの?」と話をしていたのですが、後半、正にそんな展開になりました。
a0015766_23302611.jpg

今日の国立は強風が激しく、看板が倒れるほどでした。
そして、試合。カウンターから草津が先制、さらに草津のカウンターに対応した横浜FCの選手がペナルティエリアで倒してPK、と気づけば草津が2-0で勝利しました。内容的には草津が良かったと言うよりは横浜FCの攻撃が単調でシュートを打たなかったので点が入らず、逆に入れられてしまったという「負けるときはこんなもんだよね」的な試合でした。
a0015766_2336096.jpg

今日の主審は早川。イマイチ、副審(特にメイン側)と意思の疎通ができていない感じもしたし、やや微妙。J1だったら厳しいかな。
それにしても国立の空、気づけば鱗雲が広がっていました。秋だねぇ。。。
a0015766_23371262.jpg

試合後の挨拶。早々に選手は引き上げていきました。負けが悔しい、という感じでした。

そして私は次の試合を観戦しに移動をしました。
[PR]

by y_flugels | 2006-09-23 23:37 | +Football